[第三弾] ついに初対談が実現!TEAM G-SHOCK TAISUKE & ISSEIにスペシャルインタビュー!

Category :

DUP BANNER

R16、Red Bull Bc Oneなど数々の世界大会で実績を残す日本を代表するB-BOY TAISUKEとISSEI。
この二人、実績、影響力をみても間違いなく日本を代表するB-BOYといえるだろう。
そんな彼らの共通点は、TEAM G-SHOCKとして個人的にダンサーとしてG-SHOCKからスポンサードされているということ。
TEAM G-SHOCKとはSURF、SKATE BOARD、BMXなど数々のトップアスリート達をサポートしており、そのDANCEのカテゴリーの中にこの二人が名を連ねているのだ。
今回、Dewsではそんな二人にスペシャルインタビューを敢行。ISSEI編、TAISUKE編、対談編の本企画。いよいよ第三弾は、DANCE@LIVEでの二年連続決勝バトルも記憶に新しいTAISUKEとISSEIが初対談が実現!

STAFF
本日はよろしくお願いします!お二人の対談は初みたいですね。ありがとうございます!
では、早速ですが、お二人が、今の日本のBBOYシーンに感じることなどをお教えください。

TAISUKE & ISSEI
よろしくお願いします。

ISSEI
九州に住んでいますが、九州は東京に比べると全体的に盛り上がってはいないですね。東京に比べたら、バトルも少ないし、クルーも少ないですし。

TAISUKE
九州はそうだと思う(笑)。早くに離れたけど、俺も九州だからよくわかる。

_DSC2494

今は、東北地区のレベルが高いと言われてきてますよ。東北は1人でもクルーでも活動が盛んですね。いちBBOYとして活動してて、それが東京に迫ってきているイメージ。

東北のシーンとしてはすごく良くなってる。東京は東京で相変わらずの盛上りで、大阪はキッズは盛り上がってるけど、上の世代がちょっと下がってきてるのかな。と、全国的にみたら感じます。
九州はいきなりBBOYがいなくなった、という感じですかね。

ISSEI
たしかに。いきなりいなくなりました。最近は本当に減りました。

TAISUKE
ISSEIとか九州男児が頑張ってるからすごくいいけど、nine stats bboyzとかは、”九州”という名前をつけているので、それなりの責任をもって活動して欲しいとは思います(笑)。今20代後半~30歳あたりが黄金世代だと思う。大阪も東京も東北も。そこの世代がぐいぐい結果残して、それに影響されて下の世代が活躍して伸びる。その流れが今の九州にはないのかなと。だから、ISSEIもそれを感じてるんじゃないかな。

ISSEI
確かにそれはありますね。素晴らしい先輩方は多いのですが、シーンの盛上りとしては足りないと思います。僕らの世代でも活躍すると、上下関係なく、いろんな世代の人達に影響があると嬉しいですね。僕は、北海道には良く招待などされていきますが、北海道のシーンはどうでしょうかね?

TAISUKE
北海道は九州と似てるかも。

ISSEI
確かに。似てますね!

TAISUKE
似てるけど、まだ北海道のほうが行動力があると思う。行動してた、という世代が上の人達に多い。北海道をでて外で活躍して、色々と経験してた人が多いと思うし、高めてから、北海道に戻ってきて、活動してる。という感じですかね。

ISSEI
なるほど。北海道って、キッズのBBOYが多いですよね。めっちゃ頑張って欲しいですね!

TAISUKE
あと、沖縄と似た匂いもありますね。沖縄もでてきてないですね。色々経験した上で戻ったBBOYは多いし、非常にレベルが高いけど、趣味として活動をしてて”戦う”というよりは”好きで踊る”というイメージがある。そこまで戦いに対してストイックな感じのBBOYではなくなってきているのかな。沖縄のほうが閉鎖的なのかもしれない。

札幌から出るのはちょっと遠いのかなと思ったりもしますが、東北にイベントが多いから、札幌東北間とかは結構いきやすいのかなと。そこはやっぱり行動力だと思います。

ISSEI
そうですね。福岡東京間と札幌東京間は同じ感じですね(笑)。いろんなBBOYが活動的になってきて、増えたら嬉しいですね。

_DSC2528

もっと、いまの活動範囲より外に出てきたほうがいいと思います。僕、結構色々挑戦してきたので感じますけど、経験値もすごく増えます。本当に。日本のBBOYが行き来してたりすると、シーン全体的に盛り上がると思います。日本の各地には、すごい良い踊りをする人も多いから、もっと動くことで、活躍もできるし、結果も残していけると思います。盛り上がっていたシーンなのに、下がっていってしまうのは、動いてないのも影響あるのかなと感じます。

