ニーヨ、アッシャー、ジャスティン・ビーバーなど豪華アーティストと共演を重ねるダンサーYUSUKE NAKAIスペシャルインタビュー

Category : TOP ,

DUP BANNER

ニーヨ(NE-YO)、アッシャー(Usher)、テイラー・スウィフト(TAYLOR SWIFT)、ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)など、これ以上にないほどに豪華な世界的アーティストのツアーダンサーやMV出演を経験し、現在もLAを拠点に活動するダンサーYUSUKE NAKAI。
広島から単身LAに留学し、即座にニーヨのツアーダンサーに抜擢され、そこから怒涛の活躍劇を見せた彼が日本に滞在中とのことでインタビューを敢行。
海外での活躍の経緯から現在に至るまで、YUSUKE NAKAIの素顔に迫る。

スタートはジャズダンスとミュージカル劇団。ヒップホップとの出会い。

STAFF
広島出身というのをお聞きしましたが、海外進出するまでは、どういった活動をされてたんですか?

YUSUKE NAKAI
小学校4年生からジャズダンスを始めて、ミュージカル劇団に入りそこでは、歌が専門だったんですよ。
ボーイソプラノっていって、高い声で歌を歌っていました。
オーディションを受けたりしながら、中学生までは広島にいたんです。
そこから中学2年生の時に、本格的に劇団に入ろうと思い、東京に1年間だけ住みました。

STAFF
そんな早い段階から上京したんですね。

YUSUKE NAKAI
はい。言ってしまえば、ミュージカルの劇団の英才教育を受けていました。
学校も変えて、寮生活で、帰ってきたら、歌、芝居、ダンスの稽古が毎日あって、その時に色んなダンスを学びました。
タップ、日本舞踊、モダンやコンテンポラリーだったり、バレエもそうです。

STAFF
どちらかと言うと舞台ダンスの方ですね。

YUSUKE NAKAI
そうですね。
中2の時に1年間だけなんですが、その劇団にブレイクダンスが出来る先輩がいたんです。
当時は劇団四季に憧れていたんですが、その先輩にちょっと教えてもらったりしてそれがきっかけです。
その人がヒップホップもやっていたので気にはなっていて、広島戻ってから始めたっていうのが始まりですね。

STAFF
そこからストリートダンスになるわけですね。

YUSUKE NAKAI
はい。高校も大学に入学して4年間もずっとダンス漬けでした。
大学生の時には少しだけダンスレッスンもやらせて貰ったりしてました。

STAFF
広島のダンスシーンは有名ですし、プロで活動されてる方も沢山いるじゃないですか?
東京という選択肢もある中、海外を選んだっていうのはなぜですか?

YUSUKE NAKAI
理由は色々あったんですが、最初のきっかけは、中、高校生の時に、アッシャーをずっと見ていたんですね。
アッシャーの「Yeah! ft. Lil Jon, Ludacris」とかの時代。

アトランタの帽子を被ってテーラードジャケット着てダボダボのっていうのをずっと真似して、高校生ながらスキンヘッドにしたりとかもしましたね。
その時期は、バックダンサーがインターナショナルになる前だったからバックダンサーはほとんど黒人さんだけだったんです。
本当にカッコいいわーと思ってて、それが海外に興味をもった一番のきっかけですね。
そこから第2のきっかけが、KENTOさん(KENTO MORI) さん。KENTOさんがダンスワークショップをした時に大阪まで行って受けて衝撃を受けました。やべーって。

STAFF
そこでKENTOさんと出会うんですね。

YUSUKE NAKAI
そこから東京でKENTOさんが仕事をやる時に、レッスンだけ受けようと広島から行ったんです。
そしたらオーディションも誘っていただいて、挑戦したらとってくれたんです。
ちょうど大学卒業した頃かな。そこから東京で半年ぐらい仕事で滞在しました。

LA滞在からすぐに大手エージェントと契約。

STAFF
なるほど。海外へ行く前に東京でも仕事をしているんですね。

YUSUKE NAKAI
海外へはその前に短期で1回行ったんですよ。友達が行くというのでじゃあ俺も行くと言っていったのですがそれがはじめてのLAです。

STAFF
憧れの場所ですね。

YUSUKE NAKAI
そうそう。
それでレッスンを受けたときに代講できた人がおって、誰なんだろと思い見ていたら、めちゃくちゃヤバくて。もう人間じゃないと思うくらい衝撃でした。
結局Facebookでも見つからず誰かわからなかったのですが、その人のビデオを振り返って練習してたり研究してました。

STAFF
地元に戻ってということですか?

YUSUKE NAKAI
そうです。
で東京での仕事が終えて、さぁどうしようってなった時に、学生ビザでアメリカに行くことを決めたのですが、英語が全くしゃべれないので(笑)。

STAFF
まあ最初はそうですよね。

YUSUKE NAKAI
最初っていうか今もほぼ。

STAFF
え!?今もなんですか?

