日本におけるブレイクダンスの先駆者風見しんご インタビュー掲載。


出典:redbull

12月3日に愛知・愛知県体育館で開催される1on1ブレイクダンスの世界大会「Red Bull BC One World Final 2016」が開催される。

日本におけるブレイクダンスの先駆者とも言われる風見しんごがRedBullのインタビューに答えた。ヒップホップカルチャーとの出会いや、当時の練習方法、日本の若い世代に伝えたい「ビーボーイ学」など貴重な意見が掲載されている。

第一弾JOMMY、第二弾 浅井隆(アップリンク代表)と、時代とジャンルを超えたB-BOYイズムを訊くインタビューシリーズ『ビーボーイ学』。その最終章となる第三弾は、日本第一世代のB-BOYであり俳優の風見しんごだ。
1983年公開の映画『フラッシュダンス』のワンシーンに衝撃を受け、勢いのままにNYへ。ブレイキングの虜になった風見青年は猛練習を重ね、翌年12月発売のヒット曲『涙のtake a chance』でブレイキングやアクロバットを大胆に取り入れ、お茶の間とエンタメ界に衝撃を与えた。今でこそ知る人は少ないかもしれないが、数多くのB-BOY & B-GIRLに影響を与えてきた、正真正銘のレジェンドB-BOYだ。
最後を飾るにふさわしい、彼ならではのヒップホップイズム、必見!

引用 : redbull

インタビュー記事はRedBull公式サイト
ブレイクダンスがあったから、自信が持てた――風見しんごをチェック!
https://www.redbull.com/jp/ja/music/stories/1331831665512/shingo_kazami?linkId=31640093a

この記事をシェアする