「とんでもないことを歴史に刻んだ」、THE FLOORRIORZが「BOTY 2017」で3連覇以外に達成させた“とんでもないこと”とは?

Category : TOP ,

DUP BANNER

2017年10月21日、ドイツで開催されたブレイクダンスの世界大会「BATTLE OF THE YEAR 2017 WORLD FINAL(通称BOTY) 」で優勝を果たしたTHE FLOORRIORZ。見事3連覇を果たし、ダンスシーンでは祝福する声が飛び交っている。

【前人未到】THE FLOORRIORZがブレイクダンス世界大会「BATTLE OF THE YEAR 2017」にて3連覇達成

しかし、おめでたいムードが漂う中、メンバーには「BOTY」に挑むにあたり“ある思い”があったそう。一体、その思いとは何だったのか?
今回は、THE FLOORRIORZのメンバーを代表してTAISUKEにインタビューを行なった。


(前列中央がTAISUKE)

—— この度は、優勝おめでとうございます! まず、今の率直な感想を聞かせてください。

TAISUKE
本当にうれしいです。今までで1番うれしいかもしれない! それ以上に、とんでもないことを歴史に刻んだな、と自分たちで驚いています。

—— 史上初の3連覇でダンスシーンは大騒ぎでしたもんね。

TAISUKE
いや、3連覇のことではないんです。みなさんが「前人未到の3連覇!!」と騒いでいますし、もちろんスゴイことだとは思っています。でも、自分たちが言う“とんでもないこと”はそこじゃないんですよ。

—— 一体どこなんですか!?

TAISUKE
すでにバトルを見た人は気付いているかもしれませんが、“ノールーティン”で優勝したんです。この時代に、しかもあの世界一を決めるチームバトルでルーティンなしで優勝したことは自分たちでも本当にとんでもないことを達成したな、と思っています。

—— あえてノールーティンで挑んだんですか?

TAISUKE
はい。今年出るなら絶対にノールーティンだと決めていました。

—— なぜそうしようと思ったんですか?

TAISUKE
ここからはブレイキンの歴史を少し含めてTHE FLOORRIORZ の歴史を、順を追って話させてください。まず、そもそもメンバーは個々に「Red Bull BC One Final」や「DANCE ALIVE FINAL」で実績を残していたり、結成するまでにすでに活躍していました。

—— そうそうたるメンバーが揃っていて、結成されたときに「おお!」と思いました。

TAISUKE
THE FLOORRIORZはその集まりであり、それを武器に戦っていたんです。結成して1年目に「BOTY 2012」に出場した時に下手なりにルーティンを多少作って、個人のスキルを押し切る作戦で日本予選に挑み、優勝しました。それで初のWORLD FINALへ行って、決勝でVAGABOND(フランス)のルーティンとチーム力にコテンパンにやられたんです。そこで得た経験も踏まえて、個々で戦うスタンスはあまり変えずにルーティンのパワーアップに力を注ぎました。それ以上に個々の磨きの方がしていましたけどね(笑)。それで挑んだ2年目、3年目も敗北。3年目に関しては日本予選で負けました。

—— そのときは、どんな心境でしたか?

TAISUKE
終わった後に「チームバトルは面白くないし、もう出るのはやめよう」とまでなっていましたね。

—— それでもまた「BOTY 2015」に挑戦したのはなぜですか?

TAISUKE
「負けたまま終わりたくない!」って気持ちが出てきて、「このままじゃムカつくから、スタンスを崩してでも本気で勝ちに行こう」となりました。時代的に、全ラウンドをルーティンでやる方が強いのもわかっていたし、実際に勝っているチームはそうしていたんです。

—— そこからの4年目ですね。

TAISUKE
準備して挑み、初めて世界一を獲りました。うれしいっていう気持ちはあったんですけど、正直なところ“勝つやり方”で獲れて安心したんです。ただ、自分たちはこのやり方が好きなスタンスではなかったから、ディフェンディングチャンピオンとして翌年の「BOTY 2016」に出るという話が来たときは悩みましたね。

—— そんな葛藤があったとは知らなかったです。悩んだ結果、2016年も出場しましたが何かきっかけがあったんですか?

TAISUKE
若手メンバーが入り、「BOTYを経験したいという気持がある」と聞かされたこと、THE FLOORRIORZ ACADEMYができて生徒たちに強い姿を見せてあげたい、という気持ちで参加を決めました。ただ、参加を決めてからどう戦うかを悩みましたね。

—— 前年で優勝しているというプレッシャーがあったから悩んだんですか?

TAISUKE
「ここで負けたら1年目の優勝は運が良かっただけだね」って思われるのが嫌でしたね。だから、勝つために2年目も全ラウンドルーティンのやり方で挑んで2連覇を達成しました。

—— “全ラウンドをルーティンで挑む”というのは、自分たちの好きなやり方ではありませんでしたが、どう思いましたか?

TAISUKE
若手メンバーも入れていたからうれしかったけど、やっぱりどこか虚しい感じも残っていましたね。全ラウンドをルーティンにすると全員はソロで踊れないんですよ。

—— チームバトルとはいえ、ソロで踊ることも重要ですよね。

TAISUKE
だから、全員で戦っているはずなのに全員で戦っていないような感じもして…。その年も翌年のディフェンディングチャンピオンとして出場する話が大会運営側から来たんですけど、メンバーのほとんどは参加しない、と言っていたんです。参加の有無を決めなくちゃいけない時期がきて、この時点でもほとんどのメンバーは参加しない、と。

—— ほとんどのメンバーが参加しないと言っていたのに、それを覆したのは何だったんですか?

