【BBB NAKAMA対談 vol.3】SHINSUKE × けいたんRAB(リアルアキバボーイズ/安田クルー/FOUNDNATION)

Category : オタク ,

全国青春ダンスカップ By GENERATIONS高校TV_シングル

Beat Buddy Boi(以下BBB)が“10月15日から約2ヶ月間にわたり一台のワゴンで47都道府県を周る”という過酷なツアー「NAKAMA PROJECT」 をスタートする。

BBB NAKAMA PROJECT 特設サイト : http://beatbuddyboi.com/nakamaproject-2016

全国の中学高校のダンス部への無料ワークショップやダンススタジオでのワークショップ、学園祭などイベント出演やメディア出演と全国6都市のファンミーティングなどをしながら、全国のファンのみんなと仲間として繋がって行き、まだ見ぬ全国の仲間にも会いに行こう!という企画である。

今回、Dewsと「NAKAMA PROJECT」のコラボ企画として、スタートまでの10月7日〜14日の8日間、8人のメンバーがそれぞれ所縁ある方たちに自らオファーし対談する「BBB NAKAMA対談」を敢行。
第三弾は、個々の活動ではアニソンダンスシーンで劇的な活躍をみせるSHINSUKEが、そのアニソンダンス界の先駆者として支持を集めるけいたん from RAB(リアルアキバボーイズ/安田クルー/FOUNDNATION)をオファー。
異色な二人の意外な出会いとは!?お見逃しなく!

二人の出会い

STAFF
まずはじめに読者に向けて、自己紹介をお願いします。

SHINSUKE
Beat Buddy Boi のSHINSUKEです。
HIPHOPのダンスを軸としながら、最近はバラエティに富んだ活動をしてまして、アニソンで踊ったり、チーム内でもお笑い担当というか、場を和ます担当です(笑)。

STAFF
お二人の出会いのエピソードをお願いします。

けいたん
当時僕、ダンス・スタイル(※2001年に創刊され2014年までシリーズが続いた人気ダンス雑誌)の編集者をやっていて、vol.2からライターもやっていて、“ダンス・スタイル・ジャズ“とかあの時期全部僕なんです(笑)。
それで、元々なにかのショーで雑誌に載ってた時くらいから知っていて、色んなイベントでOverflowを見ていたんです。
そういったチームは取材対象だから、出てきたとき「誰だこいつらは?」ってなって、速攻で見に行ったんですよ。
その当時彼らのようなスタイルがなくて、7DOWN8UPPERっぽさはあるものの、なんか他にはないフレッシュさを感じて、またショーでどの角度から見ても、どっから写真撮ってもかっこよかったんすよ。すべて計算し尽くされているんじゃないかと思うくらいで。

k1

ダンス・スタイルシリーズのDVDが3,4本出て、“ダンス・スタイル・ブレイキン”辺りからディレクターで入ってて、途中からプロデューサーになって、って感じで。
そこで“バトル掲示板”ていう企画をやっていて。どんな小さなバトルでも拾い上げて載ったら嬉しいでしょ?っていう。
当時DANCE DELIGHT MAGAZINEが僕にとって神だったんで、あれに載ると嬉しいみたいな。ああいうのを自分で作りたいって思ったのがクリエイティブのきっかけで、「人の喜ぶことをしたい」って思ってて、それの延長線上でダンススタジオをたまたま経営することになって。
たぶん(SHINSUKEとの)一番最初の出会いは7,8年前くらいのOverflowの活躍が目立ってきたあたりで、スタジオのメンバーのDOWN TOWN BOUNCEのDAIKIってやつと、HOMEBOYのマスヨシが東京にいた時代で、そのときに梅棒のTAKUYAも仲良くて、バトルとか一緒に出てる時に(SHINSUKEを)見て「上手いなあ」って話をみんなとしていた流れで、スタジオの先生でHIPHOPがほしくて、若手がいいっていう会話の中にSHINSUKEくんの名前があがって。
ちょっと(Overflowの)他のメンバーとは1人イメージが違ったんですよ。5人並んでても「なんか面白そう」みたいな。
・・・あ、思い出した!それ千葉のダンスバトルだよ!そこで見て、「この人だ!」ってなったんだ。
実際そこでみたとき、「あら素敵♪(笑)」ってなって(スタジオの先生として)、オファーさせてもらいました。
正直オファーされてどうだった?(笑)

SHINSUKE
その頃まだバイトしてて、ちょうど「ダンス1本で行きたいな」ってタイミングでレッスンも増やそうと思っていたのですごい嬉しくかったですが、そこまで深く想ってくれていたなんて、そのときはまったく思ってなかったです(笑)。
s1
それで、最近アニソンのバトルに出だした時に再会したわけですが、動画でRABは今までずっと見てきていて、やっぱりカリスマなわけですよ。

けいたん
そのシーンで再会するとは思ってもみなかった人達と会えたり昔から知っている仲間がこっち側に来てくれるとちょっと嬉しいですよね(笑)。
自分は異端だと思ってやってきたので。
最近結構ダンス界の方達と会う機会が多くてよく話すんですけど、結局「続けたもん勝ちだよね」って(笑)。

