マドンナのプリンス追悼パフォーマンスに賛否両論

Category : 音楽 ,

DUP BANNER

米時間で今月22に開催された〈Billboard Music Awards〉の中で、先月21日に急逝したプリンス(Prince)の追悼パフォーマンスがで行われたが、マドンナ(Madonna)のパフォーマンスに対して賛否両論の声が相次いでいる。

開催前から「マドンナはふさわしくない」、「なぜマドンナだけでやるのか」と批判が噴出。マドンナは80年代にプリンスとの交際が噂され、1989年作『Like A Prayer』で共演したこともあるが、納得できない者は多かった様子。

署名は8000人以上集まったものの、当日は予定どおりマドンナが出演。名曲“Nothing Compares 2 You”を歌い、その後スティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder)がサプライズ・ゲストとして登場、マドンナと共に“Purple Rain”を披露した。

An Epic Moment for Me to sing in honor of Prince with Stevie Wonder☔️☔️. #luckiestgirlintheworld

Madonnaさん(@madonna)が投稿した写真 –

マドンナは、Instagramアカウントで、「プリンスをトリビュートしたいのなら、それが誰であろうと大丈夫なのよ。年齢も性別も、そして人種も関係なくね。彼を愛し、彼にインスパイアされたのなら、それを示せばいい。私はプリンスを永遠に愛している」と反論。

Billboard Music Awards当日マドンナのパフォーマンス前にクエストラヴ(Questlove)がマドンナを擁護。「彼の曲を歌うというだけで勇敢だ」とトリビュート出演することのハードルの高さについて触れ「要は、プリンスが許すだ許さないだの言い合いは醜いからやめようってことだ」とコメントしている。

他にも「マドンナには、“Nothing Compares”のすぐ後に“Purple Rain”っていうだけじゃなくて、もっとたくさんのメドレーをやってほしかった。」「プリンスと近しいアーティストにオファーしてほしかった」などまだまだ議論は続きそうだ。

引用 : bmr