日本には本当に良いシーンがたくさんあるだけに、もったいない、と感じちゃいます。Youtubeなどで映像を見るだけどかは無くしたほうがいいですね。直接観る、ということだけでも全然違います。

TAISUKE
“出る”という意味は自分で見つけるべきだと思う。シーンのことを考えたら、全体的なことになってしまうけど、そこでは無く、自分自身の社会勉強だと思って欲しい。外にでることで、色々触れあうこともできるし、学ぶ事もたくさんある。俺は小さい頃から出てきている人間だからこそ、悪い部分や良い部分も、広く見れた。色々観れたからこそ、ダンスが本当にやりたい。とも思えました。

色々な経験をしないと気づけない”本当にダンスやりたい”という気持ちを持つ、人が増えればもっとかわると思います。ダンスを本当につづけていくのか、それって本当に色々外にでていかないと経験できないし感じていけない部分だと思います。自分を知るためにも出てきたほうがいいです。

STAFF
交流も含め、色々と経験できることは底なしですね。そういったことを感じながらもお二人は常にいろいろな方と踊り合っているかと思いますが、お二人がお互いに感じてることなどありますか?

ISSEI
TAISUKEさんは活躍されているので、よく見てます(笑)。DANCE@LIVE 国技館での決勝の舞台で2回負けているので、活躍しているのを普通にみると悔しいですね。でも、TAISUKEさんがバトルに出てて負けてたらそれはそれで悔しいです(笑)。TAISUKEさんのバトルを見る時は、勝ってくれ!って、思いながら見てます(笑)。僕のモチベーションも上がるので、もっともっと、これから活躍し続けて欲しいですね!

TAISUKE
俺は、逆に見ないですね(笑)。見ないことは、逆に良さでもあると思います。ISSEIは意識してそう思ってくれていますが、俺は自分を抜いて欲しいと思ってます。同じ九州で、Good Foot CrewのJUNとかもいますが、どんどん抜いていって欲しいです。

でも、抜いた所で、その先に何もない状況は作りたくないですね。活躍のその先に、レールをひいてあげないといけないし、そいつらが全力を出せる場所、全力で活躍して、思う存分に踊り続けて生活が出来るような、環境を創ることが、今の自分のやることだと思ってます。だから、逆に今のまま頑張って欲しいです。

後輩で活躍する人がいることはいいことだと思います。いないと、今の自分を残して、下の世代が空くので、どんどん活躍はし続けてほしいです。自分は、彼らの道を作れるということができるので、やりがいがあります。先輩から言われると圧になるけど、後輩から言われたらやるしかないな!となります(笑)。

ISSEI
頑張ります(笑)。

TAISUKE
あと、動画を見ないというのは、その場で感じたい。という思いからですね。相手が自分に対して出してきた踊りをその場で感じたいから見ない。「そういうの持ってたの?」というサプライズも欲しいし(笑)。その方が楽しいですから。

ISSEI
確かに、生で見たほうが感動しますね。その場でしか無い感動ですね。

STAFF
その場、その時にしかない体験ですね。これもひとつの経験ですね。
それにしても全く動画は見ないのですか? 例えば自分の動画などはどうですか?

TAISUKE
あ、自分の動画はみますよ(笑)。あの時どういう踊りしたかな、と思い出したいときもあるので。
ナルシストではないのですが、その時考えてたことなどを思い出したい時に見ます。

ISSEI
そうなんですね。逆に僕はめっちゃ見ますね!
でも、自分の動画を見て、そのとき考えてたことを思い出せないときのほうが多いですね(笑)。

STAFF
そういうことなんですね。映像でも、生でも色々とバトルを見ているお二人ですが、ここ最近で一番印象に残ってるバトルなどありますか?

