ユニクロ秋冬新作 – ウォーホル、キースらとコラボ

Category : ファッション ,

DUP BANNER

ユニクロ(UNIQLO)がMoMA(ニューヨーク近代美術館)とのパートナーシップにより、 2014年3月に始動させた「SPRZ NY (エスピーアールゼット・ニューヨーク)」プロジェクト。始動時はアンディ・ウォーホル(Andy Warhol)、キース・ヘリング(Keith Haring)、ジャン=ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat)らとのコラボレーションが話題となったが、 2014年秋冬シーズンはこの3名に加え、新たなアーティストとコラボレーション。350種類以上を超えるアイテムを展開する。
新たな参加者として加わったのは、ジュリアン・オピー(Julian Opie)、ロバート・メイプルソープ(Robert Mapplethorpe)、サム・フランシス(Sam Francis)、デイヴィット・シュリグリー(David Shrigley)、エル・リシツキー(El Lissitzky)らの著名アーティスト。中でもキースはストリートアートの先駆者であり、キースの作品がかかれたアイテムを愛用しているダンサーも多い

さらに2014年秋冬からは、キッズラインも初登場する。アウターからTシャツまで、子供らしい配色やデザインで作り上げたこちらのラインは、約80種類がラインナップ。そんなアートを身近に感じられるニューコレクションは、「SPRZ NY」の本拠地であるニューヨークを先駆けに、世界中で展開を開始する。

アンディ・ウォーホル
sprzny_03
キース・ヘリング
uniqlo_kieth
キース・ヘリング
sprzny_02
ジャン=ミシェル・バスキア
uniqlr_

アンディ・ウォーホルは、20世紀を代表するアメリカのアーティストであり、アートを別の観点から見るという挑戦をしました。この商品は、オリジナル作品に基づき視覚的な芸術を助成しているニューヨークの非営利団体、アンディ・ウォーホル美術財団から許諾を受けて製造されています。