ダンス × バンド!『イケVプロジェクト』から誕生した新感覚ユニットVALSにインタビュー

Category : TOP , 芸能 ,

line@友達登録

シドのマオ、カリスマカンタローのプロデュースのもと、ソニー・ミュージックレーベルズ、マーヴェリック、ニコニコ動画がタッグを組んで、バンドとダンスを融合した“ダンスバンド”を育成する『イケVプロジェクト』から誕生した新感覚ユニット”VALS”。
ダンス × バンドと珍しい組み合わせの同グループは、Dewsでも度々取り上げてきたが、彼らが、6月21日にファーストシングルとなる『シルエット』をリリース、23日はファーストシングルを引っさげて、初のワンマンライブとなる「VALS“V.D.M☆FIRST MISSION」を開催する。
一見噛み合わなそうなダンスとバンドでどんなライブやパフォーマンスをみせるのか?彼らが目指すその先とは?今回DewsではVALSにインタビューを行った。


VALS結成のきっかけ

STAFF
まずはじめに自己紹介をお願いします。

KEIN
ダンス&ボーカルのKEINです。

Nao10
ダンサーのNao10です。

憲人
ベースの憲人です。

Rio
ボーカルのRioです。

Spica
ドラムのSpicaです。

member左からNao10(Dance)、Spica(Drum)、Rio(Vocal)、憲人(Bass)、KEIN(Dance&Vocal)

STAFF
まずみなさんの、イケVプロジェクトへ参加しようと思ったきっかけを教えて下さい。

KEIN
僕は元々(プロデューサーである)カリスマカンタローさんと知り合いで、こういうオーディションがあるから受けてみないかと声をかけていただきました。ダンスとバンドというアーティストは今までになく面白そうだなと思い受けました。

Nao10
僕も一緒で、KEINとはよく一緒に踊ってて、その時カンタローさんに誘われたのと、ダンサーとバンドという新しい形に興味を持ちました。2人でやってた時は歌とかもやってたんですけど、自分のダンスを最大限に活かしたいなと思って。アーティストという1つの枠の中でダンサーという役割を自分が持てるのが性に合ってるのかなと思いましたね。

憲人
2015年ごろ、最期にメジャーに挑戦して、ダメだったら諦めようという気持ちで色んなオーディションに挑戦していました。ほとんどのオーディションがダメだったんですが、たまたまソニーグループの方が毎月やっているオーディションで僕を見つけていただいて。紹介していただいてイケVプロジェクトに参加しました。

Rio
僕はシンプルなんですが、ニコニコ動画を見てまして、広告で流れて来て、単純にマオさんに会いたい!という気持ちで受けました(笑)。

Spica
僕は元々こっちで活動して、関西の方で違う事務所でサポートミュージシャンをずっとやってたんですけど、そろそろバンドやりたいなという思いがあって、やるなら東京でやりたい、けど一からメンバー探すの大変だな、と思っていた時にたまたまyoutubeの広告でイケVプロジェクトが流れて、これに決めよう!と思って応募しました。

STAFF
実際にメンバーが決まった時、お互いの第一印象はどうでした?

KEIN
Nao10くんは昔から知り合いでしたが、キッズの頃から僕がお客さんで、Nao10くんはステージで踊ってた人で手の届かない人だったんですが、一緒にできるようになった!という印象です。 憲人さんは静かな印象でしたね、いまはそうでもないですけど(笑)。

Rioくんはボーカルオーディションで一緒で、控え室で面識のない人に「みんな声出ししなくていいの??」って言ってて、やばい人いるなー!って印象でした。Spicaさんは最初は近づきづらいオーラを放ってたんですが、そんなことなくて最近はいい感じの仲です。

Nao10
KEINと最初に出会ったのはイベントで共通の知り合いに紹介されて一緒にゲーセンで遊びました。すごくイケメンで俺のことを「うわっ、Nao10くんだ!」って見てくれるのが嬉しかったです。男の子でキッズダンサーが少なかったので、嬉しいなって印象が強かったです。憲人さんは、一番最初に会った時、気が合いそうだなと思ったんです。趣味とか新しいものに敏感だったりとか、絡めそうだなと思いました。

Rioくんは、KEINが出てるボーカルのオーディションを見てた時に、Rioまだ!?ってコメントがたくさん流れてきて、どんな人なんだろう?って。出てきたら、歌ってる最中にマイクのスイッチが切れるハプニングが起きて、この人はいろいろ持ってる人なんだなーと思って(笑)。

