第七回ARKSTAR公演「愛香の選択」大盛況の内に終了

Category : イベント ,

EXPG AUDITION

去る2015年8月16日、THE☆STAGE自由ヶ丘にて行なわれた、株式会社アノマリーが手がけ、良質な若手ダンサーを全国に輩出する「ARKSTAR」主催の第七回定期公演「愛香の選択」が大盛況のうちに終了した。

コンセプトや台本、演出、振付、楽曲の編集や演技、歌、楽器に至るまで全て自分たちの自主的なプロデュースで行なわれた本舞台は、彼らの年代でしか感じ得ない「蒼さ」を残しつつ、本来の持ち味であるダンススキルのみに頼る事の無い秀逸なストーリーと演技、そして彼らの世界観にすぐさま惹き込む映像によるあっという間の90分であった。

8つのエピソードに分けられたストーリーは、ある日突然死んでしまった主人公の愛香(NATSUKA)が、MARIN演じる死後の世界の住人に「大切な人の涙を三つ」小さなビンに集める事が出来たら蘇る事が出来る。というもの。

ストーリーやシチュエーションこそ珍しい物ではないが、それぞれの場面の感情、状況によくマッチした選曲とダンスで、観客の心にストレートに入って来る素晴らしい物だった。

第七回ARKSTAR公演「愛香の選択」大盛況の内に終了
第七回ARKSTAR公演「愛香の選択」大盛況の内に終了
第七回ARKSTAR公演「愛香の選択」大盛況の内に終了

また、ストリートのみではなくタップダンスでのセッション、ルーティーン。今回この作品を創るにあたってインスパイアを受けたと発表されている「STAND BY ME」ドラえもんの主題歌【ひまわりの約束】がNao10(Highlux)のギター演奏によるKEIN(Highlux)の歌で演奏される等、見せる物のバラエティにも非常に富んでいた。

第七回ARKSTAR公演「愛香の選択」大盛況の内に終了
第七回ARKSTAR公演「愛香の選択」大盛況の内に終了
第七回ARKSTAR公演「愛香の選択」大盛況の内に終了

終演後は涙ぐむ人も多く見られる程であったことからも、彼らのストレートな感情や表現がどれだけ観客の心を掴んでいたかが見て取れる。何よりも一つの作品を自分たちで作り上げた本人達の清々しい笑顔が印象的だった「愛香の選択」。

次なる公演も楽しみである。

また、このARKSTARは来る2015年10月3日に新規のオーディションを行なう模様。
詳細は下記オフィシャルウェブサイトまで。
ARKSTAR Official web site