千葉の重鎮「High Bright Times」の15周年イベントが豪華過ぎる

Category : イベント ,

DUP BANNER

先日、千葉のストリートダンスシーンで避けて通ることの出来ない重要チーム、「High Bright Times(ハイ・ブライト・タイムズ、以下HBT)」の15周年記念イベントが行われた。
シーンを永きに渡って支え続けて来た男達の記念日に、東京からも交流の深いダンサーが数多く参加した。

数多のチームがメンバーの出入りを繰り返し、解散や消滅をする中、15年もの歳月を仲間と共にするということは極めて異例と言えよう。
そんな彼らのアニバーサリーを共に祝った戦友達は、Takesaburo(XXX-LARGE.SO DEEP)、Shinji(7DOWN8UPPER.Tokyo beat surf.SPECIAL GUEST)、O-tomo(UNERI+Hermit)、Nao(SO DEEP)、Yoshio(S.A.S)、Kenta(XXX-Large)、一馬(XXX-Large.SPECIAL GUEST)、テル(SPECIAL GUEST)、JOY McRAW(MAIN BLACK)、U(QWAIS)、aranami(9stepper’s)、ARA(Bear Knuckle)、HIKARU(THE ROCK.Valetoo- Doo)、源元(funkrafty)等の錚々たる顔ぶれ。

また、ショーケースにも「いとうなおきからあかいけのりあきまで」等、激レアなメンバーが一堂に会した。

そもそもこちらのイベント自体がHBTの主催であり、2006年から始まった、生バンドを主体にダンスのみではなく、音楽で繋がるイベント。誰もがこのイベント空間ではparadigm(常識)をfunkyにシフトして楽しもうという意味で作ったイベントだという。
イベント中には生楽器によるバンドとのセッションも行われた。

千葉の重鎮「High Bright Times」の15周年イベントが豪華過ぎる
千葉の重鎮「High Bright Times」の15周年イベントが豪華過ぎる

本当の意味で生まれ育った地域やシーンを大切にする彼らのような存在をダンス界は大切にして行かなければならない。

12507492_713353818801838_8214288942316830111_n
10478126_713353882135165_7879595912082980582_n
12509337_713353975468489_4319397288506972691_n
12507516_713353795468507_6320431371412161341_n
12507112_713354625468424_8501398189040581171_n
10367166_713354638801756_428668916157051188_n

Hi-Bright times
TV東京RAVE20014thステージをきっかけにtatsuya.naoki.yoichiで結成されたhiphopダンスチーム。その後5thにてメンバーTDが加入。イベント等を通じてyu-skが加入し5人になる。RAVE20014.5th共にチャンピオンになり、その後DANCE DELIGHT系始め数々のプライズを獲得。その後、各メンバーバックダンサーやイベント等で活動し、いつのまにか15年の歳月を迎える。現在は地元千葉にてインストラクターとしてダンスを楽しむことを教えたり、自らのイベントにて音楽としてのストリートダンスを発信している。最近は5人で踊る事は希になっていたが、この15年のきっかけに関わってきたみんなとスペシャルな時間を共有したいと思いから今回のイベントに至る。