(一同爆笑)

Rio
正確には、歌ってる最中に入り込んじゃって自分の握力でスイッチを切ってしまったらしくて、音が消えちゃって。マイクの音が入らないから曲を止めてください!とは言えないので、仕方ないので肉声で歌いました (笑)。

Nao10
マイク入ってないのに歌い切るのがポジティブというか、でもそれをやりきる力がすごいな、と思いました。
Spicaさんはあんまり口数が多くない、でも俺も同じようなタイプでわかるんですよ。この人はすごい人見知りで、でも喋ったら趣味が合うんだろうなって、期待してたら、いまはまさにその感じで、いろんな趣味があうし、仲良くて物知りでいろいろ教えてもらってます。

憲人
最初Spicaくんと、オーディションであいました。ベースのオーディションの次にドラムのオーディションをやっていて、自分の出番が終わった後に、緊張してそうな人に話しかけるということをやっていたんです。どこから来たんですか?って(笑)。
その時控え室に二人きりでいたんです。そのあとスタッフの方に帰らず残っててと言われて残っていたら、同じオーディションを受けていた他のドラマーの人が「Spicaくんのオーディション風景見ていいですか?」と言って2〜3人くらいで見ていて、すごい人だったんだな!という印象でした。

あとの3人は一緒のタイミングで、メンバー決定の時で。Rioはちょっとやばい人かな、と思って(笑)。
でもそのあとすぐに原宿で飯行って、面白いやつだなって。Nao10くんはメンバー発表の時に「ダンスではプライドを持ってやってる」とコメントしていて難しそうな印象でした。実際そんなことはなかったですけど。KEINはかおちっさ!と思って。以上です(笑)。

KEIN
それだけ!?(笑)。

Rio
イケVオーディションのとき僕、自分以外の人を見ていなくて。受かったあと実感が湧いてきた時の話なんですが。初めてのライブのリハーサルの時、一回演奏してる姿を見てみようか、と初めて見た時に、バンドとダンスの融合、プレーヤーとしての魅力がすごいなあ!という印象が強すぎて、それ以前の印象がないんです。
あ、KEINちゃんだけ、オーディションの時、他の参加者と毛色が違う人だなといい意味で思って見てて、そしたら受かってて、ダンス&ボーカルなんだ!と思いましたね。

Spica
僕は全体的に見て、あ、これ多分みんな自分より若いんだろうなーと。特にダンサーの二人は肌つやつやだ!って(笑)。
あと小学校からバンドをやってきたので、人間関係とか音楽性の違いでぶつかったりしてきた経験から、どうやっていくのかという心配はあったんですが、実際相性がいいですね。

rio

ダンス×バンド、他にはない挑戦への想い

STAFF
KEIN、Nao10は元々ダンサーとしてバトルやコンテストなどクラブシーンをメインに活動していましたが、ガラッと変わりこのような活動をする上でどんな心境でしたか?

KEIN
そんなにガラッと変わった感じはないです。自分らで振り付けも作っているのでやりたいことができているかなと。

Nao10
昔はバトルもコンテストも出てました。バトルとかコンテストって勝敗がつくし、競争心でお互いを高めあえるので大事なんですが、ショーケースも好きで、自分たちがやりたいことを形にしてみせるってのが好きなことだったんです。それをいまバンドでやっているという感じなので。勝敗に拘らず自分の好きなものを提供していきたいと思っています。

STAFF
バンドミュージックにのせて踊る難しさみたいなものはありました?

KEIN
最初はありましたね。むずかしかったです。

Nao10
全然リズムが違うし、そもそもダンサーがHIPHOPとHOUSEって違うジャンルをやっていたこともありますし。だからこそ今フォローし合えているところもありますが、どっちの速さでもないんです。曲が。そこを二人で考えています。

nao10 kein

STAFF
3人はバンドの中にダンスが入ってくることについてはどう考えてますか?

