全国ツアー直前!WEBERのダンス担当J、little Skeetに独占インタビュー!

Category : TOP ,

DUP BANNER

WEBから広がるグループをコンセプトに2013年6月に結成。美麗な容姿と実力重視のダンス、魅惑のヴォーカル力を兼ね備え、人気を誇るダンスヴォーカルグループ ”WEBER” 。
メンバーは、Hayato、Taka.のヴォーカル2名とJ、little Skeetのダンサー2名、計4名で構成され、都内でのライブを中心に活動している。今年、4月26日には2ndシングル「-BALLON- / 笑顔が叶いますように」をリリースし、それを記念して、全国8都市10公演の全国ツアーが開始される。

ツアー情報
http://wwweber.jp/news/detail/233

今回Dewsでは、そんなWEBERのダンス担当J、little Skeetにインタビューを敢行。
両親にダンサーを持つサラブレットlittle Skeet、先日15周年を迎えたダンスチームKoRocKのメンバーでもあるJ。他のダンスボーカルグループとは一線を画する彼らの本格派ダンスにフォーカスをあてダンススタートから現在に至るまでを掘り下げる。


STAFF
ダンスを始めたきっかけを教えてください。

J
僕は小学校1年生の時に5つ上の兄がいるんですけど、兄が友達とダンスを始めて俺もダンスやるっていってスタジオに週1で通いだしたのが始まりですね。そのときはジャズダンスでした。

IMG_1355-(1)

little Skeet
僕は、両親がストリートダンスをやってまして、僕のお父さんがポップ、お母さんがジャズヒップホップを踊っているダンサーでした。
そういう環境で生まれてきたので物心ついたときからダンスや音楽をやっている人たちで周りがあふれてて、聞いた話では、ベビーウォーカーをやっているときから既に踊りみたいなことをやってた、と聞きました

それから本格的に始めたのは小学校の3年生に地元長崎のお父さんとお母さんもインストラクターをしているダンススタジオで始めたのがきっかけですね。

IMG_1368

STAFF
赤子の頃から生粋のダンサーだったんですね(笑)。
ってことは、ダンス歴でいうとどのくらいですか?

J
僕あんまり言いたくないですけど、20年目になります。

little Skeet
僕は13、14年ぐらいですね。

STAFF
2人共すごいキャリアですね。
歳はおいくつですか?

J
僕は25歳です。

little Skeet
僕はこの前23歳になったばかりです。

STAFF
どちらも人生の半分以上はダンスをしていることになりますね。
そこからどのようなダンス活動をしましたか?

J
6歳からはじめて、兄貴たちも辞めちゃったので、スタジオで男の子1人きりになっちゃったんですよ。やだなぁて思ってたんですけど、なんせ男の子が少なかったんでそのスタジオで重宝されちゃって。やめられなくなっちゃったんですよ。

そしたら、小学4年生の時にKoRocKの元メンバーがスタジオにはいってきて、先生も男の先生にかわって、楽しくてダンス面白いなって思い始めました。
小5の時にKoRocKに誘われたときは、1回断ったのですが、そのスタジオが小学生までしかいられなかったので、どうしよっかなって思ってた時に1回KoRocK見においでって誘ってもらえて、行った時には加入することになってました(笑)。
KoRocKに入ってからは、習い事を全部やめて、ダンスだけにしぼりました。

STAFF
KoRocKは最初何人だったんですか?

J
KoRocKの原型は4人で、そこからメンバー加入があり僕がいたときは6人でした。最大が8人。オリジナルメンバーは9人いるんですけど。他のメンバーは皆同じ小学校で僕だけ違かったので、それも1回断った理由の1つでした。
でも男の子沢山いるし、そのときはじめてヒップホップをみて、あの踊りかっこいいって思ってやってみようと思ったんです。

元々は現メンバーのいっとんもヒューマンビートボックスで参加してて当時のイベントに生音ででてたんですよ。いっとんはダンス踊らなかったんですけど、遊び場がスタジオだったっぽくてそこでレッスン受けていきなよっていわれて、自然とダンスに触れあってなんだったらチームやろうか、みたいな。

STAFF
なるほど。まだまだキッズダンスっていう言葉が一般的になる前ですもんね。
little Skeetさんは?

little Skeet
両親が九州のダンスシーンを牽引していたRED WINDSORってグループの一員としてやっていて、福岡の大きなイベントのゲストショーに出てたりとかっていうのをみて、楽しそうだなーって思って僕もコンテストに興味を持ちはじめたんです。

