【BBB NAKAMA対談 vol.7】YASS × 才賀紀左衛門

Category : TOP ,

全国青春ダンスカップ By GENERATIONS高校TV_シングル

Beat Buddy Boi(以下BBB)が“10月15日から約2ヶ月間にわたり一台のワゴンで47都道府県を周る”という過酷なツアー「NAKAMA PROJECT」 をスタートする。

BBB NAKAMA PROJECT 特設サイト : http://beatbuddyboi.com/nakamaproject-2016

全国の中学高校のダンス部への無料ワークショップやダンススタジオでのワークショップ、学園祭などイベント出演やメディア出演と全国6都市のファンミーティングなどをしながら、全国のファンのみんなと仲間として繋がって行き、まだ見ぬ全国の仲間にも会いに行こう!という企画である。

今回、Dewsと「NAKAMA PROJECT」のコラボ企画として、スタートまでの10月7日〜14日の8日間、8人のメンバーがそれぞれ所縁ある方たちに自らオファーし対談する「BBB NAKAMA対談」を敢行。

第七弾は、格闘家として活躍している才賀紀左衛門をオファー。対談相手はYASS。専門学生の頃からお互い支え合ってきた二人。異なる舞台ながらも、刺激しあえる仲間・ライバルとして改めて話す二人の男気溢れる対談は必見。

二人の出会い

STAFF
お二人の出会いのエピソードをお願いします。

才賀紀左衛門
出会いは、もともと僕たち同じ専門学校に入って、その学校に寮があってそこも一緒で、たまたま目の前の部屋がYASSの部屋で、初日にいきなり「コンコン」ってノックしに行ったっていうのが出会いですね(笑)それがもう10〜11年前くらいですかね。

01

YASS
懐かしいな(笑)

才賀紀左衛門
ずっと一緒に生活してたんで。

YASS
そこからはほぼ毎日一緒に学校行って。楽しく生活してましたよ(笑)で、紀左衛門がその頃にK-1に出るって話があって。

才賀紀左衛門
でも僕も東京出て来たばっかりで練習場所もなく、練習してなくてどうしよっかな?ってときにYASSにミット持ってもらってずっとそれでやってて。

YASS
紀左衛門のデビュー戦の練習は俺がミット持ってやってたっていう(笑)で、その試合勝ってるからね!(笑)

才賀紀左衛門
そこからYASSに「格闘技やれよ」って言ったりとか「ダンス教えてよ」って言ったりとかいろいろやってましたね。

YASS
あの頃はいろいろ面白かったね(笑)

二人のこだわり

STAFF
紀左衛門さんの格闘技へのこだわりや想いを教えてください。

才賀紀左衛門
僕ちょうどこの前、「RIZIN」っていう総合格闘技の試合があったんですけど(「RIZIN FIGHTING WORLD GP 2016 無差別級トーナメント開幕戦」※取材日の3日前に開催)、元々は立ち技のK-1に出ていたんですけど、今は総合格闘技で。っていうか、東京に今いるのもYASSのおかげっていうか。

僕一回大阪戻ったんですよ。K-1がテレビでやらなくなって格闘技に対して熱が冷めてしまって、そんな中でYASSがどんどん活躍してるのを見て俺もまた頑張りたいなって気持ちが出てきて、でもまた東京行く勇気はなかなかないなって思った時にYASSに相談したら「東京おいでよ!困ったり迷ってるんだったら俺ん家住みながらでも考えたら?」みたいなことを言ってもらって、もう一回しっかりやろうと思って東京に出てきたんですよね。

俺の格闘技に対する想いっていうのは『本当に人に負けないものが一つ欲しいな』と思って、それが自分の中だったら格闘技しかないかな、って思ってて、YASSはダンスにかけてるっていうのを昔から聞いてて、YASSがどんどん活躍していく姿を見てすごい刺激になるし、ジャンルは違いますけどそのおかげで俺もいい意味でYASSに負けたくないっていう刺激になって『じゃあ俺もYASSに負けないように格闘技しっかり頑張らないとな』って思って、良き仲間でもあり良きライバルでもあるみたいな感じですかね。