憲人
僕はそういうのがやりたかったというのがもともとありました。何かと何かを足して作り上げるのが面白いし夢だったんですが、今こうしてできてるんで。

KEIN
憲人さんオーディションで踊ってましたよね、ベース弾きながらブロンクス(ステップ)やってました(笑)。

Rio
今回のこのオーディションニコニコ動画の企画なんですけど、高校生の頃、ニコニコ超パーティーで出演者の方々がバンドが歌ってる時に後ろで踊っている人がいて、バンドとダンスが同時に行われることに新しさや可能性を感じて。プロとして正規でこの形があったらきっと面白いんだろうなと思ってた時があったんですが、気づいたらそこにいたので、自分がそうなってるのは面白いなと思いながら。しかも本当に実力者が固まっているので、自分がかっこいいと思ったものを世の中の人に伝えたいなと思ってます。

Spica
正直不安はありました。
ダンスとバンドってなかなかいないしどうなるんだろう?と全くイメージできなくて、最初にバンドのデモ曲を頂いた時、ダンスを踊っているイメージがつかなくて。初めてリハをして合わせてみた時にこれはいけるな!と手ごたえがあったので、新たな可能性の一つだなと今もワクワクしながらやってます。

STAFF
これからこういうライブをしてみたい!みたいなアイデアなんかはありますか?

憲人
ワクワクさせるライブ、おどろかせるライブをしたい、というのを常に心がけてます。頭の中にあるのはドラムとセッションして、ダンサーが踊るみたいな。煽りムービーなんかも作って。

Rio
フリースタイルとジャムセッションみたいなやつでしょ。俺いらないってことね(笑)。

(一同爆笑)

Rio
でもボーカルが休憩する機会ってないからそれはそれで(笑)。

KEIN
僕も同じこと思ってました。楽器とダンサーがペアになって、2on2で。

Rio
やっぱり俺いらないってことね(笑)。

(一同爆笑)

Nao10
この間シドさんの武道館ライブ見に行ったんです。バンドのライブなのに見に来てる人たちがめちゃめちゃ踊ってたんです。逆にダンスアーティストのライブ行っても踊ってない。そこが面白いなって、カンタローさんも言ってて。確かに、僕らそれが両方あるんで、会場の人も一緒に踊って盛り上がれるライブができたらいいなと思ってます。

Spica
僕らといえばやっぱりダンスが持ち味だと思うんで、しかも音源だけじゃそういう躍動感やダンスのすごさはわからないと思うので、VALSといえばライブだよね!と言ってもらえるくらいリピーターを増やしてライブを増やして大きくなっていきたいですね。

KEIN

STAFF
ボーカルは踊ったりしないんですか?

Rio
ありますあります。僕は今までダンスをするなんて夢にも思ってなかったんです。だから新しいことに対する挑戦なんです。

STAFF
1からはじめる、という形ですよね?

Rio
マイナスからです(笑)。
少しづつできることから。振り付けだってレベルを下げれば僕にもできることがあって、少しづつレベルアップして、ダンスでも魅せれるバンドにしていけたらと思っています。

新曲「シルエット」について

STAFF
新曲「シルエット」について、MVの制作秘話などを教えてください。

KEIN
なんども撮影をしなおして、僕たちダンサーはなんども踊らなければいけなかったので。めっちゃ疲れました。

STAFF
体力勝負ですもんね。

KEIN
PV自体は午後2時スタートの8時終わりで6時間くらい。(外の人たちから見たら)そんなでもないのかもしれませんが。

Rio
朝からアーティスト写真の撮影などもあったので、そういう意味では長かったです。

STAFF
1日がっつりという感じだったんですね。ハプニングなんかもありました?

KEIN
ダンサーは音源を流して踊ればいいんですが、バンド側の撮影が大変でした。

Spica
撮影の時は必ず楽器はミュートして音が出ないようにしないといけないんですけど、そのミュート機材がちょっと足りないことがあって、少し音が出てしまったんです。それで流してる音楽が聞こえなくてどうしよう、撮影なのでイヤホンするわけにもいかないし、臨機応変に対応しなければなりませんでした。

Rio
対策としてスピーカーで大きな音を出すことで対応したんですが、そのスピーカーが大きな音を出すことを想定してなくて、いつ壊れるかわからないくらいの音を出してたんですよ。VALSのDVDの特典映像に収録されてるんですが、一生懸命踊ってる途中に突然スピーカーがぶつっと切れて、やるせない気持ちになってることがありました。

STAFF
特典映像に収録されてるんですね(笑)。 その様子見てみたいです。逆に、ココにこだわった、って所はありますか?

Nao10
ミュージックビデオを見ないことにはダンスバンドというのが伝わらないので、ビデオを見て欲しいですね。音源だけじゃ踊りは伝えられないので。MV自体に価値があると思っているので。

KEIN
ダンスもそうなんですけど、ドラムも見て欲しいんですよね。めっちゃ速いんですよ!1秒に何回叩いてるんだろうと思って!

