長谷川達也(DAZZLE)がLegend Tokyoの振付や審査のポイントをブログで公開!

Category : その他 ,

先日行われた「Legend Tokyo Chapter.6」は規模もさることながら、振付として、またエンターテイメントとして優れた「作品」であるかが問われる他とは一線を引いたコンテストとなっている。

特別ゲストとして2011年の第1回大会で初代王者となった〝ファースト・レジェンド〟の「DAZZLE」(ダズル)が登場。さらに学生コレオグラファー部門の審査とゲストショウを行ったDAZZLEの長谷川達也が振付や審査のポイントをブログで公開した。その一部がこちら。

ダンスコンテストにおいて最も重要なのは「ダンスが上手いか」ということではあります。これは絶対的な条件です。
ただし「ダンスが上手い」ということと「作品が面白い」ということとは、必ずしも一致するわけではありません。

・・・

そんな様々な要素1つ1つをどのように選び、組み合わせるのか、またはどこに重点を置き、磨いていくかなど、振付の形は数限りなく存在し、それらを総合して優れた作品にできるかという、アイデアの結晶が振付師の腕なのだと僕は考えています。

・・・

1つの設定を変更するだけで世界観はガラリと変わっていきますから、表現には、作品をイメージする力と、それを具現化する力、そして、多くの要素を組み合わせるバランス感覚が必要なのだと思います。

引用 : http://dazzle.sblo.jp/article/176497219.html

DAZZLE OFFICIAL BLOGはこちら
http://dazzle.sblo.jp/article/176497219.html

また20周年記念公演「鱗人輪舞 (リンド・ロンド)」を公演するDAZZLE
独特な世界観から多くの観客を弾き続けている彼らの公演も是非ご覧いただきたい。

関連記事