YUSUKE NAKAI
ほぼ。日常会話はギリって感じです。

STAFF
日常会話もギリギリぐらいなんですか。

YUSUKE NAKAI
そう。だから感覚だけが研ぎ澄まされるじゃないけど直感で色々やってました。
それでどうしようかなと思ってる時に、2ヶ月後に大手エージェント「BLOC」のオーディションがあったんですよ。
当時KENTOさんもLAに住んでいたので相談したら「ダメ元で行ってみたら」っていわれて受けたら本当に受かったんです。

STAFF
その「BLOC」は、LAではどのくらいの規模なんですか?

YUSUKE NAKAI
おそらく「BLOC」が一番大きいと思います。

STAFF
そんな大手のエージェントにすぐに、と言ったらあれですけど、受かってしまうものなんですね。

YUSUKE NAKAI
そう。そんなパターンなんですよ。
しかもなんとそこのオーディションで、踊る曲がアッシャーだったんですよ。「うおー!やばい、テンション上がるー!」ってなって。

STAFF
奇跡的ですね(笑)。
先程もダメ元とは言っていましたが、試してみるもんですね。

YUSUKE NAKAI
そうだとは思います。それで受かってどうしようってなってからビザの話になりました。
その時は仮でキープみたいな状態だったのですが、すごく気にいってくれた人が1人いたので、その人がプッシュしてくれて、そこから弁護士を雇ってビザを取る準備をしました。
その期間もオーディションをくれと催促していたのですが、仮契約なので合格しても仕事まではできませんでした。
ですが、実際にオーディションに受かっていることもあり、「BLOC」も積極的に動いてくれて、ビザを取ることが出来ました。

STAFF
どのくらいかかりましたか?

YUSUKE NAKAI
1年半ぐらいですね。
早い方です。

豪華で素敵過ぎる出会いの数々


STAFF
そこからはオーディションを受ける日々ですか?

YUSUKE NAKAI
はい。
色々オーディション受けて、そこから沢山の素敵な出会いがあるんです。
シアラ(Ciara)のオーディションで採用してもらって、そのときに見てくれていた人が自分の恩師なんです。
ジャマイカさんっていう女の人なんですけど、その人はMCハマーの元ダンサーだったりとか、TLCやアッシャーだったり全部経験してる人で。
僕がアッシャーのツアーのDVDを見てる時にそこにいますからね。

STAFF
それはうれしいですね。
けど英語しゃべれないと思い伝えられないですよね。

YUSUKE NAKAI
はい。パッションです(笑)。
あとは、リオさんって人がいるんですけど、実はそのリオさんも面白い出会いでして。
アッシャーのOMGツアーの時にOMGって曲の間奏があって、間奏の振り付けがめちゃ好きなんですが、当時名前を調べても出てこなかったんですよ。ずっと誰なんだろっと思ってたんです。
そしたらその、ニーヨの振り付けでリハーサルになった時に、リオさんがアッシャーのダンサーと聞いてたんで、「あれは誰が作ったの?」みたいに聞いたんですよ。そしたら「俺」って言って。そこでも驚いてゾワゾワしました。
えー!みたいな。

STAFF
調べて出てこなかった人にいきなり会えたんですね。
すごい出会いが続きます。
それって留学して何年ぐらいの話ですか?

YUSUKE NAKAI
1年半くらいです。
そこから、また面白いんですけど、リハーサルの時、さっき話に出てきた代講のやばいダンサーが隣にいたんです。
一緒に踊って、しかもシンメ(対象の立ち位置)でした。
彼の名前がアントニオさんっていいます。なんじゃこの出会いみたいな。それから、ニーヨのダンサーとして2年間半ぐらいお世話になりました。

STAFF
それは1年ごとに契約が継続されてく感じですか?

YUSUKE NAKAI
そうですね。定期的に契約されていくんですよ。

STAFF
その間はニーヨ専属になるんですか?

YUSUKE NAKAI
そうですね。

STAFF
そこから次はアッシャーに繋がるわけですね。

YUSUKE NAKAI
そうですね。
ニーヨがツアー終わりますってなった時に、丁度アッシャーが動き出しますという話が来ました。

STAFF
それもオーディションですか?