Rio
Spicaくんの持ち味なんでね。

憲人
映像で完成というのは僕も思ってるので、「聴く音楽」じゃなくて「見る音楽」を目指したいので。「シルエット」もそうなっていけばいいなと思っています。

Spica
通常盤でなく初回盤のCDを買ってください!(笑)。

一同
大事!大事!

Spica

STAFF
プロデューサーさんとの関係はどうですか?

憲人
マオさんはなんどもご飯に連れて行ってくれました。その時はプロデューサー感はないし、近い存在として接してくれます。

Nao10
マオさんなんですが、食事に行った時にモチベーションにつながる夢を明確に提示してくれます。ここまでいくとこういうことができる、この規模までいくとこういうことができるよ、そうなってくるとこれが楽しいんだよね、と。早くそうなりたいな!と思えることを言ってくれて、さらに「みんなはすごいから大丈夫だよ!」と信頼をしてくれます。

憲人
こうしろ、とかじゃなくて、「俺はこれがいいと思うんだけど」って提案をしてくれます。しかもそれが自分がすごく迷ってたことのヒントになるように提示してくれるのですごく見てくれてるんだな、と思いますね。

Rio
僕はめちゃくちゃ憧れてた方なので。緊張はしますね、緊張というか尊敬はしてるのでいい関係をこれからも作っていきたいです。

Spica
メンバー一人一人のことをちゃんと見てくれてるなと思っています。twitterもメンバー一人一人を見てくれていて使い方をアドバイスしてくれたり、レコーディングでも「そこ大丈夫だよ自信持って!」とさりげない一言でちゃんと士気を高めてくれたり、自信になります。バンド全体ももちろん見てくれますが、個人個人もちゃんとフィーチャーしてわかってくれてるのが嬉しいですね。

憲人
ちなみにカンタローさんとはオンラインでゲームをしました(笑)。

(一同爆笑)

Rio
でもダンスの時にこうしたほうがかっこよく映るよ、というアドバイスなどもいただいて、実際にしてみたらかなり変わったので、さすが違うな、と思いました。

STAFF
バンド系のファンとダンスのファン層が交わってくると思うんですが、どう楽しませたいというのはありますか?

Rio
誰が見てもかっこいいと思えるものを作りたいなと思ってます。俺ら個性が強いので、その個性が交わることでできるかっこいいことをやりたいなと思ってます。本当にかっこいいもんは誰が見てもかっこいいんですよ!俺いまだに二人のダンスを見てすごい鳥肌が立っちゃいます。

Spica
ロックとかメタルとか、ファンを固定しちゃうと思うんです。VALSはありがたいことにダンスもありバンドもありロックもありダンスミュージックもあり、振り幅もでかいので、その分キャパも大きいと思います。お客さんがどんなジャンルの人でも「VALSが好き!」って言ってくれれば共通の想いなので、みんな仲良くなれると思います。

憲人
今はダンスバンドをこういう形でやってます、っていうと新しいね、珍しいね、面白いね、と言われます。それを最終的には言われないようにしたいと思います。僕らが成功すれば定着して、同じような形のバンドがフォロワーとして出てくるかもしれない。そういうところまで行きたいなと思っています。

Nao10
でもその壁は正直分厚いと思います。自分たちの良さを見せつけていけばその壁が徐々に薄れていくのかなと思っています。個人的にジャンルに固執しないようにするのが大事だと思っているんです。僕、音楽は、ジャンルに限らずいろいろ聞くんです。ロックもアニメの曲も好きで、それぞれの良さがあると思うので、こうじゃなきゃダメ!って考えを取り払って欲しいなと思いますね。

KEIN
ダンスを見に来てバンドかっこいい、バンドを見にきたけどダンスかっこいい、と言ってもらえるようにしていきたいですね。

kento

VALSの目指す先とは

STAFF
VALSとして個人として、今後の目標や目指す方向はありますか?

