【前編】男顔負けのパワームーブ集団!女子中高生のみで構成されたブレイクダンスチーム「Nishikasai CREW」にインタビュー!

Category : JK ,

DUP BANNER

女子中高生のみで構成されたブレイクダンスチームでありながら、「Battle of the Year Japan」(ブレイクダンス世界大会の日本予選)や「DANCE ATTACK」(中高生の日本一を決める大会)など数々のコンテストやバトルに出場し、毎回男性顔負け、驚きのムーブをみせる「Nishikasai CREW」。

元々は西葛西中学校のダンス部としての活動が発端だという。(現在は残念ながら廃部となってしまったとのこと)
ここ数年で中高生のダンス部としてストリートダンスをメインに活動する部活が急増しているが、ここまでブレイクダンスに特化したダンス部は他にはないのではないだろうか。

彼女らが感じるブレイクダンスの魅力とは?技が出来ない時はどうしているのか?「Nishikasai CREW」の素顔に迫るためインタビューを敢行。

STAFF
まずはじめにメンバーそれぞれの名前と学年、得意ムーブを教えて下さい。

Yume
Yumeです。
de_2S6A0707
高校3年生17歳です。得意ムーブはヘッドスピンとエアートラックスです。

Haruka
高校2年生17歳のHarukaです。
de_2S6A0711
得意ムーブはエアチェアと足掛けとかの軟体系です。

Natsuki
高校2年生16歳のNatsukiです。
de_2S6A0713
得意ムーブはみんながやらないようなオリジナルネタをやっています。
お笑い系というかインパクト系の男性でもあんまりやらなそうな動きです(笑)。
今回のショーケースやバトルでもたまに出しています。

NINA
高校2年生16歳のNINAです。
de_2S6A0719
得意なムーブは自分で作ったオリジナルなフリーズです。

Aya
中学3年生14歳のAyaです。
de_2S6A0706
今の得意ムーブは、エアチェアや1990です。

Saika
中学3年生の14歳のSaikaです。
de_2S6A0723
得意なムーブは軟体系です。

Nao
Naoです。高校2年生16歳です。
de_2S6A0791
肘上げやエルボーエアーなどが得意です。あとはトーマス→エルボーエアーの繋ぎですね。

STAFF
ありがとうございます。みんな得意ムーブのレベルが高い(笑)。
そもそも「Nishikasai CREW」とはどんな団体ですか?

Yume
高校生と中学生のメンバーで構成されています。
出身中学がみんな西葛西中学校で一緒で、元々中学の部活でやっていたメンバーなのですが、現在は廃部になってしまい、その卒業生と廃部になっても続けている中学生2人がメンバーです。

STAFF
なるほど。みなさんがダンス部に入ろうと思ったきっかけはなんですか?

Yume
一年生の時の部活動紹介で先輩のショーケースをみて、こういうのやりたいっていう憧れからですね。
みんなそうだと思います。

一同
(うなずく)

STAFF
他にもヒップホップやジャズだったり女性に人気のジャンルがある中、ブレイクダンスのどこに魅力を感じましたか?

Natsuki
ショーケースで踊った時にどのジャンルよりも迫力があってかっこいいと思っています。

Yume
パワームーブにすごい魅力を感じました。
そして他のジャンルよりとにかく盛り上がるところです。自分のムーブで盛り上がった時が最高に気持ちいいです。

Aya
普通の人では出来ないことを楽勝にできてしまうところですね。そういう“周りができないことをやっている”というのがかっこいいと思います。

Haruka
他のダンスもすごいですけど、その中でもダンスをやっていない人でも見てすぐに凄さが伝わるところですね。
あとは、技が出来るようになった時の達成感はどのジャンルよりも強いのかなと思います。

Saika
技やソロだけではなく、ルーティンでも、ピッタリ合わさったときの迫力はブレイクダンスの魅力ですね。

NINA
素早いフットワークをやる人、キレのある立ち踊りをする人、迫力あるパワームーバーと一人一人持ち味が違って個性があって、そんなところに魅力を感じました。

Nao
技が出来ると楽しいところです。

STAFF
本当はヒップホップやジャズをやりたいって思っている子はいますか?

一同
・・・。
de_2S6A0738

STAFF
失礼しました(笑)。本当にブレイクダンス一筋なんですね!
すごい技は動画でも拝見してますが、週にどのくらい練習しているんですか?

Yume
週7日間、毎日やっています。学校終わってそのまま練習場所に通っています。
基本的に練習はここに集まってやっています。

STAFF
毎日なんですね!
毎日練習だと時間はないと思いますが、普段は遊んだりしているんですか?
学校の友達に誘われたりしないですか?

