必読!TAKESABURO(XXX-LARGE / SODEEP)が語る、踊るうえで必要不可欠なモノ5つ

Category :

DUP BANNER

来年4月に両国国技館で開催されるDANCE@LIVE 2016 FINAL出場を懸けた予選も残すところあとわずかとなり、ファイナリストが決まり始めてきた。

これまで数多くのバトルが繰り広げられてきたが、11月22日(日)に開催されたDANCE@LIVE HOKKAIDOのHIPHOPサイドでは、なんと11年振りに出場したXXX-LARGEのmethが優勝したのだ。彼の優勝に火がついたダンサーもいただろう。そんなmethのチームメイトであるTAKESABUROは、前年度HOUSEサイドで日本一に輝いている。そんな彼もまた、本大会出場は8年振りであった。

ジャンルに捉われず踊りこなす姿に、ダンサーを夢見るキッズは憧れ、同年代、大御所といわれる世代まで彼を支持するダンサーは多い。TAKESABUROの魅力ある踊りを作り出しているものは何なのか。自身が踊るうえで必要不可欠なモノ5つを教えてもらった。

1【Music】
一緒にいるのが当たり前で空気のような存在。絶対になくてはならないモノ!
ただ、必要不可欠な音楽とはいえ、もちろん好き嫌いはあるし、バトルで嫌いな曲がかかることもあると思います。そんな時は、好きだと思い込んで踊るしかない! その瞬間に音にのれなければもちろん負けますよね。(笑)逆に好きな曲がかかればテンションがあがってイイ踊りが出きると思いますよ!

—–HIPHOP、HOUSE初心者がまず聴くべきMusicは?
HIPHOPなら、Wu-tang Clan、Biggie、MOBB DEEP、Erykah Baduあたり。HOUSEならMasters At Workから聴いてみたらどうでしょうか?

2【Culture】
HIPHOPにしろ、HOUSEにしろ、それぞれのカルチャーについて知るとさらにダンスの面白さが増えることマチガイなし!! 自分は、身近な先輩から直接話を聞いて色々教わっていましたね。あとは、当時の雑誌の中にある数ページのブラックカルチャーやクラブ情報を見たり、借りてきたビデオテープのアーティストPVや当時の大きなイベントMAIN STREETなどのショータイム映像など、自分にとっては全てが刺激的なモノでした!

3【Show Time】
ショーは、自己表現そのもの! 選曲、ルーティン、メンバー…全てを自分の好きにやれる。それに対して、バトルは、その時に何の曲がかかるか分からない即興性が魅力だと思います。

—–初めてのShow Timeは?
高校1年生の時に町田にあるFLAVAです。その時は、中学や高校で知り合った仲間とHIPHOPからスタートして、HOUSEなど、ジャンルにこだわらず好きなダンスを踊っていました。当時は、ブラックカルチャーに対してアンテナを張っている同世代ってそんなにいなかったから、好きな仲間で集まってよく遊んでいました。

—–XXX-LARGE、SODEEPで印象に残っているShow Timeは?—–
XXX-LARGEとして初めて大舞台で踊ったDANCE TRIBE。そして、みんなで本気で挑んだJAPAN DANCE DELIGHTですかね。結成10周年の時に久しぶりに5人で踊った時もうれしかったな。SODEEPは20年も活動しているので、たくさんありすぎて選べません…。

※XXX-LARGEがJAPAN DANCE DELIGHTに出場した際と同じネタのShow Time。

4【ライバル】
ダンスを始めたばかりの頃は同世代で上手いダンサーは全員ライバルだと思ってやっていました。でも、ここまでダンスを続けてくると同世代はみんなライバルというより“同志”な感じですね。スタイルは違えどダンスが好きなことは一緒ですから! 当時のライバルたちも何十年も同じ現場にいて、何度も顔を合わせると自然と友達になっていきますよね!

—–SODEEPのメンバーもライバルだった?
SODEEP結成はNAO、SUBARUで活動していて、当時からクラブで何度か顔を合わせていたんですけど、彼らの存在を知った時は完全にライバルでした。今のような形式のバトルと違って、当時は勝敗を自分たちで決めていたから、イケているダンサーがいれば必然とライバルになり、フロアでバトルが始まったりしていましたね。

高校2年の時、横浜で開催されたコンテストでNAOとSUBARUが優勝して、俺たちは2位だったことがありました。そこで初めて話すきっかけができてSODEEPに入り、気付いたら19年も一緒に踊っています!

5【仲間】
ダンスだけでなく、人間として生きていくうえで1番大切なモノ。ダンス関係なく20年も変わらずに付き合っている友達ってなかなか出会えないですよね? SODEEPのメンバーは、地元や育ってきたも環境も違うけど、ダンスを通して知り合って、20年経った今も変わらずにダンスがあったからこそ、こうやって一緒にいられる最高の仲間であり家族みたいな存在。

sodeep20years

12月22日(火)にVISIONで主催するイベント「“SODEEP”smokin’ the floor for 20years」は、そんな自分たちが影響を受けてきた先輩方などたくさんの方に協力してもらい、出演お願いしました。SODEEP主催でここまですごいアーティストが一夜に集まってもらえるなんて、この日が最初で最後かもしれないですね!

20周年ということで“本気”と書いて“マジ”。遊びに来てくれた人みんなが楽しめる内容と自信を持って言い切ります。ただの20年を振り返る生ぬるいパーティーではなく、現在進行形です。ぜひ、お祝いがてら遊びに来てくれたらうれしいです!! みんなで遊びましょう〜♪

※イベント当日には、先着200名様にSO DEEP 20th Anniversary × FRANKスペシャルブックをプレゼント! 5時間におよぶインタビューや秘蔵写真、アートなど彼らの魅力が存分に詰め込まれた内容になっている。SODEEPファンならぜひGetしておきたい1冊。

YELLOW BLACK DANCE STUDIO : https://www.facebook.com/events/1518134381843076/
「“SODEEP” smokin’ the floor for 20years」Facebookページ : https://www.facebook.com/events/1518134381843076/

関連記事