KEIN
ダンスバンドって僕らが初だと思うんです。それをまずは当たり前にしていきたいなと思います。

Nao10
バンド自体はもっと売れて、という大きな目標はありますけど、いまは階段を少しづつ登っていきたいなと思っています。

憲人
僕らってエンターテイメント性が強いグループだと思うんです。なのでどんどんメディアに出て戦えると思うし、個人的にはベースってかっこいいなっていろんな人に思ってもらえたら嬉しいなと思ってます。そのために僕も将来的にはバラエティとか出たいですし、メディアにどんどん出てそれをVALSに還元できたらと思っています。

Rio
下を育てたいじゃないですけど、俺らの真似をしてくれる人が出てきたら嬉しいなと思っています。ジャンルを隔てる壁みたいなものが大嫌いなので、それを取っ払って、定着して行けば嬉しいです。
実は俺らイケVプロジェクト第一弾、って呼ばれてるんです。だからもしかすると第二弾第三弾と後輩ができたら楽しいかもしれないと思ってます。Rioさん…って呼ばれるような憧れになりたいですね。VALSが成功すれば全部うまくいきます(笑)。

Spica
総括みたいになっちゃうんですけど、プロデューサーやスタッフやメンバー含め全員が思っている夢は、武道館2デイズ。VALSは舞台が大きければ大きいほど映えるバンドだと思うので、まずはそこを目標に、頑張りたいですね。

STAFF
ありがとうございます。最後にファンや見ている方に向けて一言いただいていいですか?

KEIN
応援ありがとうございます。ダンスバンドは今までになかったのでどうなっていくかファンの人もわからないと思います。でも心配せずに、もっと新しいものかっこいいものを作っていくので、楽しみにしていて欲しいです。

Nao10
可能性はだれもわからない。僕ら自身未知数で謎なところがあります。謎の部分がまだまだあるのでVALSの活動でその謎が解決する日をみんなが待っていてくれたらいいなと思います。

憲人
まだ見たことない世界をライブで表現するのでシングルを購入して聴いていただいて、ライブに遊びに来ていただけたら嬉しいです。

Spica
CD発売だったり、昨年以上に今年は発表していけることも多くなると思うので、今年一年、常に注目していただきたいと思います。

Rio
今この記事を見ている人は、今すぐラインでこの記事を友達5人に送ってください!

(一同爆笑)

STAFF
是非広めていってほしいですね。
今日は楽しい時間ありがとうございました。


_AYT7951
VALS

Vocal : Rio、Bass : 憲人、Drum : Spica、Dance : Nao10、Dance&Vocal : KEINからなる5人組バンド。マオ(シド)、カリスマカンタローによるプロデュースのもとソニー・ミュージックレーベルズ、マーヴェリック、ニコニコ動画がタッグを組み始動した「イケVプロジェクト」から誕生。既に日本武道館、幕張メッセなど数々の大舞台を経験。
2017年、バンドとダンスの融合を表現した『V.D.M』(VISUAL DANCE MUSIC)という唯一無二の新ジャンルを掲げ、“遂に本格始動”!
オフィシャルHP
http://www.vals-ikev.com/

【リリース情報】
VALS 1st Single「シルエット」
2017.6.21 Release

初回生産限定盤(UXCL-114/5) ¥1,296(税抜)
通常盤(UXCL-116) ¥926(税抜)

収録内容
※初回・通常共通
1.シルエット
作詞:マオ
作曲:tatsuo

2.Breakthrough
作詞:kein
作曲:井上ジョー

※初回生産限定盤のみ
1.シルエット(Music Video)
2.シルエット(Music Video Making)

【ライブ情報】
VALS“V.D.M☆FIRST MISSION”
6月23日(金)  新宿Zirco Tokyo
OPEN 18:00 / START 18:30

【チケット料金】前売 3,500円 / 当日 4,000円 (スタンディング・税込・ドリンク代別途)
【チケット一般発売日】5月27日(土)
【プレイガイド】
e+ http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002227156P0050001P006001P0030001

VALS“V.D.M☆SECOND MISSION”
8月18日(金) 新宿Zirco Tokyo
※詳細後日発表

VALS“V.D.M☆FINAL MISSION”
10月28日(土) 新宿Zirco Tokyo
※詳細後日発表

【ニコニコ生放送】
6月21日(水) 19:00~『ニコラジ水曜日』 VALS出演
7月23日(日)18:00~『VALSのガンバルスッ!!Z』 #4
池袋ニコニコ本社サテライトスタジオ「ニコぶくろスタジオ」から公開生放送

コメント
  1. ちゃんとインタビューに答えれてるじゃん!w
    色々とメンバーの新しい挑戦に対しての気持ちが見れるのがよい。

    ダンス × バンド!『イケVプロジェクト』から誕生した新感覚ユニットVALSにインタビュー https://t.co/zaqQNLE9zt