【BBB NAKAMA対談 vol.5】SHUN × ACE

Category : TOP ,

全国青春ダンスカップ By GENERATIONS高校TV_シングル

Beat Buddy Boi(以下BBB)が“10月15日から約2ヶ月間にわたり一台のワゴンで47都道府県を周る”という過酷なツアー「NAKAMA PROJECT」 をスタートする。

「BBB NAKAMA PROJECT」特設サイト : http://beatbuddyboi.com/nakamaproject-2016

全国の中学高校のダンス部への無料ワークショップやダンススタジオでのワークショップ、学園祭などイベント出演やメディア出演と全国6都市のファンミーティングなどをしながら、全国のファンのみんなと仲間として繋がって行き、まだ見ぬ全国の仲間にも会いに行こう!という企画である。

今回、Dewsと「NAKAMA PROJECT」のカウントダウンコラボ企画として、スタートまでの10月7日〜14日の8日間、8人のメンバーがそれぞれ所縁ある方たちに自らオファーし対談する「BBB NAKAMA対談」を敢行。

第五弾は、SHUNが、同じくラッパーであり、フリースタイルダンジョンを皮切りに、飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍をみせるACEをブッキング!
少しふざけた二人のトークや日本で大ブームとなっているラップシーンについてなど、様々に展開される対談をお見逃しなく!

二人の出会い

STAFF
出会いのエピソードからお聞かせください。

ACE
最初はチューリップ組とタンポポ組でね、意識はしてたけど何やねんみたいなとこはあったよね。

STAFF
ではお二人とも大阪ということで(笑)。

ACE
まあ、ブラジルなんですけど(笑)。

SHUN
出会いは埼玉の“戦極MCBATTLE”で、上京してすぐに勝手にエントリーされてて(笑)。
浦和のクラブに場所全然わかんないまま行って、友達もいないから「嫌だなあ」と思いながらエントリー始まるまでずっと一人で列に並んでて(笑)、その時ACEが「流派-R出てますよね?」 って声かけて来て、その一言で助かりましたね。
s3
そのまま自分が声かけられた相手が優勝するというすごい鮮やかな流れだったね(笑)。

STFF
二人はそこでバトルしたんですか?

SHUN
いや、その日は別ブロックで戦いはしませんでしたね。その日俺はきれいに惨敗して、ACEは優勝という(笑)。

ACE
電話番号聞いたんだよね?

SHUN
そうそう。上京してから一番最初に仲良くなった人です(笑)。

日本でブームとなっているラップシーンについて

STAFF
お二人ともラッパーでいて、それぞれの楽曲にフィーチャリングコラボもしてると思うんですが、現在ACEさんがレギュラー出演している超人気番組「フリースタイルダンジョン」であったり、ACEさん率いる“渋谷サイファー”であったり、確実に全国にラップブームがきているなかで、お二人が今のラップシーンに思うことやこだわりがありましたらお聞かせください。

ACE
いい流れだと思いますけどね。
ずっと一緒にやってきた同世代が活躍して、確実に拡げている画が目に見えるのは嬉しいです。
a3
でもやってきていること自体はあんま変わってないよね。やっと、「コレお金になるんじゃないか?」って言う悪い大人達が眼を向けてくれて、で、実際僕らがお金になってるんですけど(笑)。でももっときても(盛り上がっても)いいよね。

SHUN
なんか深いとこにあったものがやっと顔出した感はあるし、確実に若い世代はすごい勢いでパワーつけてきてるし、そこはいいなあと思うんですよね。

ACE
それこそSHUNと出会ったイベントなんて、お客さん20〜30人もいなかったよね?

SHUN
この間も日高君(SKY-HI)と(出演イベントが)一緒で、2日前くらいから「渋谷サイファーに行く」って言ってて、あれだけ人が集まるってなかったから、ブームは来てるなって。

ACE
渋谷サイファーに関してはブームじゃないかな。
あれは頑張って根付かせた。前から集まってはいたからまたちょっと別だね。
一見“ブーム”って見えるけど、結局今ブームになってんのってフリースタイルだよね。特にMCバトルってとこだけで、このブームは俺らが生まれた時点で始まってるんだよ。

SHUN
だから俺もね、フリースタイルはすげえ流行ってるけど、音楽として、HIPHOPとして評価されているわけではないから、そこだけだとできるやつも限られてるし。
s4
でもACEはバランスとれててフリースタイルでも活躍してるし、音源もしっかり作れて、いいクオリティーでオリジナリティーもあって、そういうプレイヤーがでてこないと、確かにラップが今までより(世間に)届いてるのは間違いないけど、俺は“音楽として”、“HIPHOPとして”、今のフリースタイルぐらい一般層に影響を与えたいなって思う。

STAFF
確かに今のラップはフリースタイルにスポットがあたっているけど、ラップってそれだけじゃなく音源であったりとか、まだまだ伸びしろはありますよね。

ACE
Beat Buddy Boiが新しい時代の架け橋になると、この間の名古屋(Beat Buddy Boi、渋谷サイファー両者が出演したHIPHOPイベント「NAMIMONOGATARI#10」)で思いましたけどね。
a1
ダンスがあるからラップ以外でも入り口は作れるってとこで。
そこをコラボしたのってすごいよね。ダンスとラップって意外と近いようでめちゃくちゃ遠いじゃない。実際踊りながらラップするってきつくない?

SHUN
いや、ホントすごいきついよ(笑)。
息継ぎもないし、レコーディングの時はまだ振付けもついてないから気持ちいいようにやってるけど、振りが付いた後「ライブの時にどうしよう」みたいになるけどね(笑)。だからそこのバランスは一人でラップだけやってる時とは全然変わってるね。

ACE
見ててすごいなあって思った。全然声ぶれないし、しっかりラップしてるし、踊ってるし。俺自分のラップするだけで息あがっちゃうけどね(笑)。