THE RAMPAGE、初の全国ツアーキックオフシングルとなる新作MV公開!全編モノクロの独自の世界観


11月8日にリリースする4thシングル『100degrees』を発売する16人組ダンス&ボーカルグループのTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE。

本日『100degrees』のMusic Videoが解禁となった。
監督はEXILE THE SEOND、三代目 J Soul Brothers from EXILEなども手がけた
二宮“NINO”大輔氏。

今作は、12月より行われる初の単独となる全国ツアー
『THE RAMPAGE LIVE TOUR 2017-2018 “GO ON THE RAMPAGE”』のキックオフシングル。

MVのコンセプトは“GO MY WAY-我が道を往く-”となっており、二宮監督は“暴れ回る”との意味をTHE RAMPAGEならではの世界観をヴィジュアル化するため、アンダーグラウンドな雰囲気のロケ地で、土臭さを意識したとのこと。

また、今作の見所の1つが全編通してのモノクロある。
HIP HOP感をエッセンスに、16人の「仲間感」を表現しており、力強い楽曲と相まった独自の世界観が演出されている。

モノクロの世界観の中で、90’s HIPHOPのスタイルを今風にアレンジしたスタイリングと特殊メイクによるボディペイント特注のTHE RAMPAGEロゴ入りネックレス、バックル、キャップなどの衣装がその世界観をさらに醸成している。

ダンスの振り付けはメンバーのLIKIYAが担当。
「ラップ・パートにはDr.DREや2PACみたいなウェッサイな音が、
がっつり入っているので、C-WALKとかのステップを使ったりして、
カルチャーも大事に振りを考えました。」とのことである。

そんな所にも是非注目してMVを見てみよう!

『100degrees』は、イントロから鳴り響く重厚なビートが特徴的な、思わず首を振りたくなるパワフルなヒップホップ・ナンバー。
「日々高みを目指してシーンを駆け登っていく」そんなTHE RAMPAGEの覚悟が込められた歌詞は、ジャパニーズR&Bシーンを牽引するシンガーであるJAY’EDが担当。そして川村壱馬が自身初となる作詞に挑んだラップ・パートにも注目である。

なおTHE RAMPAGEは、11/15(水)に韓国で開催される、日本・台湾・ベトナム・インド・韓国・中国のアジアを輝かせたMUSIC・Drama ・K-POPとK-Dramaをリンクして受賞者を選ぶ韓国最大のイベント『2017Asia Artist Awards』にTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEにも出演が決まっている。
先日も、年間の優れたMusic Videoを表彰する音楽アワードMTV VMAJ 2017にて、「最優秀邦楽新人アーティストビデオ賞 BEST NEW ARTIST VIDEO –JAPAN-」を受賞するなど、名実ともに勢いにのっているグループである。

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEコメント

この「100degrees」は、今の僕たちを象徴している楽曲。
THE RAMPAGEってどういうグループ?と思ったら、この曲を聴いて、MVを観てもいただきたいです 。

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE オフィシャルモバイルサイト
http://m.tribe-m.jp/artist/index/43

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
4th Single「100degrees」 2017.11.8 on sale

【SG+DVD】RZCD-86414/B ¥1,944
【SG】RZCD-86415 ¥1,200


1. 100degrees
2. Can’t Say Goodbye
3. DREAM YELL
4. 100degrees (Instrumental)
5. Can’t Say Goodbye (Instrumental)
6. DREAM YELL (Instrumental)
[Bonus Track] Dirty Disco (English Version)

※CD+DVDのみ
・ 100degrees (Music Video)

この記事をシェアする