僕はポップをやっていたのですが、その時にたまたま三つ上の先輩に「チーム組んでみない?」って誘われてコンテストに出ることになりました。
小学三年生だったんですけど、はじめて長崎のダンスコンテストで初出場して、初優勝させていただいたんです。
そのときのジャッジがなんとオリジネーターのスキーターラビット(SKEETER RABBIT)だったんです。

STAFF
えー!それは凄い!

little Skeet
当時、ポップを踊るちびっこがあんまりいなくて、スキーターラビットも「僕らが作った踊りを日本でこんな小さい子がやってくれるんだ」って感動してくれたらしくて。僕のお父さんにスキーターラビットが「今度、お前の息子が大きくなったらリトルスキートっていう名前を何かで使ってほしい」って言ってくれたそうです。

STAFF
今のlittle Skeetの由来は、そこから来てるんですね。

little Skeet
はい。
それでWEBERってグループができて、「ダンサーネームないの?」って社長から聞かれた時に、
そういえば小さい頃こんなことありましたって話したら「すごいじゃん!それでいきなよ。」って勧めてもらってlittle Skeetで活動する事にしました。だんだんその名前が重く感じてきているので、名前に負けないように今は必死に頑張ってます(笑)!

そのチームは小学校でもう解散しちゃって、中学校にはいってからはソロで活動することが多くて、九州のバトルにはちょくちょく出場してたぐらいで大きなタイトルとかは特にとっていないです。

STAFF
そうなんですね。小さかったとはいえ、ダンサーとしては衝撃的な出来事ですね。
J君のチャンプルーの出演時代の話も聞きたいと思っていて。
人気番組の少年チャンプルーに出てたのはいつごろですか?

J
中3ですね。

STAFF
どうやって出演したんですか?

J
元々、少年チャンプルーをみてて「でたい!」ってみんなで言っていて。そんな時にチャンプルーのイベントが名古屋でも開催されて、僕らは地元ダンサーで出てたんですよ。トップバッターで盛り上げて、これで何かを残せたら番組に呼ばれるんじゃないかってそう期待してたんですけど、全然呼ばれなくて・・・(笑)。

そしたら少年チャンプルーが終わっちゃったのですが、それからスーパーチャンプルーになって収録が名古屋になったんですよ。
この時たまたま中京テレビのダンスコンテストをやってて、もしかしてそれに勝ったら出れるんじゃねーかってまた思いついて、その大会で優勝しました。しばらくは、音沙汰なかったんですけど、当時高校生のダンサーがあんまりいなくて出してみようみたいな話しになったらしく、ようやく出れたって感じです。

IMG_1532

STAFF
自分たちから積極的にアプローチしていったんですね。
「DANCE ATTACK!!」も出てましたよね?

J
「DANCE ATTACK!!」は中1からでてました。中3の時に特別賞もらって、高校生からまた負け続けて。3人にやってようやく夏に優勝出来ました。

その夏の世代にちょうどみんな出たんですよ。東京のSPA!ッちゅとかDATもいるしDEVILもいるし。僕らも三人になってチャンプルーでてて、名前はみんなに知ってもらってるけど、タイトルだけもってなくて。それが嫌だったんです。
この夏優勝すれば、みんなに追い付けるんじゃないかってがむしゃらに頑張ってよくやく優勝したのが夏の「DANCE ATTACK!!」です。

STAFF
KoRockも15周年というだけあって、歴史ありますね。
そこから現在所属している事務所のプランチャイムに入った流れについて、元々はパパイヤ鈴木さんとも繋がりがあったんですか?

J
僕はチャンプルーのイベントとかにでてて、ゲストダンサーで電撃チョモランマ隊がでたんですよ。僕らからしたら「あ、映像でみた人だ!」ってなってライブもずっと袖で盛り上がってたんですよ。それを今の社長とかが見ていてくれていたみたいです。

当時、僕らのマネジメントを泰智のお父さんがしてくれたんですけど、社長と話してくれていたらしく、「お前らはどうすんだ?」って聞かれて。
チャンスがあるならKoRocKでいってみたいという気持ちがあったので、東京行きを決断して入らせてもらったのが始まりですね。

STAFF
じゃあ大学とかはいってなかったんですね?

