【BBB NAKAMA対談 vol.6】SHINTARO×西原有紀

Category : TOP ,

DUP BANNER

Beat Buddy Boi(以下BBB)が“10月15日から約2ヶ月間にわたり一台のワゴンで47都道府県を周る”という過酷なツアー「NAKAMA PROJECT」 をスタートする。

BBB NAKAMA PROJECT 特設サイト : http://beatbuddyboi.com/nakamaproject-2016

全国の中学高校のダンス部への無料ワークショップやダンススタジオでのワークショップ、学園祭などイベント出演やメディア出演と全国6都市のファンミーティングなどをしながら、全国のファンのみんなと仲間として繋がって行き、まだ見ぬ全国の仲間にも会いに行こう!という企画である。

今回、Dewsと「NAKAMA PROJECT」のカウントダウンコラボ企画として、スタートまでの10月7日〜14日の8日間、8人のメンバーがそれぞれ所縁ある方たちに自らオファーし対談する「BBB NAKAMA対談」を敢行。

第六弾は、BBBが、7人時代に配信し、SHINTAROが主演を務めたオフィシャルミュージックビデオ「Catch A Girl !!!」でも共演した西原有紀をブッキング!
実は全国行脚の先輩という事実が発覚!?予想だにしなかった展開に動揺するSHINTARO!今回の対談の是非ともチェック!

二人の出会い

STAFF
お二人の自己紹介をお願いします。

西原有紀
私は色々な活動をさせてもらっているんですが、基本的にはモデル業が多いですね。
img_1373
みんなからは「ゆっきー」って呼ばれていて、ユニットとかもやっているのですが、ムードメーカー的な立ち位置で楽しくやっているので是非覚えてください(笑)。

SHINTARO
僕は、Beat Buddy Boiのメンバーで、来月から全国47都道府県を周ります。・・そのくらいですかね(笑)。

STAFF
お二人の出会いのエビソードは?

SHINTARO
約3年前に「Catch A Girl!!!」(BBBがインディーズ時代にリリースした楽曲)というMVで共演させていただいたのが初対面ですよね。
2
あれはマジで恥ずかしかったなー(笑)。

西原有紀
私も正直めちゃ恥ずかしかったです(笑)。
最後抱き合うシーンもあったりしましたよね。

SHINTARO
そうそう!それがおかしくて、現場に入ってからいきなりハグのシーンからスタートしたんです。
周りにエキストラで自分の後輩とか生徒とかも参加していたので「え?いきなり!?」みたいな。

西原有紀
SHINTAROさん見た目が派手なので怖い人かと思いましたが(笑)、全然そんなんじゃなくて良い意味でギャップのある人だなって印象でした。
あと、個人的には(MVの)仕上がりを見たときに、gash!さんが髪を長くして女装役をしていたんですが、シルエットが私とドンかぶりで(笑)。ちょこちょこ映るのが「わたし?」みたいに思えるくらい似ていて。
むしろgash!さんの方が女性らしくて自分がオカマにみえちゃいました(笑)。

SHINTARO
(笑)!
けど撮影楽しかったですよね。
あの楽曲作っているジュブナイルって、まさかの「PERFECT HUMAN」(RYOの対談相手FISHBOYがメンバーとして所属するアーティスト「RADIO FISH」のデビュー作にして大ヒット曲)の作曲者ですからね。

西原有紀
えー。そうなんですね!知らなかったです。
確かにあの曲キャッチーで楽しい感じに仕上がっていましたよね。

SHINTARO
演技をするシーンが多々あったけど、元々お芝居とかはやっていたんですか?

西原有紀
いや、今でもですけどモデル業がほとんどなので、CMとかでちょこっとやるくらいであの時は全く経験がなかったです。
特にラブラブ系とかは恥ずかしがり屋だったのでかなりの挑戦でしたね。

SHINTARO
でも、前にボディコンラップみたいなやつもやってましたよね?
昔SHINSUKEがやっていた“遠足おにぎりマン”みたいな格好をしていて、すごい面白かった記憶が(笑)。

西原有紀
栗おこわね(笑)。
そういうギャグなやつはすごい好きなんですけど、ラブ系の方が恥ずかしいんです。

ダンスへのこだわり

STAFF
様々な活動をしていますがダンスへのこだわりとかってありますか?