TAISUKE
今年は、ソロバトルにあまり出ないようにしてるから、日本の中でのバトルという締めくくりはこいつとでしたね。相変わらずブイブイ言わせてきましたね(笑)。

ISSEI
いやいや。そんなことないですよ(笑)。

TAISUKE

でも、今年のDANCE@LIVEに関しては思いのあるバトルはありますね。KATSUYAともバトルしましたが、KATSUYAとは色々と言い合った中だからこそ、2人にしかわからないものもあったので、印象的なバトルでした。

ISSEI
そうだったんですね。自分もDANCE@LIVEはめちゃくちゃ楽しかったですね!各地の予選から出てたのですが、各地区で毎回同じチームメイトのRYOと当たることが多かったです。北海道予選で当たって、次の日に九州予選で当たったりもしました(笑)。両国国技館では、去年は準決勝で、今年は1回戦目でRYOと当たりすごく緊張しました。

RYOは幼なじみなんです。小さい頃からずっと一緒にいて、高校も一緒で、チームも一緒で、本当にずっと一緒にいる仲間とのバトルは本当に緊張します。

STAFF
2年連続での決勝で会場もすごく歓声がありましたけど、ステージ上に立っていた2人だからこその対峙してる瞬間のお2人の気持ちはどのようなものでした?

ISSEI
もう、世代交代してやる!勝ってやる!という気持ちでした(笑)。去年負けてるからこそ、今年は勝ちたい。ボコボコに倒してやる!という気持ちで立ってました。そういう思いを持っていたので、今年も決勝で当たれてよかったです。テンション上がりましたね!

_DSC2498

STAFF
見てる人でもテンションが上がった人は多かったと思います!TAISUKEさんは、あの場でメラメラと燃えるISSEIさんのオーラなどを感じましたか?

TAISUKE
すごい感じましたよ(笑)。対峙した瞬間、駆け引きをしましたけど、みてると、ISSEIにスイッチが入った瞬間がみえましたね。どう踊ってくるのか?というドキドキ感がすごいありました。意外とあのスイッチの瞬間がコワいというのはあります(笑)。去年とは全然違い、自信に満ち溢れてた目をしたました(笑)。

_DSC2569

ISSEI
去年はめっちゃ緊張してました(笑)。今年はまだ去年よりは緊張してませんでしたが、どちらにせよ緊張はしてました。TAISUKEさんは、いつも落ち着いてるから、去年と、対峙した時の感じは、特に変わっていないと思います。いつも通りでしたけど、逆にそれで良かったです。とにかく楽しかったですね。

STAFF
そうなんですね。2人の空間に会場は夢中になっていた雰囲気があったかと思います。TEAM G-SHOCKとしてお互い同じ活動の中におりますが、プライベートでは2人で遊び行くことなどありますか?

TAISUKE
まだないかな。ISSEIが東京来た時に、飯食いに行きたいなら連れていくから、その時は連絡して。と、言ってあります(笑)。

ISSEI
行きたいですね!まだ行ったことないので一緒に行ってください!(笑)
でも、お互いスケジュールが合わない時のほうが多い気がします。

TAISUKE
俺は常にISSEIに対しては、頑張れと思ってるし、応援してます。昔は全員嫌い!という勢いで違いましたねけど、今は全然変わりましたね。
自分の後継者じゃないですが、追ってくる人がいることは嬉しいので。大事さも痛感しています。

海外に行かないとわからないですね。自分がこれだけ海外に行ってて、後釜がいないと自分はどうなるんだろうと。シーンはどうなるんだろう。と。

STAFF
他の国でもそういうケースはあります?

TAISUKE
KIDSの育っている国が少ないので全然ありますね。ISSEIとかの年、俺が活躍してた小さい頃の年、などの年代はいないですね。17とか18でどんどん活躍してる国は少ないですね。

ISSEI
確かにいないですね。逆にどこが栄えているのか、というくらい。アメリカとかですかね?

TAISUKE
アメリカとか、ヨーロッパとかですね。でも、少ないですね。1名、2名とかで。この日本という国でどれだけの優秀なダンサーがいるかと。ISSEIの下もいっぱいいますし。SHOSEI。Shigekixとか。

ISSEI
もっと増えて欲しいですね!日本はいい流れだと思います!