YASS
紀左衛門が大阪に一回帰った時とかしばらく会わなかった時は、もう本当大丈夫かなー?みたいな感じで正直俺はずっと心配してて、ちょいちょい大阪行った時も一緒に遊びながら「大丈夫か?」みたいな感じで。

その時は「お前の人生だから、そこに(格闘技に)関してはそんなに俺からは別に言わないけど」みたいな感じで言ってたけど、でも電話かかってきた時はホッとしたというか『お前のやるべきことはそれじゃん』って思ったので「東京来なよ」って言って、今こうなってお互いが同じ場所で、同じ気持ちでダンスと格闘技をやってるっていうのはすごい嬉しいですね。

STAFF
YASSさんのダンスへのこだわりは?

YASS
ダンス始めたきっかけはそんな深くはなくて、本当にただ『かっこいいな』とかそんな感じだったんですけど、いろんなことをやってきた中で唯一続けられてたのがダンスっていうだけですね。こだわりっていうのは、ダンスの細かい部分で言ったらたくさんあるんですけど、ダンスをやってるこだわりとか想いっていうのはそんなにはっきりとしたものは別にないですね。

だけど続けられてるっていうのは、『それがもう俺だ』っていうことだと凄く強く思ってます。紀左衛門だったら格闘技が唯一続いてて、「格闘技をやってるお前がお前じゃん」「ダンスやってる俺が俺で」っていう感じで。ダンスをやってるっていう感覚は特にないっていうか、ダンスがあることが人生の一部っていう感じになってるっていう。それが今の自分の生活の一部というか、ほとんどだし。だから本当に、“ダンスをやってる”とか”やらされてる”っていう感覚はないですね。
俺がこのシーンに居ることにも意味があると思うので、限界までリアリティを大事にしたいですね。
それがこだわりですかね。

img_0748

今後の予定

STAFF
近況や、今後の予定があったら教えてください。

才賀紀左衛門
今、「RIZIN FIGHTING WORLD GP」っていう新たな格闘技の団体イベントが始まって、僕の中ではこの「RIZIN」というのにかけてるというか、僕は軽量級なんでこのRIZINっていう舞台で世界一になって、自分が出てるリングを世界一のリングにしたいっていうのがありますね。

まあ自分の腕の回復具合をみながらなんですけど、次は年末12月31日にあるRIZINの大会に出場する予定です。

YASS
僕は10月15日からNAKAMA PROJECTで47都道府県をワゴン一台で周るっていうすごい企画をやるんですけど、ここに踏み込むまですごい時間がかかったっていうか。二ヶ月って短いようで、でもその時間て本当に大事だし、二ヶ月ずっと行ってそれは本当に意味があることなのかな?ってすごい考えたこともあって。

だけど俺も2年前にメジャーシーンに足を踏み入れて、ヒップホップとかダンスを通じていろんな人たちと繋がれたっていうのがあって。紀左衛門とかもジャンルは違うけど繋がってるし、いろんな角度から繋がれてるっていうことがすごい多くて、それもダンスをやってて良かったなと思う大事なことの一つで。

それを考えたらダンスの知り合いだけじゃなくて、いろんな違う角度から仲間を作っていく、っていうのはすごい大事なことなんじゃないかなって結果的に思ったんで、そういう面で47都道府県行っていろんな人と繋がれたら一番自分にとってはいいことかなって思ってます。NAKAMA PROJECTはそれが一番大事かなって思いますね。

“自分たちが行ってただ踊って”っていう感じだったら「東京でやればいいじゃん」って思っちゃうんですけど、“自分たちから行って繋がって”っていうのであれば、自分らから足を運んでいくっていうこと自体が醍醐味だと思えるんで。それが俺のNAKAMA PROJECTに対しての想いですね。紀左衛門にしてもアメリカに2〜3ヶ月行って、行ったからこそわかることもすごいあるわけじゃん。