西原有紀
私が本物のダンサーの前でダンスを語るのは恐縮です!!
「Catch A Girl!!!」の撮影現場でもダンスをやってること隠してたんですから(笑)。
・・・うーん、けどチームとかユニットでやってきたことが多かったので、個々の良さとかバランスを大事にしてやってきたってのがあって、あと私は衣装や構成などよりも、とにかくダンスを楽しむことを大事にしてきました。
ダンスがあることで成長したこともたくさんあります。チームでは言いたいことを言い合って信頼関係が作れたり、人間力も高まったと思います。

SHINTARO
・・・ダンスやっていることプロフィールを見てたんでバレてましたよ!(笑)。
僕の中では、今ダンスを2種類に分けていて、スキルだったりをメインとした、例えばバトル向けなどのコアなダンスと、メジャーデビューしてから発信しているファンに向けてのダンス。その2種類を使いわけられたなーと思っています。
自分の中では、“エゴのダンス”と“人に伝えるダンス”との違いで、前者で言うと「おれすごくない?」って自分のやりたいようにダンスをして、沸かせて満足しているダンス。だけど後者の方はお客さんの顔とか反応を見ながら踊れて、「こういう風にやったらどう思うんだろう」とか、「ここで踊りすぎても逆にダメかも」とか、お客さんの感情にあわせてダンスを踊るような感覚になったということがメジャーデビューしてから学んだことでした。
1
実は、10年以上ダンスをやっていても最近までその感覚がホントわからなくて、昔はメジャーアーティストのダンスを見ていても「もっとちゃんとダンス踊ったほうがいいんじゃん?」とか思ってました。
メジャーデビューしてからマネージャーに言われた「人のために踊る」という意味も正直デビュー当時は本当にわからなかったのですが、それもようやくわかったというか・・・。
最近では、DJダンス(BBBデビュー曲「come again」のサビで踊る振付け)も作って踊ったりもしていますが、みんなが真似できて一緒に踊れるダンスを考えるっていうのが、こんなにも難しくて、さらにそれを自分たちで自信を持ってかっこよくみせる、っていうのがこんなにも難しいのかと実感しています。

実は全国行脚の先輩!?過酷なツアーに行っていたことが発覚

STAFF
西原有紀さんの近況や告知など教えてください。

西原有紀
最近は菜々緒さんが出演しているメディキュットのCMにちょこっとだけ出演しました。
あとウエディングのモデルだったりもさせていただいていて、出来上がったものが、池袋のサンシャインの地下通路に大きく出ているので是非お近くに行った際には見てほしいです。

STAFF
NAKAMA PROJECTが始まる上で激励の言葉をお願いします。

西原有紀
実は私も同じようなことをやったことあるんです。
5年ほど前くらいにユニットをやっていて、しかも“BeeBee(ビービー)”っていう名前で(笑)。
ちょっと運命感じました。
メンバー三人で全国を一年間で周るという企画をやっていて、本当に大変でした。

SHINTARO
マジで!?しかもビービー(笑)。
47都道府県全部行ったの?

西原有紀
ほとんど全部行ったと思います。
マネージャー1人とメンバー3人で行って、マネージャーとメンバー1人の、運転できる人が2人しかいなかったので、本当に大変でした。
1
予算も無かったからほとんど車に泊まってたし、髪の毛とかパーキングで洗ったり、夏に車のエアコンが壊れたり、家なき子みたいな生活でした(笑)。女子ですよ女子!

SHINTARO
それはヤバすぎる!(笑)。
もはやNAKAMA PROJECTの先輩ですね!

西原有紀
今でこそ笑って言えますけど、当時は笑えないほど過酷でしたけどね。
私たちは機材もなくてアカペラでやっていたから常に声を張り続けていたんですね。そしたらいつの間にか声がカサカサになって最終的には、声がでなくなっちゃいました。
そして病院に行ったら三人とも同じタイミングで声帯結節になっちゃって。
なので体調管理に気をつけるのと、ケアは早めにするように気をつけてください!

けど、大変だからこそメンバーとの信頼関係も強くなったし、メンバーのありがたみにも気づくことがたくさんありました。
現地の方で応援してくれる人がたくさんいたので、パワーもすごいもらいました。それを信じる力さえあればやりきれると思います。

STAFF
そんな全国行脚の先輩からの素敵な激励を受けて、SHINTAROさん意気込みをどうぞ!

SHINTARO
毎日想像はしていますが、完全に未知なので正直そこまで実感がまだ湧いていないですよね。
けど日本に住んでいる人で47都道府県全部行ったことある人ってそういないと思うんですよ。
3
だから自分の人生においてもいい経験になりますし、戻ってきたときに話せる面白いエピソードや経験談がたくさん出来るだろうなって思います。
今の話を聞かせてもらった上で、よりイメージも沸いたし、不安なこともありますが、とにかく今は楽しみです。

西原有紀
もしきつい状況になったら、私達のエピソードを話してメンバーの気持ちを高ぶらせてください(笑)!