J
そのときに大学も行く予定はなかったんですが。
東京で仕事するとなったときに事務所から大学に入るように言われたんです。

高校3年生の夏からなんの準備もしないのに大学いくって・・・(笑)。
でも入るなら、名前のわかる大学がいいし、ダンスをやめなくても大学には入れるってことを伝えたくて、必死に勉強して六大学に入りました。

STAFF
高校3年生の夏からそれは凄く優秀です。
little Skeetさんは?

little Skeet
僕の父親の師匠になるのですが、坂見誠二さんが九州出身でつながりがあって、僕もダンスを初めてからその大きな名前が近くにあることは知らずに過ごしてきたんですけど、中学生のタイミングで坂見誠二さんがRED WINDSORのチームのボスと古くからの旧友だと知り、高校3年生の春休みに一緒にニューヨークに10日間ぐらいいかせてもらったことがあって。
帰り際に「高校卒業したらどうするの?」って坂見誠二さんに聞かれて「就職する感じですね。」と答えると「ダンスで食っていかないか」と言われて、東京のプランチャイムを紹介されて、パパイヤ鈴木さんにも話をしてくれて決まりました。

STAFF
ソロでプランチャイム所属という形で上京したんですね。

little Skeet
はい。それで1年ぐらいたったときにWEBERの話があり活動する事になりました。

WEBER結成まで

STAFF
それぞれのダンス活動を経て上京。そこからWEBER結成までの流れを教えてください。

little Skeet
元々WEBERができる前に僕と同世代の男の子が一斉に6、7人ぐらい集まって、HayatoとTakaもメンバーにいて、ライブやってみなよっていわれて。
彼らは踊りより歌がやりたかったみたいで、じゃあバックダンサーをやるねってライブを1回開催したんですね。

その中で、続けたい組と違う組に分かれて、続けていきたかった僕とHayatoとTakaの3人で、どうしていこうかって話し合いをしてたときに、僕は歌を歌ってなかったんで、ダンス1ボーカル2っていうのもあれなので、相談したりしてダンサーを探した結果Jさんが見つかりました(笑)。

STAFF
なるほど。Jさんは誘われて入ったという感じなんですね。

J
僕はまさか自分メンバーになるとは思ってもいませんでした(笑)。
後輩が頑張ってるなってぐらいで。その当時のライブも応援しにいってましたし(笑)。

それである日事務所によばれ、社長にどう?って話をされたときに断る理由もなかったですし、かけもちってなると大変になるとはわかってましたけど、ダンスボーカルだし、また違うダンスとかもできると思い、いろんな可能性や希望が見えたんで、「やります」と答えたら案の定リーダーになっていました。そこからWEBERがはじまりました。

ダンスシーンとメジャーシーンについて

STAFF
元々は、ダンスシーンにいたと思うのですが、今メジャーでやっていく上でダンスシーンをどうとらえていますか?

little Skeet
メジャーな活動をしてからは関わる人が違うじゃないですか?
ダンスシーンだとダンサーがまわりにいて盛り上がるのもあるんですけど、メジャーシーンってどっちかっていうとファンからの応援とか声援とかが聞こえてくる。
それが最初は新鮮すぎてどう踊ったらいいのかわからないままやってきてました。
でも最近はやっとダンスシーンとメジャーシーンのダンスのとらわれかたが違う。踊り1個に対しても同じものを踊っても対する人が違うからリアクションも違うっていうのをすごく感じて。
なので今ダンスシーンに戻るというか、現場に行って、踊ったときにどういう声だったり、見られかたをするかはすごく面白そうだと思います。

IMG_1505

STAFF
元々、憧れたダンスはそっちですもんね。
Jさんは?

J
ダンスシーンのイベントはほぼでなくなっちゃいましたけど、ずっとチェックはしてます。
今どんなチームが出てきてるとか、どんなダンスが流行ってるかとか。
そもそもあまりメジャーシーンとかダンスシーンとか分けたくないんですけど、見る人が多くなった証拠だと思うんで、自分が万人受けというか、ダンスを純粋に楽しんでもらうためにどう踊っていけばいいのかっていうことを考えるようになりましたね。

一般の方にもこんな世界があるんだ、こういうダンスもあるんだって知ってもらったり。ダンスシーンの人たちも、そういうことしていいんだなってっていうような架け橋的存在ってあんまりいないと思うんで。
ダンスシーンからメジャーにきたって人はまだまだ少ないと思うので、先駆けじゃないですけど、ダンスをちゃんと伝えられるように広げられるように頑張りたいですね。

STAFF
逆にメジャーシーンで活動してくなかで大変なことってあったりしますか?

little Skeet
僕が苦悩してるってよりかはJさんが(笑)。僕、小学校しかチーム活動をやってないためなのか、根本的な僕の性格がそうなのかわからないですけど、振りをあわせるっていうのが出来ないんだなっていうのをWEBERにはいって初めてわかって。
自分のペースでやりたくなっちゃうんですよね。

Jさんはどちらかっていうときちっとしていて、細かい角度を教えてくれるんですけど、中々身に付かないらしくて。

STAFF
チームの大変なところですよね。

little Skeet
大変なところでもありますが、面白いなって思うところです。

STAFF
やっぱり注意するのは大変ですか?