メッセージ

STAFF
紀左衛門さんからNAKAMA PROJECTに挑戦するBeat Buddy Boiさんに激励の言葉をお願いします。

才賀紀左衛門
僕は格闘技で、YASSはダンスで、っていう違った表現なんですけど、自分の足でいろんなところ周っていろんなファンや仲間とこのプロジェクトをやることによってチームのみんなの絆も深まると思うんで、僕ら格闘技とはまたちょっと違う感じで羨ましいなというか、YASSがいろんなところ行って輝いている姿を見れるのはすごい嬉しいし、すごい良い刺激になるから本当頑張って欲しいし、俺もそれを見て負けずにもっともっと頑張って年末の試合とかも頑張ろうと思うので楽しみですね。

STAFF
目標や参考にしている格闘家さんなどいますか?

才賀紀左衛門
好きなファイターはいますけど、俺がその人の真似したところで俺には俺にしかできないことがあるし、逆に言えばその人の真似したってその人になれるわけじゃないし、俺は誰かの真似をしたくないというか俺は俺でいたいという感じですね。それこそ魔裟斗さんや山本KIDさんや秋山成勲さんなどいろんなカリスマ格闘家は過去にいますけど、それはその人たちだからできたことで、俺はまた違った意味で才賀紀左衛門っていう格闘家の価値を上げてしっかりカリスマになれるように頑張ります。

尊敬してる格闘家もたくさんいますけど、強いて誰か一人名前を挙げるならアンディ・フグですかね。アンディ・フグって勝ったり負けたりする選手ですけど何より記憶に残る選手というか。レイ・セフォーやマーク・ハントやアンディ・フグや。俺の試合見て「面白かったな」「またこいつの試合見たいな」「こいつ何するかわかんねーな」みたいな一瞬も見逃す隙を与えたくないし、人に勇気を与えられる華のある試合をできるファイターになりたいですね。

俺はYASSを見てすごい勇気もらえるし、すごい元気になるし、いい刺激になるから、俺はそれを格闘技でYASSにも「紀左衛門の試合やべーな。負けてらんない」って思ってもらえるようなファイターになりたいですね。

02

STAFF
YASSさんはどうでしょう?

YASS
僕も好きな人とかは勿論沢山いるんですけど、今は、目標とか参考にしてるアーティストとかは特にいるわけじゃなくて。自分を探してるわけじゃないし、“自分を探す”と“自分を創る”のって全然違うと思うので。自分を探すのは(何をするにでも)最初の始めたての時期とかであって。俺たちはもう今自分を創っていく、立ち位置まできてると思うので。まあ、、、そこに行き着くまでがすごく大変なんですけど。笑

目指してる人とかがいる時点で、自分がないというか、自分を探してるってことだと俺は思うので、始めたての人やそういう人たちは、その好きな人の真似をしてもいいんですけど(自分もそうだったから)、“自分を創っていく”っていうスタート地点に立ってから初めてアーティストになれると思うんで。だから今は、目指してるアーティストとか俺はいなくて、いい意味で、“どこにいても自分でありたい”って思います。紀左衛門だったら紀左衛門の戦い方のスタイルがあって、俺だったら俺のスタイルがある、みたいな。そういう風になりたいですね。

だけど、ダンスとかヒップホップのカルチャーを作った人たちを今もこれからもリスペクトしてます。その人たちが(カルチャーを)作ってくれたから今の俺らがいるっていうのがあるので。だけど、誰かに影響を与えたいとかは俺は特に思ってなくて。俺も紀左衛門も少なからず影響を与えてる人間ではあるのかもしれないけど、そこで自分を良く見せようとかも思ってないし「これが俺だから」って言って、好きになってくれる人がいるなら俺はそれでいいと思ってますね。まあそれは考え方とか見方によっては小さかったりするかもしれないと思うんですけど、全体に向けて自ら良く見せるとかは思ってはないです。