SHINTARO
これは弱音はけなくなったなー!
逆に聞かなきゃよかったかな?(笑)。

一同
爆笑

STAFF
まさかの話も飛び出し、対談したかいがありましたね。
それでは、今後の目標を教えてください。

西原有紀
私自身色々なお仕事をさせていただいてますけど、「自分で可能性を止めたくない」っていうのがずっとあって、いろんなことにチャレンジしていきたいと思っています。
やってみないとわからないこともあると思うからどんどん進化していきたいし、今ある自分を常に高めていけるように頑張っていきたいです。
2
元々安室奈美恵さんをTVで見てダンスをはじめて、人生が変わったというのがあるので、それがなければ上京もしていないですし私もそんな風に、人に影響を与えられるような人間になるのが目標です。

SHINTARO
今やっている活動は、まだまだ上にたくさんのアーティストさんたちがいるんですが、自分たちも頂上からの景色を見たいっていうのが一番ですね。
ようはそれって「売れる」ということに繋がるわけですよね。メンバーもそうだと思いますけど、コンテストに出まくってた時代から、みんな結果が出ること大好き人間なので(笑)、目に見えた結果をだして、支えてくれた人たちに恩返ししたいなっていうのはすごくあります。
けど、その中でも自由でいたいというか、面白い人達って思われていたいというのもあって、この前久保田利伸さんが出ている番組を見ていて、音楽について語っているのがめちゃくちゃ饒舌で面白くて、本格派のアーティストなのに、地元にいるお兄ちゃんみたいに親しみやすい人ってイメージで、僕もそんな風にありたいなって思いました。

STAFF
最後にファンに向けて一言お願いします!

西原有紀
Beat Buddy Boiさんもダンスや楽曲を持っていたり、それぞれのメンバーも他にはないものを持っていますが、私も私にしか出来ない何かがあると思うので、それを追求して芸能活動だったりダンスだったりで自分を表現していきたいと思っています。
とにかくこれからもよろしくね!!って一言ですかね(笑)。

SHINTARO
毎日新たに進化していくと思うので、NAKAMA PROJECTで出会うみんなも、年末戻ってきた時に会えるみんなも本当に楽しみにしていて欲しいです。応援よろしくお願いします。
あとはこの2ヶ月間これだけのことをやって乗り越えれば、人間性、ダンスも含めて必ず大きな変化があると思います。
他にも気づくことが沢山ある旅だと思うので、それをメッセージとしてファンのみんなに伝えていけたらと思っています。

STAFF
本日はありがとうございました。

「BBB NAKAMA PROJECT」の詳細はこちらから
http://beatbuddyboi.com/nakamaproject-2016

%e8%a5%bf%e5%8e%9f%e6%9c%89%e7%b4%80 西原有紀

岩手訛りのポジティブキャラで、さまざまなTV番組出演や、メディキュット、ファーマインドなどのCM出演、UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)のスポーツモデルから都民共済ウェディングモデルまでと幅広く活動。MAN WITH A MISSIONのツアーダンサーの経験もあり、ダンサーとして現在もDJ SHIMAYURI with GOGO FRIENDSやバドワイザーのオフィシャルダンサーとして活動している。
モデル・タレント・歌・ダンス・DJと、マルチタレントとしてボーダレスに活躍中!!
shintaro_bu SHINTARO

世界最大・最難関と言われるダンスの2大大会『DANCE@LIVE』『DANCE DELIGHT』において 優勝経験を持つBeat Buddy Boi(以下、BBB)のメンバーの一人として活動。
ストリートダンス界では初のワンマンライブを敢行しZepp DiverCityなど全国8カ所で4000人以上を動員。その後多くのダンサーたちがBBBのライブを模倣するようにライブを行い、ダンスシーンのパイオニアとして多くのダンサーたちに影響を与える。2014年4月にはUSヒップホップ界の重鎮バスタ・ライムスと、アジア人として初のフィーチャリング作品を発表し、日本のみならず アジアのシーンにも衝撃を与えた。

HipHopの中にPOPとWAVEなどのボディーコントロールを多様したNEWSCHOOL STYLEを持ち味としている。現在キッズチームのプロデュースや振付も行い、プロデュースチームは30回以上の入賞成績を残すなどコンテストに勝てる振付け師としてキッズからの支持が厚い。BBBメンバー内ではムードメーカー。常にメンバーに笑いを提供している。
Beat Buddy Boi オフィシャルサイト : http://beatbuddyboi.com
BBB NAKAMA PROJECT 特設サイト : http://beatbuddyboi.com/nakamaproject-2016