今後の活動や近況

STAFF
お二人の近況や告知などありましたらお願いします。

SHINSUKE
NAKAMA PROJECTが10月15日から始まりますし、その前には徳島(アニソンダンスバトル本戦「A界戦線 vol.3」)もありますし。
今後、バトルもそうなんですけど、「踊ってみた」を本格的にやりたくて。
ニコニコ動画のアカウントを作れないかなって思っていて、バトルじゃなくて動画を見てダンスに興味を持つ人もいると思うんで、それを通してBeat Buddy Boiの活動を知ってもらうきっかけにでもなってくれればいいし。
「スゲー!」と思ってもらえたり、僕もできそうだな、やりたいなって思わせる力もあるし、ダンスをもっとみんなの身近なモノに出来るんじゃないかな?っていう想いもあります。

けいたん
自分は、10月16日に解禁出来る情報がたくさんあるので、16日に、みなさんこちら(下記)までお願いします!それまでブックマークしといて!(笑)
http://abstreem.co.jp/RAB/index.html
k3

STAFF
今後目指したい方向性だったり目標や参考としてるアーティストなどいたら教えてください。

SHINSUKE
今後目指したい方向性は、今僕がやっていることはBBBの中で自分にしかできなくて、そういうものが8人それぞれにあった方が集まった時の力もすごいと思うし、ただの8分の1にならないと思う。
だからこそ自分の活動も平行してやっていきたいですね。それを個人でやった上で何かを(BBBに)持ち帰ってきて、というのをずっとやっていきたい。

けいたん
自分が参考にしてるというか目標にしている人は西川貴教さんですね。
社長だしプレイヤーだしコンテンツも作ってるし、率先して人を助けるし、ああいう風にマイナスを消して「面白い」を選べる人になりたいですね。自分の周りのマイナスも消せる人。

STAFF
SHINSUKEさんは目標や参考としてるアーティストなどはいますか?

SHINSUKE
方向性はさっき言った通りなんですけど、目標とか参考としてる人は特にあんまり考えたことなくて、いないからこそ自分がやってみたいというのもありますし、自分がこの先どうなっていくんだろうっていう楽しみもあります。
s4
とりあえず、今目の前のことを全力でやった結果、自分がどんなやつになるのか楽しみです(笑)。

STAFF
ファンの方へメッセージをお願いします

けいたん
死ぬまで面白いことするから、RABしかり、なんなり、見続けてくれると嬉しいです!

SHINSUKE
僕自身も個人的な活動も始めて、Beat Buddy Boi 8人は色んなヤツがいてみんなが面白いことを今後もやって行くので、どのきっかけで興味持ってくれても良いので、その8人が集まったBeat Buddy Boi っていうのを今後さらに楽しみにしてくれれば嬉しいです!

STAFF
今日はありがとうございました。

BBB NAKAMA PROJECT詳しくはこちらから
http://beatbuddyboi.com/nakamaproject-2016

keitan_%e7%a4%be%e9%95%b7 けいたん from RAB(リアルアキバボーイズ)/安田クルー/FOUNDNATION
株式会社アブストリームクリエイション代表取締役として一企業を牽引しながらも、常に楽しいことを考え、クリエ イティブしている。 無類のアニメ好きが高じて、「銀魂」「戦国BASARA」といった作品イベントの振付する傍ら、「RAB(リアルアキバ ボーイズ)」、「PCF」、「FUNCTION6ch」といったユニットにて、北海道~福岡に至るまでだいたい全ての「アニメ・ まんがフェスティバル」に出演したりしていたが、ダンスの枠には留まらず「CM:日清カップヌードル現代のサムラ イ編」「WEB CM:JAL CLUB EST」「CM:Xperia~この感覚がXperia~「」YAMAHA刊:真・踊ってみたの本」
「CD:#俺的ボカロロックカバー祭り」など多岐にわたる媒体で楽しく面白い提案をし続けている。 最近では「アニメフェスティバルアジア」「ジャパンエキスポ」といったビッグイベントにて、世界各国どこでもDJした り沸いたりしてる。

HP : http://abstreem.co.jp/
Twitter : http://twitter.com/rabkeitan
Blog : http://ameblo.jp/winner-bboy/
a SHINSUKE
世界最大・最難関と言われるダンスの2大大会『DANCE@LIVE』『DANCE DELIGHT』において 優勝経験を持つBeat Buddy Boi(以下、BBB)のメンバーの一人として活動。
ストリートダンス界では初のワンマンライブを敢行しZepp DiverCityなど全国8カ所で4000人以上を動員。その後多くのダンサーたちがBBBのライブを模倣するようにライブを行い、ダンスシーンのパイオニアとして多くのダンサーたちに影響を与える。2014年4月にはUSヒップホップ界の重鎮バスタ・ライムスと、アジア人として初のフィーチャリング作品を発表し、日本のみならず アジアのシーンにも衝撃を与えた。

10歳でジャズダンスに出会い、18歳からストリートダンスを始め今のスタイルに至る。バク転や180°開脚ジャンプなどアクロバットもこなす。メンバーにはいじられキャラとしてかわいがられ、幅広いファンからも親しまれている中、そのキャラクターと趣味を生かし、近年ではアニソン&ボカロダンスバトルイベントに出演。現在連続優勝中のため、その世界でも渦中の人となりつつある。

Beat Buddy Boi オフィシャルサイト : http://beatbuddyboi.com
BBB NAKAMA PROJECT 特設サイト : http://beatbuddyboi.com/nakamaproject-2016