才能あるやつにもっと出てきてほしいというか、才能って個性とも似てると思うので、「才能ないから」って言っちゃう人は、違うかなって思います。「俺才能ない」とか思っちゃってる時点で“個性がない”ってことだと思うので、もっともっと自分を出して欲しいなと思います。
自分がそう言っていた側だからこそ、言えるんですけど(笑)。
今後も自分のセンスをもっと上げていく技術と自分にとってのかっこいいとダサいを見極めるセンスを極めていきたいと思います。
問答無用なダンサーになりたいです。

才賀紀左衛門
本当にもっともっと頑張っていきたいと思います。とりあえず今は時間がもっとほしいというか、もっと練習したいし自分を磨きたい。
俺は格闘技以外のことも何でも興味あるから、すごいもっといろんなことを吸収したいし、いろんなこと勉強したいんでとにかく時間が欲しいですね。

暇があればYASSに電話したりしていろんなことを聞いてるんですけど、俺もYASSも別に「頑張ってる頑張ってない」「努力してるしていないは自分で言うことじゃないと思ってるんですよ。それは人が評価することだと思うんで。でも少なくとも俺はYASSをずっと見てて昔からずっと努力してるし、家いるときでもチョロチョロダンス踊ってるし、踊ってばっかいないでもっと服装とか髪型とか気にしろよって思ってたんですけど(笑)、鏡があれば自分のダンスチェックしたりするし常にダンスが生活の一部っていう感じで。

それがYASSからしたら努力してるかしてないかっていったら、やってるのが当たり前だから努力なんて思ってなくて。でも普通の人からしたらすごい努力だと思うんですよね。だから今のYASSがいるんで。才能や天才って言う言葉がありますけど、俺は才能も天才って言う言葉も努力して頑張ったら作れると思うんで。俺はそれを、YASSをずっと見てきて改めて思いましたね。だから俺もそういった意味ではしっかりYASSに負けないくらい練習しないとなって思いますね。

昔から「これから深夜練なんだよ」とか「お前こんな時間から練習すんの?」みたいなこともしょっちゅうあるから。俺も負けられへんなって、『俺も走ろっかな』って思いながら「頑張れよ」って電話切ったりとか。

YASS
俺からしたら紀左衛門の朝7時から練習って『どういうこと?』って思いますけどね(笑)

才賀紀左衛門
そういった意味でもいい刺激になるというか、面白くて。

YASS
いい意味で俺も紀左衛門もアンダーグラウンドもメジャーシーンもなんも関係なくて、そこの境界線を取っ払いたいっていう。
取っ払いたいからってこういう活動をしてる訳じゃなくて、片足づつそれぞれのシーンにどっぷり足突っ込んでるけど、別にどこにいても「俺が俺だよ」っていうか、自分でありたい。

img_0683

才賀紀左衛門
なんかかっこいい男がいいよね。いろんなやつに気遣って、いろんなやつと仲良くなって、いろんなやつにぺこぺこしてっていうのは俺は嫌やし、俺は俺でいたいし。

俺は格闘技を通じて、欲が強いからもっともっと有名になりたいし、もっともっと活躍したい、もっともっとチヤホヤされたいって思うこともあるけど、それを俺は自分の手でやりたい。いろんな友達作って、挨拶しにいったり、それはそれでいいと思うんですけど、俺自身はそれはすごい嫌というか。

まあ応援してくれてる人たちのおかげでこうやって格闘技できてるんで、そういった意味ではもちろん感謝してるんですけど、俺は俺でいたいし自分に嘘はつきたくない。嫌いなやつは嫌いだし好きなやつは好きだし間違ってると思ったら間違ってるし。格闘技を通じて俺はかっこいい男になりたい。

YASS
まっすぐ生きたいですね。俺らのことははっきり言って扱いづらいかもしれないですけど…

才賀紀左衛門
僕らただ純粋なんですよ。ピュア(笑)

