[ダンスからトリッキング、フィンガータットまで]石原プロ次世代スター発掘オーディション 準グランプリに輝いた丞威 (Joey)に迫る

Category : 芸能 ,

DUP BANNER

出典 : http://sarunet.com

昭和の大スター、石原裕次郎さん生誕80周年企画で実施された「石原プロ次世代スター発掘オーディション」。最終選考が25日に行われた。応募総数1万5218人の中から選ばれたのは米ロサンゼルス在住の大学生、神田穣(20)、準グランプリには丞威(Joey)が選ばれた。

丞威は知る人ぞ知るストリートダンサーあのである。オーディションのプロフィールにも特技:ダンス、空手、トリッキング、フィンガータットと書くほどであり、2013年に公開された映画「琉球バトルロワイアル」ではダンスシーンはもちろん、アクロバットや空手での激しいアクションもふんだんに盛り込まれていた。

何を隠そう丞威の父親は、あのTony Tee。日本初のブレイクダンスチーム「ファンキージャム」のリーダーである。家族全員がダンサーという家庭で育ったという。ダンスは遊びでやっていきたい想いから役者をはじめたが、芝居でも勉強しているうちに、ダンスのためになっていき、ダンスも芝居も心から踊れば、人を心から感動させることができることに気づき、自然とどちらもうまくなってったという。

そんな丞威。そのようなダンスをするのか気になるところ。先日行われたTRFのSAM主催のPOWER STATION vol.8ではゲストとして登場。アーティストの声が聞こえてくるような繊細かつ、感情のこもった色気のあるパフォーマンスに多くの女性客から歓声が上がった。ダンスからもその色男っぷりが溢れ出ている。

また、Instagramでも自身のダンス動画を公開。POWER STATION vol.8の時とは打って変わったストリート感あふれるダンスを公開している。

幅広いダンスを踊りこなす丞威。魅力あふれる丞威ダンスが近々に見られるチャンスがあるという。
なんと五月にPaniCrewの植木豪が手がける舞台『WASABEATS』第3弾に出演!

世界一のタイトルをとったダンサー達が集結した“WASABEATS CREW”第三弾となる同公演は今すぐチェック!

関連記事

引用: http://www.tokyo-dance-magazine.com/people/joey/index.html