Haruka
けど学校の友達に誘われてとかは練習があるので中々いけないですね。
メンバー同士では、練習の後とかによくご飯を食べに行きます。
今は友達と遊ぶことよりブレイクダンスが上手くなりたいという気持ちのほうが強いので練習を優先しています。

STAFF
そんなストイックな活動をしていて辛いと思うこともあるかと思います。
どんなときが一番辛いですか?

Yume
思うように動けなかったり、追い込んで体力的に辛い時ももちろんありますが、スランプとかチーム内でぶつかったりすることもたまにあるので精神的に辛い時もあります。

STAFF
それはどうやって解消していますか?
毎日練習だと、他で発散することは中々難しいと思いますが。

Yume
自分は家で一回おもいっきり叫びます(笑)。
一応お母さんに「叫んでもいい?」と確認してから!

Haruka
やってる時に出来なかったりするとイライラしたりするんですけど、家帰って冷静になってダメだったものが何がダメだったかを考えてみて、柔軟が足りなかったらストレッチ、筋肉が足りなかったら筋トレをするようにして次の日に望むようにしています。

Natsuki
気合だと思ってます。
できてる人がいるってことは人間に不可能なことではないんだなって思います。今は2000という技がうまく回らないですが、メンバーに動画をとってもらったり、得意なメンバーのNaoちゃんに聞いたりして、諦めず練習しています。

NINA
学校や帰り道、寝る前とかにすごい考えて自分の練習の足りなさやエアー連発するNaoみたいに今までより大きく体を動かそうと考えてます。

Nao
どこの筋肉を使うかを考えて、動画をみてイメージします。
練習以外のときでもとにかくイメージすることが大事だと思います。

Saika
犬と遊びます(笑)。
de_2S6A0759

Aya
お風呂で歌を歌います(照)。

STAFF
何を歌うんですか?

Aya
その時の気分ですが、学校で習った曲を歌っちゃいます。
de_2S6A0778

STAFF
J-POPとかじゃないんですね(笑)!ちなみに好きな芸能人とかはいますか?

Natsuki
ジャニーズWESTが好きです(笑)。

Yume
v6の岡田君が好きです(笑)。
de_2S6A0734

一同

STAFF
やっと女子高生らしい一面がみれて安心しました(笑)。
例えば、イベントにいってかっこいいBBOYがいて「あの人カッコいい!」みたいになったりはしないんですか?

Yume
カッコいいかどうかというより、あの技すごいとか、あのつなぎカッコいいとかそういうところしか見ていないですね。

STAFF
なるほど(笑)。そこはやっぱりダンサーとして見るんですね。
ブレイクダンスはもちろん続けていきたいと思うけど、それ以外に将来行きたい進路や夢はあったりしますか?

Yume
私自身、怪我が多かったから、怪我してた人のリハビリとかそういった職業に興味があります。

NINA
今、英語科のある高校に入っているので、英語を活かした職業につきたいと思っています。留学とかにも興味があります。

Natsuki
イラストを書いたり、フォントを書いたりするのが好きなので、そういう職業についてみたいです。

Haruka
体を動かすことが小さい頃から好きなので、デスクワークとかより、色々企画をしたり自ら体を動かす仕事がしたいです。

Aya
まだ、特に決まってないです!

Nao
私もまだです。

STAFF
まだまだみなさんお若いですもんね。こんなすごいBGIRLが将来何になるのか楽しみです。
それでは「Nishikasai CREW」としての目標は?

Yume
やっぱり世界ですね。
7月の「Battle of the Year Japan」で結果を残したいです。昨年の同大会ではショーケース5位通過で上がれてバトルの一回戦で負けてしまったのでベスト6という結果でした。
まずはそれ以上というのが具体的な目標です。

STAFF
女性だけでそこまで上がったのは初めてですよね。
それだけでも、ものすごい快挙ですがまだまだ上を目指しているんですね。
それでは、最後にブレイクダンスを初めたい子や初めたばかりのBGIRLたちにメッセージをお願いします。

Yume
技とかだと簡単に出来るものではないので、すぐ諦めてしまう人も多いと思いますが、本当になりたい自分をイメージして、諦めないでやれば出来るようになるし、出来た時の達成感はかけがえのないものなので、諦めず続けて欲しいです。

Nao
とにかく頑張ることが何よりもポイントです!

STAFF
とにかく頑張った結果、そのものすごい技が生まれたんですもんね。
毎日練習して、練習でないときはイメージして、そこまで頑張れていなかった人にとってはすごくいい刺激だと思います。
7月「Battle of the Year」も期待しているので頑張ってください!
ありがとうございました。


後編では、「Nishikasai CREW」の生みの親である岡野先生に「Nishikasai CREW」が生まれた経緯から、その独特な独特な指導方法になどあらゆる疑問に迫る!

「Nishikasai CREW」の最新情報、動画はこちらからチェック!
https://www.facebook.com/nishikasaicrew/?fref=ts