メッセージ

STAFF
最後にファンの皆さんへメッセージを。

才賀紀左衛門
格闘技ってすごいすばらしい競技なんです。スポーツとしてもダイエットとしても。もちろん格闘技ってケガの多い競技ですけど、ちゃんとやればなかなかケガをしにくいですし、楽しい競技なんで、俺はこの格闘技をもっともっと極めてもっともっと俺の試合見て『格闘技やってみたいな』って思ってくれたら俺も嬉しいし、もっとこの競技を野球やサッカーに負けないくらいメジャーなスポーツにしたいです。
03
そのためにもやっぱり試合いっぱいして、勝って。格闘技に関しては俺に任せてくれたら大丈夫なんで、この記事を通じて才賀紀左衛門っていう人間にちょっとでも興味を持ってくれた方にぜひ俺の試合してる姿を見てもらいたいと思うんで、応援よろしくお願いします。

YASS
俺も紀左衛門も本当に楽しんでやってるっていうのをわかってほしくて。ダンサーと格闘家っていうのはそりゃあ自由な職業でリスクもありますけど、だけどその中でも俺たちは楽しんでやってるんで。俺ももちろんファンの皆さんを楽しませようとしてやってるんですけど、基本的に俺が楽しいって思ってることで一緒に楽しんでもらいたいんで。俺はただみんなのことだけを楽しませるためにダンスやってるんじゃないんで。

俺も楽しんでるし、それを見てファンのみんなも楽しんでほしいっていう想いがあるんで、つまんないときはつまんないかもしれないですけど(笑)、今後とも応援してほしいというか、俺らと楽しんでほしい。格闘技の試合とかも本人も楽しみながら戦ってると思うし。みんな楽しんでもらえたら、俺らみたいな人が上がっていけるような、その相乗効果があったらいいと思います。

ただ好きでとかじゃなくて、その場所を一緒に楽しんでほしいというか、『俺らが楽しんでることで楽しませたい』と俺は思ってるので、一緒に楽しいと思ってもらえればそれが一番嬉しいですね。

STAFF
本日はありがとうございました。

BBB NAKAMA PROJECT詳しくはこちらから
http://beatbuddyboi.com/nakamaproject-2016

03 才賀紀左衛門
妻にタレントのあびる優を持つ、新世代ファイターの一人だ。幼稚園より空手を始め、07年にはK-1甲子園に出場。その後はK-1MAXの舞台で、同世代のファイターたちとしのぎを削る。14年には総合格闘技への挑戦を表明し、パンクラスのリングでデビューを果たした。K-1で培った打撃を武器に、ここまで総合は2戦2勝の戦績を上げている。関係者が絶賛したと言われるフェザー級離れした打撃のパワーは、一撃必殺の破壊力を秘めているという。
YASS YASS
世界最大・最難関と言われるダンスの2大大会『DANCE@LIVE』『DANCE DELIGHT』において 優勝経験を持つBeat Buddy Boi(以下、BBB)のメンバーの一人として活動。
ストリートダンス界では初のワンマンライブを敢行しZepp DiverCityなど全国8カ所で4000人以上を動員。その後多くのダンサーたちがBBBのライブを模倣するようにライブを行い、ダンスシーンのパイオニアとして多くのダンサーたちに影響を与える。2014年4月にはUSヒップホップ界の重鎮バスタ・ライムスと、アジア人として初のフィーチャリング作品を発表し、日本のみならず アジアのシーンにも衝撃を与えた。

HIPHOPダンスシーンにおいて今最も注目を浴びるダンサーの一人。 国内外約3万人が参加する世界最大級のダンスバトルイベントDANCE@LIVE JAPAN FINALでは2016、2014年とソロ部門にて準優勝。その実力は諸外国でも認められており、ヨーロッパ、アジアなど世界各国でパフォーマンスを披露し、現在もアジアを始めアメリカ、ヨーロッパ他、世界中で常に求められている、まさに今日本を代表するHIPHOPダンサー。Toyotakaと共にEXILE SEKAIとのダンスチーム「FTHEB」のメンバーとしてアンダーグラウンドシーンにおいても活動中。

Beat Buddy Boi オフィシャルサイト : http://beatbuddyboi.com
BBB NAKAMA PROJECT 特設サイト : http://beatbuddyboi.com/nakamaproject-2016