STAFF
ちょっと話し変わりますが、G-SHOCKとして、どのようなことをして欲しいとか、活動としてなにかあれば…

ISSEI
REAL TOUGHNESSみたいな、もっと大きいイベントやって欲しいですね。
イベントもっと増やして欲しいな、と思います。大会だったり、呼んでもらえる機会を増やして欲しいなと。

TEAM G-SHOCKのきっかけがREAL TOUGHNESSだったので。その時は優勝もしてなかったですし。G-SHOCK入って、色んなカルチャーと絡む事が多かったので、他の人とももっと色々やっていきたいですね。
もっといろんな人に知ってもらえるきっかけをつくってもらえれば嬉しいです。

TAISUKE
なるほどね。何事にも明確にして欲しいですね。イベントやるにしても、準備が遅かったり、オリジナルって言いつつもやりきれてない部分もあると思うし、やるって決まっているなら、どんどん教えて欲しいし、自分達が頑張るためにも出来るし、色々協力もできるし。

_DSC2547

そういうケアの仕方もあるし、アスリートという人間として自分達を見てくれてるとは思うけど、そこももう少しわかって欲しいなと。例えば、他にもたくさんアスリートいますが、アスリート同士の交流が意外に少ないですね。アングラの種目に関しては近いかもですが、それ以外のサーフィンとか接点がなかったりしますが、紹介とかされますが、接点がないので、薄くなります。

TEAM G-SHOCKとして、同じコミュニケーションできますし、サーフィンとかの大会にも呼んで欲しいし、同じチームとして、アスリートをみておくこともできるし、身内として、知っておきたい、というのもありますし、もっと知りたい、コミュニケーションとりたいですね。それをみることで、自分達がどうしたらいいのかとか、感じることができるのかと思います。

日本のトップ2人がいる、ということも重要性も感じて欲しいですね。他の企業にも分からないものだと思います。
この2人と一緒にやっているということをもっと大事に。表向きにもっと謳ったほうがいいと思います。

色んな理由はあると思いますが、サッカー選手とかってお金がすごく出るじゃないですが、いくらで契約しました、年俸がいくらで、というものが外向きに。G-SHOCKとして、同じように出してもいいんじゃないかなと思いますね。ストリートダンサーからみると、本当にすごいことだと思いますし。ストリートの中でも、本当にせまい部分で、さらにそこで2人、というもっと、すごい、ということを出していってもいいのではないかなと、思いますね。

ISSEI
そうですね、僕が「イベント」と言っているのも、もっとそういうことを知ってもらいたいというのもあるかもしれませんね。

STAFF
今後ダンス界はどうなっていって欲しいと思います?
どうなったらお二人にとってハッピーですか?

ISSEI
なんですかね。伝わるなら伝わるで、ちゃんと伝わって欲しいです。
今って、若い子だったら、ダンスって認知はありますけど、上の人達は、まだまだ偏見をもっている人達もいると思います。
学校で義務教育になるとかはどうでもよくて、もっと一般的に知られるのであれば、僕たちがいろんな所にいって、直接伝えて、広がっていく、という、本質を伝えていって、広がってほしいです。

G-SHOCKを通して、そういった偏見や、本質を伝えていければ嬉しいです。ちびっこもBBOYに憧れて、いくかもです。
ねぇ、TAISUKEさん、難しくないですか!?

TAISUKE
正しいカタチで伝わって欲しいって、とこ?

ISSEI
そうなんですけど、難しいんです(笑)。

TAISUKE
そこには色んな意味があるんだろうな~と感じる(笑)。

ISSEI
(笑)。

TAISUKE
「ダンサーとは何?」というのが、ちゃんと伝わって欲しい。

ダンスというものが、ただのワードとして伝わるんじゃなくて、ダンスを通して、学べることも多くて、その学んで来たことをもっと多くの人にも伝えたい、学んで欲しいということかと。

ISSEI
その通りです。
でも、それが難しいんじゃないかなと思います。どう広げていくのか。

STAFF
ダンサーとして動いてきたからこそ、実感されていることだと思います。
その環境も、正しいものでないと正しく広がらないという感じですかね?
どういったルートで広がるか。ということが重要かなと。

TAISUKE
どうなればいいか。。。単純に生活できる人間が増える、ということが嬉しいですね。
サッカーや野球してる人口とダンスしてる人口って、もう変わらなくなってきてると思います。必然的になる、という状況があるじゃないですか。

教育になったことで。国が言い始めたことで、どれだけの子供達がそこを目指すか、というのを考えて欲しい。そこで、その中で生活出来ている人が少なすぎる。
ピラミッドみたいなものがあるべきだと思うし、ダンサーとして職業が成り立つ。

サラリーマンもピラミッドでいうと、上は社長で。という。それで生活できてるし、サッカーも野球も、何でもそう。その中で、ダンスってなった時、これがここの中での一番上って、どのくらいの人間がいて、本当のダンサーなのか、インストラクターなのか、何が一番で、本当のプロフェッショナル、といわれる人間って?ていう部分。