J
僕もバチバチに揃えるより、感情的な部分だったりそういうものが重なって、揃ってるって方が好きなんです。
けどさすがにダンサー2人しかいないんで、ある程度は揃ってる方が見えやすいですよね。

ちょっと自由すぎるときに言うんですけどちょっとイラッとした顔するんです(笑)。
だから俺もいうタイミングすごい考えるんですよね。今かな、違うかなって。

僕はチームでずっとやってきたんで自然とチームのなかで自分が今どういう立ち位置にるのか。
今誰が目立ってて、誰を目立たせてて、ここは3人でやる、みたいな切り替えが自然とやれるようになってたのはありがたいと思うんです。
元々3人はチームで活動してなかったので我こそは我こそはみたいなってなるので、やりながら勉強になりましたね。

あと大変なことと言えば周りの目を気にするようになりましたね。
ひとつの作品に関わる人が多くなったので、昔だったら自分達がやりたいことをやればよかったけど、ここの人はこの想いがあって、ここはこういう想いがあって、チーム内でも4つの想いがあるんで。それを全部汲み取ってやるっていうのが最初は結構きつかったですね。どうエッセンスをいれて自分のやってきたダンスをいれていくかって考えるのはこれから先もずっとだと思うんですけどひとつの試練かなと思っています。

今後の活動について

STAFF
最終的なWEBERの夢や目標を教えてください。

little Skeet
WEBERってこうなったらいいなって理想なんですけど。
今、ダンスボーカルグループってたくさんいてて、そのなかでWEBERっでなにが強いのかとかっていったときにダンスもしかりですけどもエンターテイメントを追求したいなって思ってます。
一般の人が他のダンスボーカルグループを見たときに「あー!WEBERっぽい」って言わせたら勝ちかなって思っていて、楽曲を聞いていても「WEBERっぽい曲流れてるね」っていう風に見られたら、認知されてることだと思ってるので。
ライブもしかり、楽曲もしかり、踊りもしかり、エンターテイメント、人を楽しませるって場面でもしっかりと追求していって、最終的にWEBERっていうカテゴリがあるみたいな、そういうのができてきたらといいなと思います。

J
WEBERとしての夢はですね。ざっくりいうと時代を象徴するグループになりたいです。
あの時代のあのグループってあるじゃないですか?

IMG_1446

それぞれが個人でマルチに活動しててWEBERとしてもライブをする。個人の可能性を広げられるグループでありたいなと思ってます。
ダンスボーカルグループって絶対にボーカルが前に出てくるんですよね。ダンサーのイメージって薄くなってるなって思うんですよ。そこをダンサーもボーカルと同じラインに見られるようにしていきたいなっていう。こういう曲はボーカルが目立つよねとかじゃなくて、この曲でダンス見たくなるよねってグループにしたいですね。
CD聞いて自然とダンス出てきちゃう、映像見たくなってDVDとかライブ来たりとか、自然とあの曲ってこういうダンスだよねってなるような文化にはしていきたいですよね。

WEBERライブツアー2017について

STAFF
ここからツアーについて聞かせていただきます。
今回の全国ツアー「WEBER LIVE TOUR 2017 BALLON ~笑顔が叶いますように~」はどんなライブになりますか?

little Skeet
サブタイトルのBALLONはフランス語で風船って意味なんです。
今回、4月にリリースしたセカンドシングルのは両A面の2曲なんですけど、それをひっさげてのツアーになってて、その想いとしては僕たちが風船となって全国を回っていくような。

昔、フランスでは、バルーンリリースという風船にお花の種をつけて飛ばして、それが広がっていって落ちたところに芽がでて周りの人たちが笑顔になるっていう風習がありまして、それを今回のセカンドシングルで表現したいと思っています。
風船に含めた夢が叶いますように。それにそって僕らも全国ツアーということで風船になって飛んでいって、その土地で笑顔がつくれるようにっていうのがライブのテーマになっています。

STAFF
素晴らしいですね。ズバリ見所はどこですか?

little Skeet
ツアーってその年の集大成なので今まで活動してきた僕らの等身大を見せつける場でもありますよね。
それをやった上でこれからこういうことをやってくんだよっていう提示でもあると思うっています。やっぱり僕としてはよりダンスをみせたいですね。

