ダンスニュース

HSDCの関西大会をJUDGEした HANAI、GUCCHON、NAOKIにイベント会場楽屋で突然インタビュー!!


「HIGH SCHOOL DANCE COMPETITION」の関西大会をJUDGEした
HANAI(W.C.O)、GUCCHON(Co-thkoo)、NAOKI(Memorable Moment)にイベント会場楽屋で突然インタビュー!!

2月6日に開催された高校生のダンス部の頂点を決めるダンスコンテスト「HIGH SCHOOL DANCE COMPETITION」の関西大会。

高校生,ダンス部,コンペ,コンテスト,関西
高校生,ダンス部,コンペ,コンテスト,関西
高校生,ダンス部,コンペ,コンテスト,関西

そこに審査員として参加したHANAI(W.C.O)、GUCCHON(Co-thkoo)、NAOKI(Memorable Moment)がイベント終演後に
大会のことや、高校生ダンスシーンに話しているところへ潜入し突然インタビュー!!
HIGH SCHOOL DANCE COMPETITIONにて繰り広げられた高校生達のダンスへの率直な感想や高校生ダンサー達へのアドバイスやメッセージとは?
今後ダンス部で作品を作るにあたって是非とも参考にしていただきたい。

本日の感想をお願い致します。
HANAI:本日はとても充実してて本当に楽しかったです。エントリー数を見た時は「数が多いな〜」と思いましたが、始まると「あ」っという間に終わりましたね。普通のコンテストとは基準も審査方法も違うので、いつもとは違った視点から見ることが出来ました。

GUCCHON:ダンス部限定のコンテストは初めてみたのですが、舞台にかける思いやチーム感が強く新鮮に感じました。なので、最後まで飽きずに観ることが出来ました。優勝チームは隙がなかったです。表情だったり、音楽やパッションなどハマっていましたし、構成も素晴しく鳥肌経ちました。本当に練習してきたんだなぁというのが伝わってきました。

NAOKI:とても楽しかったです。見ていて、各学校がそれぞれ舞台にかける想いや、今日までどれくらい頑張って練習してきたのかが、本当に伝わってきて素敵だと思いました。ただ、落ち着き過ぎてて、もっと若さが欲しかったです。がむしゃらに攻めてくるものが見たかったです。

HANAI:GUCCHONもいっていましたが、優勝チームは踊り・音楽・テンションなどなど、全てがマッチングしてましたよね。踊りから皆さんのプロセスも感じる事が出来、とても良かったです。先生の言っている事をそのままやるチームと…先生の言っている事を十分理解して、自分をもって踊ってるチーム。要は、ただ揃っているチームと、揃っていても個人が生きているチーム…この二つは”ダンス”なのか”ただのパフォーマンス”かの大きな差に繋がると思います。

GUCCHON:先生のフィルターで踊るか、先生のフィルターを通して自分で発散するのかの違いは大きいです。ただ揃ってだけでは何にも感じないので。

高校生,ダンス部,コンペ,コンテスト,関西

ロックチームはいかがでしたか?
HANAI::皆、頑張っていましたね。良かったですよ。ですが、ただ作品をこなしているだけのチームも多かったので、もっと本質的な…”ダンス”という部分を忘れず、リラックスして踊った方が良かったと思いますね。ダンスより、テンションが先にくるチームが多かったので、ダンスの部分が見えてくるともっと良くなると思います。

GUCCHON:僕はPOPをメインでやっていますが、コンテストなどの作品になったときはジャンルに拘るずに見ています。全ジャンルに共通して一番大事なのは、音楽を聴いて踊ることです。誰もが言うでしょうし、誰もが分かってると思うかもしれないですが、当たり前と思わず、音楽を聞いて欲しいです。音楽を聞いて見えてくる物もあるし、イメージもわいてくると思います。間や、止まっている時に自分の身体に音楽を入れておけば、自然と間を作ることが出来ますし、自然と次のカウントに入ることが出来るようになります。これは完璧はないので、全チーム意識をして欲しいです。

NAOKI:大会全体としてのJAZZ系のチームは少なかった気がします。ただその中で2チームもJAZZ系のチームが入賞したのはとても素晴らしい事だなと思ったので、これを機にこれからもっとJAZZチームももっと盛り上がっていくといいなと思いました。あと構成で魅せたりするのはJAZZの強みですが、その中でももっとJAZZの見せ場でもあるターンやジャンプなどのテクニックが出来るチームが出てくると更に作品の幅が広がるんじゃないかと思いました。

高校生,ダンス部,コンペ,コンテスト,関西

今後のダンス部に一言
GUCCHON:16歳から18歳というのは、人生にとって色々と経験出来る大事な時期だと思います。そこで思い切り出来るなにかが皆にとってダンスだと思うので、思い切りダンスに向かって行って欲しいです。あとは恋して下さい!人間、恋をすることによってモチベーション上がります。これにより、自分の気持ちをリアルに表現できるようになりますので、自分に素直に、真直ぐ向き合って欲しいです。

NAOKI:部活での仲間との繋がりを大切にしたり、その仲間と一緒に嬉しさや悔しさをいっぱい経験をして、それが1人のダンサーになったときでも忘れずにどんな形でもダンスを続けていって欲しいです。

HANAI:ダンスは人と人との輪を広げられますし、続けていくことで、人間性や人生観も出るようになります。また、世界観も広がり世界各国で友達もできます。それらを背負うことでまた魅力もでてきます。続けていく事で苦しい時期もありますが、続けていき乗り越えることによって楽しさも出てくるので、是非、続けて欲しいです。頑張って下さい!

高校生,ダンス部,コンペ,コンテスト,関西