そこをまず確立させてあげるべきだと思います。ワンムーヴで家が立つっていうくらい価値が高まるくらいまでいくと思います。自分がそこまで頑張りたいとも思います。
人間って目にみえないと信じないじゃないですか。ダンサーが車を買いました、家を買いました、とかそういう人がいると、追いかける人がいるじゃないですか。

カタチとしてみえるものを残してそれを見るものが日本人だと思う。そこを早い段階でつくりあげなきゃいけないんだなとか思う。企業との契約、事務所との契約もあるけど、普通のアスリート、アーティストと同じくらいに面倒を見れる人間がいないから、そこまで上がっていないのもある。そこがいるから、自分達がやってきたことが意味あるし、世界でどれだけ活躍してても、そこの環境がないと意味がない。

世界で活躍してる人の中でも、自分達より下の人が稼いでる状況もあるし。言ってしまえば、石川遼より、自分達の方がすごいですよ。世界ランク今、何位ですか?
何00位で予選落ちしましたとか、俺らはそれは無いですよ。

世界一を取ってるし、日本でもトップですし。常に世界のトップに居続けていますし。これだけ、俺が活躍してたことって何なんだろうとなるし、国が認めたことなのに、なんでそこまで差ができるの、という違和感もある。
やってきたことが意味なくなって、それが下に悪い影響を与えることもあるだろうし。一番はそこですね。
ダンスを広めることで、そこを変えていく、ダンサーとして生活できますよ、ということ、裕福に暮らせますよ、ということを伝えていくこと。いま、趣味でやってる子が、本気でダンスをやるように変わっていくと思います。

「仕事何やってるんですか?」と、聞かれて「ダンサーです」と答えたのに、「仕事は何をやってますか?」と、聞かれた時はショックですね。
認知度がないんだなと、仕事として認められてないんだなと。子供達にもダンスを職業としてまだ感じれてないから。子供がダンサーになりたい、と言ってくれる程にしたいですね。

STAFF
イベントに出演するだけで生活する人や、インストラクターなどに関してはどう思ってます?

TAISUKE
俺の中では、学校の先生と一緒なので、そこは含めたくないです。プロ野球選手、サッカー選手、がレッスンやってますか?といったときに、やってないじゃないですか。プロはやらないじゃないですか。プロは広める役割なので。本当にこれがプロフェッショナルなんだ、と思わせなきゃいけないと思います。

ちゃんとダンスの職業でもわけてあげる、インストラクター、バックダンサー、自分がでていくプロフェッショナル、大会に出ていったりとする、自分がメインで出ていく、プロフェッショナルダンサーがいて、という環境を確立させることが早いことかなと。

日本のダンサーの人にはそこを気づいて欲しい。ダンサーの中でも、先生してます、というのはインストラクターで、インストラクターも含め、ダンサーとして、一緒にされるとキツイ、1つ1つ線を引いたほうがいいかと。
ワークショップとレッスンって、そこに何も求めていない、そこで生計を立てようとは思ってない、始めたい人とか、好きな人を増やしたい、とかレッスンは本当は辞めたいとか、自分の中での理想もあるけど、簡単に辞めれない、という現実もある。自分がレッスンを辞めたことで、今の生徒がやめていく、というのを考えると、辞められない。でも、そこをしっかりと確立することで、生徒達にわかってもらえることも出来る。

教えてる人になりたい、戦ってるあの人になりたい、など、いくつも見えてくると思います。そうするとダンススタジオも、第一線に走ってるダンサーを使わなくてもよかったり。先生としてのプロ。一戦のプロはまた別。もっとこうしないととかあると思います。

そうすることで、ダンサーとして活躍する人も明確になるし、それぞれの道の人口も増えるし、夢もあるし、ダンスで食べていける人達も増えると思うし。

ISSEI
なるほど、ありがとうございます!

STAFF
お2人のインタビューは以上になります。
本日はありがとうございます。
今後のご活躍を期待しております。


[第一弾]日本を代表するトップB-BOY!TEAM G-SHOCKのTAISUKE & ISSEIにスペシャルインタビュー!ISSEI編
http://dews365.com/special/teamgshock-issei.html

[第二弾] 日本を代表するトップB-BOY!TEAM G-SHOCKのTAISUKE & ISSEIにスペシャルインタビュー!TAISUKE編
http://dews365.com/special/teamgshock-taisuke.html