「ここを改善すれば良かったのか!」イベントには欠かせないフライヤーデザインを見やすくカッコ良く仕上げるための方法


イベントには欠かすことのできないフライヤー(チラシ)。
スタジオやクラブに置いてあったりしますが、カッコいいデザインのフライヤーはついつい手に取ってみたくなりますよね。

イベントの肝とも言えるこのフライヤー。せっかくならば自分で制作してみたいと思うのはイベントオーガナイザーの性。しかしいきなりデザインしてみるもののなかなかカッコ良くいかないなーと思う人も多いのではないでしょうか?

Dewsでは「ここを改善すれば良かったのか!」フライヤーデザインを見やすくカッコ良く仕上げる方法を紹介!今回Dewsが気になったイベントフライヤーは、日本に限らず海外からもこのYouTuberは誰なんだと話題になるほどの影響力を持つダンスムービーカメラマン「nekomon(ねこもん)」nekomonが主催する「Nekomon Ltd」。
前回で5回目を迎えるほどのイベントとなっており、HOUSE MUSICのオールスタイルダンスバトルを主軸にゲストバトラーを迎えた7to smokeや親子タッグバトル、ショーケースなどコンテンツが盛り沢山のイベントです。

多数のコンテンツを凝縮させ、限りある紙の上にイベントへの思いの丈をぶつけて作成した「Nekomon Ltd vol.5」のフライヤーがこちら!

「ここを改善すれば良かったのか!」イベントには欠かせないフライヤーデザインを見やすくカッコ良く仕上げるためには

一体このフライヤーをどのようにしたらより多くの人の目に止まるデザインとなるのか、Dewsのロゴの生みの親でもあるデザイナーが検証。「ここを改善すれば良かったのか!」フライヤーデザインを6つのポイントに分けて紹介していきます!

「ここを改善すれば良かったのか!」イベントには欠かせないフライヤーデザインを見やすくカッコ良く仕上げるためには

「ここを改善すれば良かったのか!」フライヤーデザイン

ポイント(1) タイトルが弱い
イベントの顔なので、わかりやすく印象に残るタイトルデザインを!

ポイント(2) 情報が整理されていない
日時や開催場所とJUDGEの名前が同じくくりに見えてしまい、非常に分かりにくい。

ポイント(3) 顔と名前が一致しにくい
初見の方もいるので、名前と顔は正確に合わせる。
(写真に関して)アー写や顔写真は提供していただいた大事な要素なので丁寧に扱います。顔の寄りで統一する、なるべく写真を切らない、暗い写真は明るく補正してあげる、写真枠のサイズの違いなど、細心の注意を払いましょう!

ポイント(4) 情報過多
伝えたい事が多いのは良いことですが、情報は絞り込む。
または、見出しや本文の文字の大きさを変えてメリハリを出す。(字の大きさが統一されており印象の薄いデザインになっている。)

ポイント(5) デッドスペースをなくす
デッドスペースはデザインのバランスを崩してしまうのでなるべくなしくます。
※デッドスペースとは、有効にいかされていない空間のこと。

ポイント(6) エントリーの情報は分ける
エントリー方法などは、他の情報と性質が違います。同じ流れに置いてしまうのはNG!
料金や参加資格に関わる大切な情報なので、可能であればセパレートしてあげましょう!

「ここを改善すれば良かったのか!」文字のフォントやデザインについて

デザインをしていて特に難しく感じるのは文字のフォントについてではないでしょうか?いろんなフォントを使いたい!グラデーションなどを用いた文字にしてみたい!等、文字に関する悩みは尽きません。ここではすっきり見せるポイントを2つ上げていきます。

文字の装飾について

基本的に文字に装飾はいりません。読ませたい文字であればなるべく装飾を避けましょう。その分、タイトルやコンテンツに装飾を集中させてデザインにメリハリをつけます。

フォントの選択について

遊びの強いフォントは読ませることに適していません。タイトルや大きく印象を残したい「ここぞ!」という所で使います。
1つのデザイン物に対して、使うフォントは3、4個。フォントの過剰使用は読み手を混乱させます。
 
以上、フライヤーをデザインする上で気をつけるべきポイントをあげていきました。そしてこの改善ポイントをいかにしてデザインに落とし込めばいいのか。リニューアルされた「Nekomon Ltd」がこちら!

「ここを改善すれば良かったのか!」イベントには欠かせないフライヤーデザインを見やすくカッコ良く仕上げるためには

では先ほどのポイント箇所と比べて説明していきましょう。

ポイント(1) タイトル周りに主要情報をまとめる
タイトルを強く、イベントに関わる情報を全てまとめます。見る人がどこを見ればイベント情報が載っているのか分かりやすくします。

ポイント(2) 各コンテンツ毎に区切りをつけてレイアウトしていく
各コンテンツ毎にまとめることで、自然とレイアウトがすっきりしていきます。また、限られたスペースも分かりやすくなり、何を引けばいいのかが見えてきます。

ポイント(3) 人名、チーム名を見やすく
人名、チーム名はセンシティブな部分なので間違えないことはもちろん、読みやすく写真としっかりリンクした配置を心がける。

ポイント(4) 文字の大きさで情報を整理する
ここでは「ダンスに卒業はない!!!」と「就活&内定学生も可!」を目立たせそれ以外は文字の大きさを小さくします。文字が小さくても密度が上がるので決して目立たなくなるわけではないです。

ポイント(5) デットスペースを削除
ここでは左に寄せて右側を開けることでバランスが保てます。

ポイント(6) ENTRYは部分は雰囲気を変える
ENTRYは雰囲気を全く変えることで、情報を集中して読めるようにしています。読ませないといけないところはきっちり読みやすいレイアウトをすることで、見る人のストレスをなくしデザインの質を上げるひとつの要素になります。
 

さらにフライヤーをデザインする上で大事なポイント

ポイント(7) イベントのターゲットを分かりやすく
イベントに来て欲しいターゲットが明確にある場合は、分かりやすい見出しやキャッチコピーを付けてあげます。この場合はイベントタイトルの上に「働くダンサー達よ、集まれ!!」と入れるとことで社会人を中心としたイベントだよ、と分かるようにしています。

ポイント(8) 特に伝えたい情報は見た目をシンプルに強調する
「なんと!」や「ついに!」など強く伝えたい情報は枠で囲んだり、文字に装飾を付けて強調してあげます。あまり過剰にする必要はなく、白抜き文字にしたり色を強い色にするなど、シンプルにすることで目立つようになります。

それでは「改善前」と「改善後」を見比べてみましょう。

改善前
nekoneko_white

改善後
nekomon_renew

いかがでしょうか?
全体的にすっきり整理され、どんなイベントなのかがわかりやすいフライヤーになったのではないでしょうか。背景を足したり、文字に装飾してみたりなどはまたここから先の話となってきます。
 
今回デザインを作成したデザイナーからフライヤーを作成するにあたってのコメントがこちら!

フライヤーをデザインする場合、その性質上、いろんなことを詰め込みたくなると思います。この例題のフライヤーは情報を詰め込みすぎて、イベントの特徴が全く見えません。
おそらく頭の中にある情報を一気に書き出したという感じだと思います。これは悪いことではなく、書き出したら情報を整理すればOKです。

この記事をシェアする