WEBER四人のダンスナンバーを作ったりとか、ダンスとボーカルでなにが出来るか。っていうのを去年からやらせていただいたんですね。
他のダンスボーカルしてる人たちって、ダンスをしっかり見れる場が少ないと思うんですよ。ボーカルとしてではなくダンサーとしてのシーンをみせていって、ダンスも踊れて歌もすごいって思われるようなチームになっていきたいので、今回もそこは目指してやれたらなって思ってやってます。

J
純粋にワイワイ騒ぐライブではないんですよね。もちろん騒ぐところもあるんですけど、どこかストーリーに添っていて、ミュージカルじゃないですけど、エンターテイメントの要素も含んでいます。
ダンスも2人共違うジャンルのダンスをやってきてるので、はじめてきた人もWEBERを好きになるというか、こういうグループなんだって知ってもらえるだろうし、ダンスを知らない人もこういうダンスがあるんだって思ってもらえるはずです。

楽曲もWEBERはジャンルも様々なんで、トラック系みたいのもあれば、歌謡曲みたいなのもあったり、ちょっとコメディみたいなのもあって、様々な色を持ったグループなのでどれか必ず好きになって帰ってもらえるライブになると思うんですよ。
幅広く表現できるんだってとこがあるのはみてほしいですね。

STAFF
これをみてWEBERを知らなかった方にも是非見に行ってほしいですね。
では最後に一言お願いします。

little Skeet
僕、それこそストリートダンスからはじまって、今でこそWEBERとしてメジャー活動をさせていただいてるんですけど、その前ってライブを見に行く習慣がなくて、ダンスシーンでのダンスしか知らなかったんです。けどこういう活動を通じてまったく違う世界に触れることが出来て、これがすごい楽しくて、知らなければすごい損してたなって思うことばかりなんです。

今ダンスシーンのダンスしか知らない人たち、逆にメジャーシーンのダンスしか知らない人たちっていうのも1回その世界をみれば別のものがみえてくるので、WEBERってものを通じて知らないものに触れたりとかができるライブだと自負しています。
老若男女問わず絶対に楽しませる自信があるので是非ライブをみに来ていただいて、きてよかった、これ誰かに教えたいって思える、そういうライブにしますので是非みに来てください。

J
固定観念にとらわれないっていうことが、僕はすごく大事だと思ってて。自分がダンスやっていく上でかっこよくないこともしなきゃいけない時期も来るだろうし、そのかっこよくないことをしたお陰でかっこいいものがよりかっこよく見えることも知れたので。

食わず嫌いなこととかではなくて、自分の目の前にきたものとかライブみにいってみて、こういうダンスやってみようとか、今これが流行ってんだとか、耳にはいったんならよい影響か悪い影響かわからないですけど自分にとって何かしらの影響があるはずなんです。
このインタビューを見てくれた方も多分きっと僕らに出会うっていう、WEBERを知る意味があると思うので、1回それを拒まずにライブなりCDなり、いろんなものをみに来て感じてもらって、日々の生活に取り入れてもらえるようにこれからも頑張っていきたいなと思います。

STAFF
確かに食わず嫌いでライブを見に行かない人は多いかもしれないですね。
読者の皆さん、少しでも気になったら是非見に行って下さい!
本日はありがとうございました。

J&little Skeet
ありがとうございました!


「WEBER LIVE TOUR 2017 BALLON ~笑顔が叶いますように~」公演情報
スタンディング 4,000円(税込・入場時ドリンク代別途)
※未就学児童入場不可

6月2日(金) 東京・TSUTAYA O-EAST / OPEN 18:00 / START 19:00
6月3日(土) 東京・TSUTAYA O-EAST / OPEN 17:00 / START 18:00
6月9日(金) 名古屋・CLUB QUATTRO /  OPEN 18:00 / START 19:00
6月10日(土) 広島・SECOND CRUTCH / OPEN 17:30 / START 18:00
6月17日(土) 仙台・MACANA / OPEN 17:30 / START 18:00
6月18日(日) 札幌・cube garden / OPEN 16:30 / START 17:00
6月24日(土) 大阪・umeda TRAD / OPEN 17:00 / START 18:00
6月25日(日) 大阪・umeda TRAD / OPEN 16:00 / START 17:00
6月30日(金) 高松・DIME / OPEN 18:30 / START 19:00
7月1日(土) 福岡・DRUM Be-1 / OPEN 17:30 / START 18:00

ツアー情報
http://wwweber.jp/news/detail/233

COMMENT
みんなの声
  1. @M_WEBER_j より:

    全国ツアー直前!WEBERのダンス担当J、little Skeetに独占インタビュー! https://t.co/zyz7CF73Sv