TAISUKE
新メンバーのBGIRL RAMが「BOTYに出てみたいです」と、言ってきたんです。ただ、それを言われてもみんな悩みましたね。だから、RAMに腹を割って話しました。この時代の大きなチームバトルでルーティンばかりをやる流れへの不満、日本人が未だに獲ったことのないタイトルを獲るためにルーティンをやってきたこと…。その話し合いの中で1つの案が出てきたんです。それが、「相手がどんなにすごいルーティンをやってこようが気合でソロで返して、全ラウンドをソロで出る」というもの。

—— その案が出てきたときの反応は?

TAISUKE
「いいね、少しでも時代が動けば面白いね!」って。でも、「本気で気合いを見せたソロにしないと手を抜いたように見えて、伝えたいことも伝わらないかもしれない」という不安も出てきました。それで、個々のスキルをもう1回磨くことにして、1人、また1人と徐々に参加表明するメンバーが増えて、世界大会の3カ月前にフルメンバーでの参加が決定しました。それぞれがどこまで磨いたかは把握していない状態で当日を迎えたんです。

—— すごい賭けに出ましたね!

TAISUKE
実際、このやり方に対して外部の人に不満を抱かれるんじゃないか、とも思いましたね。多くのチームが、この大会に人生を賭けてルーティンも個々も磨いてくるわけじゃないですか。でも、ブレイキンを始めてからずっと腐るほど練習をしているのは自分を磨くためであって、ルーティンのために自分の練習をする人なんていない、と思うことで、この戦い方でも本気で挑むことができましたね。

—— 実際に“ノールーティン”で挑んでみてどうでしたか?

TAISUKE
予選通過してバトルが始まり、ルーティンをやらないから本気で仲間のダンスを応援して、自分が踊るときに本気で踊る。このやり方が今の時代で確実に不利なこともわかっていたけど、バトルが始まったらもうそんな不安は本当に吹っ飛びましたね。それで、気づいたら優勝していました。ルーティンをやっていないのにみんなで戦っている感じがして、本当にすごかったです。

—— 今後、この話を知って“ノールーティン”で挑むチームが出てきそうですね。

TAISUKE
本気で自分たちがやりたいルーティンだったらやった方が良いと思うし、僕らもルーティンを否定するわけではありません。ただ、僕らがこのやり方でやろうと思ったのは、「仲間が良いダンスをしたら、仲間が沸く」、「仲間がミスったら、仲間がカバーする」、そんな昔ながらのBBOYのスタンスが好きで、少しでもみんながそういう姿のクルーバトルを思い出したり、初めて目にして欲しかったんです。

—— そんな思いがあってのチャレンジだったんですね。では、最後にこれを読んでいるダンサーのみなさんに一言お願いします。

TAISUKE
みんなでダンスのシーンを盛り上げましょう! そして、それぞれのスタンスで楽しんでいきましょう! 最後に、このように話す機会をくれてありがとうございました。


このインタビューを読んで、BBOY、BGIRLに限らず、バトルシーンが盛んな今の時代に生きるダンサーはどのように感じただろうか?

Text by msk –onelove-

・THE FLOORRIORZ : http://www.iam111.com/floorriorz.html
・THE FLOORRIORZ Official Instagram : https://www.instagram.com/thefloorriorz/
・THE FLOORRIORZ ACADEMY : http://www.iam111.com/tfz_academy/

COMMENT
みんなの声
  1. @yonesukesiromy より:

    「とんでもないことを歴史に刻んだ」、THE FLOORRIORZが「BOTY 2017」で3連覇以外に達成させた“とんでもないこと”とは? https://t.co/Bl6hRGbXpF
    こういうヒューマンドラマがあって優勝したとは思いもよらなかった・・・

  2. 「とんでもないことを歴史に刻んだ」、THE FLOORRIORZが「BOTY 2017」で3連覇以外に達成させた“とんでもないこと”とは? | ダンスの情報サイト Dews(デュース) https://t.co/Dg223s1ecK

  3. @Kouki_zip より:

    同じラインで言うのはアレやけど、RIZEに関しても全ターンルーティン対決みたいな感じになってる気はするし、実際そういうチームが勝ってると思う

    https://t.co/PcTzi60p56

  4. すげー話だ。でもこれを実現するにはすげースキルが必要だな。
    相手はみんな外国人で強いルーティンバンバン使ってくるわけだし。 もちろん強いソロも。
    その中でも、ノールーティンで勝つって未知の世界だ。
    https://t.co/BzNb0yhKrB

  5. 「とんでもないことを歴史に刻んだ」、THE FLOORRIORZが「BOTY 2017」で3連覇以外に達成させた“とんでもないこと”とは? https://t.co/83LIWK4Mhh

  6. @fumofumo5050 より:

    「とんでもないことを歴史に刻んだ」、THE FLOORRIORZが「BOTY 2017」で3連覇以外に達成させた“とんでもないこと”とは? | ダンスの情報サイト Dews(デュース) https://t.co/FwR65EsHwj

  7. @moro0308 より:

    めちゃくちゃカッコいい…

    https://t.co/ga7mJfZhyd

  8. 世界で戦うダンサーだからこそ出来る考え方と戦い方ですね!そもそものルーツを重んじて実践して勝つ凄さ! https://t.co/miowEUlGwS