「誇り高きストリートダンサーがただのダンス講師に成下がってはイカン」北海道のダンサー刈田順也のブログが話題。

Category :

EXPG AUDITION

出典 : 刈田順也のブログ 「junya karita」札幌ダンサー ジャイロキネシストレーナーより

北海道を拠点に活動し、ストリートダンサーとしてだけではなく舞台公演、ジャイロネシストレーナーとしてなど、様々な活動をみせる刈田順也。
先日彼が、公開した「マジメな話」とタイトルのついたブログが話題となっているようだ。

冒頭「今のダンサーの環境を想う マジメな話」という見出しからスタートする当ブログでは、ダンスシーンが抱える問題について記されている。

一般的にステージでのギャラが発生する事は少なく
スクールでしか稼げないのが、この北海道の現実。
だが、それは北海道だけの話ではない。

ダンス講師ではなく、ステージで稼ぐダンサーの
環境を俺らが作らなければ、次世代のダンサー達も
同じ状況が続いていくのだ。

俺らは、ワガママに勝手気ままに生きてきた。
生きるチカラが俺らにはある。
だが、整備された現代を生きる今の子供達は
ダンスの技術には目を見張るモノがあるが
耐久性は低く、自ら開拓する事は難しい。
引用 : 刈田順也のブログ 「junya karita」札幌ダンサー ジャイロキネシストレーナーより

おそらくどの地区のシーンでも話題になるダンスで稼ぐという話。
もちろんダンスインストラクターも立派な仕事であり講師という職業で生きていくのも素晴らしいことだと思うが、それではなく、ダンスのステージやパフォーマンスで稼ぐにはどうすればいいのか?

ブログ後半には、自分たちだけではなく、後輩や未来を担うダンサーの事を考え、新たな道を開拓していきたいという想いが記されており、SNS上では様々なダンサーが共感しシェアしている様子だ。
すぐに解決できるほど簡単な話でなく、このブログでも具体的に何をしていくかまでは書かれていないが、こういった内容をシーン全体で考えていくことが大切なのでは。気になる方は是非とも彼のブログを全文チェックいただきたい。
http://ameblo.jp/ngindu-crumbull/entrylist.html

またDewsでも【「ダンスで食べれますか?」よく話題に上がるのでお答えします。】というコラムが公開しているのでこちらも合わせてチェック!

「ダンスで食べれますか?」よく話題に上がるのでお答えします。

COMMENT
みんなの声
  1. Dews (@Dews365) より:

    「誇り高きストリートダンサーがただのダンス講師に成下がってはイカン」
    北海道のダンサー刈田順也のブログが話題。 | ダンスの情報サイト Dews(デュース) https://t.co/DlPWT6DCaF