ジャスティン・ビーバーのダンサーYUSUKE NAKAIがLIVE秘話を公開!

Category : 音楽 ,

DUP BANNER

J-WAVEサイトの「JK RADIO TOKYO UNITED」にてジャスティン・ビーバーのダンサーYUSUKE NAKAIがLIVE秘話を公開した。

Yusuke Nakaiといえばアッシャー(Usher)、ニーヨ(Ne-yo)など有名アーティストと多数共演している日本人ダンサー。2015年にジャスティン・ビーバーと出会い、The Purpose World Tourではソロパートも担当。

J-WAVE本サイトにてその内容が公開されているのでその一部を抜粋しました。

・いろいろ騒がれているじゃないですか。騒がれているけど、僕が見た感じそこまでというか、普通の少年。僕がジャパニーズだと言うとお辞儀みたいなことをしてくれたり、ほんとにユーモアの人です。人間味のある、いい人ですよ。中身はいい人だけど、いろいろ叩かれちゃうというのがあると思うんです。いやー天才ですね。ダンスだけじゃなくて。彼はほんとに”初めて僕が見た純粋な天才”っていうイメージです。

・スケボーもバスケもサッカーもできる。リフティングとかすごいですよ。いまはジェットスキーみたいなのにはまっているんです。ボードみたいなので水上で遊ぶようなのとかいろいろ。ほんとにすごいアクティブです。だってジェットスキーやったあとにツアーやりますから。バスケやったあとにそのままショーに出たり。

引用 : j-wave.co.jp

「ジャスティンのプレッシャーは毎回計り知れない。”僕は、隣りで踊っていていつもそう感じています。」と語るYUSUKE。天才と言われるからゆえのメディアからの偏見や、プロ意識。そんな中にも青年らしい一面もうかがわせるジャスティンにやはり魅力があるのだろう。

ファミリーとして生活するバックダンサーだからこそ知ることのできる貴重なインタビュー!更に詳しい内容はこちら

j-wave.co.jp

関連記事