YUSUKE NAKAI
そうです。
でも最初は、YUSUKEはまだだみたいになり、声がかからなくて。自分でもまだだろうなって自覚してたんで仕方ないと思っていました。
チャンスがあればとずっと待ってたんですが、ニーヨのツアーが終わってから、テイラースウィフトのミュージックビデオのオーディションに受かって、次の日からリハーサルだったんです。

そんなタイミングで電話が来て「YUSUKE、アッシャーやりたい?」って聞かれて「もちろんやりたい」と答えたら「じゃあ明日から来て」って言われたんです。
明日はそのリハーサルがあったので、それを伝えたら「また連絡するわ」って言われて。
もうガン落ちでした。

STAFF
もちろん断るわけにはいかないですもんね。明日の方も。

YUSUKE NAKAI
そう、なのでめちゃテンション下がりました。
そういう運命だったんかなみたいにまで思ってしまいました。
しかし次の日、リハーサルが終わったら「YUSUKE今どこにいる?ちょっと来てくれる?」て言われて行ったんですよ。
そしたら何かガヤガヤしてて、KENTOさんもそこにいたんですよ。話を聞くと、4人決まってたらしいんですが、1人がいなくなって僕が入ることになったと。
もうパっとスタジオ行ったら、じゃあ振り覚えてみたいな。

大切なのはガッツ?


STAFF
なぜYUSUKEさんがそこに入ったんですかね?

YUSUKE NAKAI
分かりません。

STAFF
だってダンサーは沢山いるじゃないですか?なんでYUSUKEさんだったんですかね。

YUSUKE NAKAI
ガッツ、パッション(笑)。

STAFF
(笑)。
自らアッシャーとやりたいということを言い続けたっていうのもあるんですかね?

YUSUKE NAKAI
そうですね。ガッツ(笑)。

STAFF
答えは出なそうですね(笑)。

YUSUKE NAKAI
はい。
いつかKENTOさんとも踊りたいと、同じ舞台に立ちたいという夢があったのでそれも叶いました。

STAFF
それからアッシャーはどのくらいやってるんですか?

YUSUKE NAKAI
アッシャーは1年半くらいだと思います。プロモツアーっていうのがあるんですよ。その最初はテレビに出てとか、ミュージックアワードとかに出て、その曲の宣伝をしたりとか、っていうのが終わってから本ツアーなんですよ。でアメリカツアー、ヨーロッパツアーていうのが大体の流れです。

STAFF
アッシャーの舞台に立つという大きな夢が叶いましたね。

YUSUKE NAKAI
そうですね。
僕大学生の時に学祭でニーヨの曲を使ってるんですよ。アッシャーとニーヨの曲。だから初めての仕事がニーヨでその後アッシャーって凄いなって思いました。なんかご縁があるのかなーとちょっと思いました。
ツアーでは自分の踊ってないパートは前に行ってずっと彼やダンサーを見ていました。
リハーサルの時もそうです。ダンスも凄い難しんで必死だったんですけど、ずっと興奮してましたね。

STAFF
達成感みたいなものもそこで感じましたか?

YUSUKE NAKAI
人生の夢でしたし、ありがたいのもあるし。
僕が見てたDVDのダンサーさんが来て、言ったらOGなんですが、10年前とかのツアーでどうだったんだろうみたいに振りを確認してたりとかするんですよ。「この振りはこうだったね」みたいな。
その時になんかね、ブワーって感極まって涙が出てしまって、ダンスをやっていて良かったなって凄い思ったんです。
頑張ってきたけど、それが凄い報われたっていうか。言葉では表せれないですね。だから感動して泣いちゃったっていう。
本当に素晴らしかったです。
ですが、夢の時間が終わるんですよね。ヨーロッパツアーで終わりましたがその時も泣きました。

STAFF
まさに夢がかなった瞬間ですもんね。その感覚は誰しもが体験できることではないですね。
終わるっていうのは、そのメンバーは1回解散みたいな感じですか?

YUSUKE NAKAI
そうですね。

STAFF
なるほど。
とはいっても、アッシャーからのジャスティン・ビーバーですもんね。怒涛すぎます。

YUSUKE NAKAI
そうですね。
そこからまたジャスティン・ビーバーのオーディションを受けて受かりました。

STAFF
気になるのですが、オーディションで落ちたりもしてるんですか?
トントン拍子過ぎますよね。

YUSUKE NAKAI
落ちてますね。
けど大きいオーディションは受かるんですよ。

STAFF
すごく良いじゃないですか。

YUSUKE NAKAI
良いっていうか、それは得手不得手だと思うんですよ。
見た目もこんな感じじゃないですか?それはとってくれない人もいますよ。
なんでか何万人とか見てる人がとってくれる。この人何なんだろみたいな。
だからそのジャマイカさんも育ててくれるっていう感じでしたね。「スキルは後で付くから」って言われてたんですよ。
ニーヨの日本ツアーの時にニーヨのお母さんに初めて会って「YUSUKEはそのままでいなさい」って言ってくれました。

STAFF
自分が大きいところで採用される要因は何だと思います?

YUSUKE NAKAI
ガッツ?

筋肉を攣らせる? YUSUKE流トレーニングとは

COMMENT
みんなの声
  1. @YusukeNakaiJPN より:

    Thank you for interview @Dews365 !!!!

    Dews さんにインタビューしていただきました!
    ダンスを始めた生い立ちから仕事の事まで色々話してます。
    是非!

    https://t.co/ednJBkU50N