Dews独占インタビュー 振付師 梨本威温


<経歴>
梨本威温(なしもと たけあつ) 10代でジャニーズJr.としてテレビ番組に出演するなど活躍後17歳にして退所し大学へ進学。 大学卒業後、ファッションを中心としたPRエージェントHiRAO INCで立ち上げから7年間勤め、29歳で振付師の道を歩むことを決め退社。 直後振付師集団”左-HIDALI-”を結成。2016年2月に 独立を発表。

左,hidali,ジャニーズ,インタビュー,振付師,梨本威温

本日はお忙しい中ありがとうございます。Dews独占インタビューということで宜しくお願い致します

宜しくお願いします。Dewsめっちゃ見てますよ!

嬉しい!ありがとうございます!振付師としてご活躍される梨本さんを深堀させていただければと思っておりますので宜しくお願いします。まずはじめに、ダンスをはじめたきっかけを教えてください

中学生の頃、家に帰ると兄がいつもMichael JacksonのRemember The TimeのミュージックビデオやMariah Caryのライブで踊るElite Forceを観て練習してたんですね。それを観てかっこいい〜と思い、兄の見よう見真似で僕も踊りはじめました。

中学・高校時代を教えてください

幼なじみが僕のプロフィールを送ったのをきっかけに中3の春にジャニーズ事務所に入りました。入った当初は自宅の庭で友だちと踊っていた程度だったので、入所して初めてのダンスレッスンでは、前で踊る先輩との差にショックを受けました。遊びでやっていた僕のダンスとはレベルが違いましたからね。 それからすぐにコンサートやTV番組などに出るようになるのですが、振付師の先生に僕はもうほぼ毎日怒られるわけです(笑)。振付通り踊っても怒られるので、怒られたくない一心で、怒られていない人たちの様子を見始めました。そうするとだんだん、ダンス以外の、例えばパフォーマンス中の表情や振る舞いが人それぞれ違っていることに気づきました。極端な言い方をすると、ダンスとしては上手くないけど、なんかちゃんとかっこいいんです。それで自分の思う「かっこいい」を意識して踊るようになったら怒られる回数がぐっと減ってきました。中高時代の経験で、ダンスとの向き合いが変われたのは今考えるとラッキーだなって思います。

そこから事務所を辞めて大学に進学をしたんですよね?

はい。高校の後半で事務所を辞めて、とりあえず大学に行こうと軽い感じで進学しました。 でもいざ入学すると、行かなくても誰にも怒られないし、ものすごい時間があるんですね(笑)。だから音楽聴いて踊りに行って帰って寝るっていう生活を最初はずっとしていて、そしたら1年目に8単位しか取れなくて こりゃまずいかも!と焦り始めたんです。それで好きなことなら毎日頑張れると思って、「洋服屋、開こう!」と全然違う方向に一念発起し、勢いで友だちとセレクトショップをオープンさせました(笑)。
なので、僕の大学4年間は、勉強とは無縁で、洋服屋を切り盛りして、夜はクラブで朝まで踊りっぱなしという毎日でした。いつも気になるアーティストやDJをチェックしてフロアに人がいなくなるまで踊っていました。その頃に出会った音楽や人や価値観が今の礎になっています。

学生時代に何の人脈も経験もないところからお店を持つって凄い発想だと思うのですが、更にそれを実現させてしまうんですね。そのあとすぐ転職されたんですか?

そうですね、店を持ったのは完全に勢いです(笑)。 大学卒業を間近にして閉店をするというときに、とある方がお店まで来てくれて、ファッションの世界でPRを本気でやってみないかとお誘いくださいました。それが、29歳に振付師として歩み出すまで、ずっとお世話になっていたHiRAO INCの平尾香世子さんで、今でも事あるごとに報告連絡相談をする姉的な存在です。

その間、ダンスとは離れていたのですか?

いいえ。18歳の頃から去年までレッスンは持っていました。週1でずっと。 また、好きなDJやアーティストのイベントには変わらずにずっと行っていたので、ダンスシーンとは違うところで好き勝手踊っていました。 職業は全く関係なかったですがダンスは生活の中にずっとありました。ただそれを仕事にするという感覚は当時なかったですね。

PR会社を離れ、ダンスで身を立てようとされた理由は何ですか?

そんな生活を送っていたある日に、コム・デ・ギャルソンの方に、小野寺修二さんの舞台を勧められて観に行きました。そこで脳天打ち砕かれるくらい衝撃を受けたんです。それを見て、自分のダンスやアイデアも形にしたいと思い始めました。PRの仕事で得た経験や楽しさは、これからの創作活動に全部ブチ込めると思い、お世話になったPR会社を辞めました。今後の人生はダンス、と決めたのが理由です。

左,hidali,ジャニーズ,インタビュー,振付師,梨本威温

これまでの経歴がとても面白いというか・・振付師としては非常に珍しいパターンのような気がしてならないのですが(笑)。退社されるにあたり、何か仕事の目処があったのですか?

特に次のことも何も決まっていませんでした(笑)。退社する直前に小野寺さんのワークショップがあると知り、1週間のクリエイションワークショップを受けました。

そのワークショップでは具体的に何をするのか教えてください

1週間毎日違う内容なのですが、基本的には、小野寺さんがお題を出して受講生が「動き」を作っていきます。そこで作った「動き」を小野寺さんが見て、「こう変えてみて」って教えてくれるんです。作る、教わる、直す、という作業を通して最終的に小野寺さんが1つの作品にしていくワークショップです。

1週間毎日通うワークショップって興味深いですね!

そのワークショップの最終日にショーイングというのがあって、1週間の成果をお客さんに見せるんですね。そこに、GRINDER-MANの方が見に来られていて「君が踊っていたダンスはなんていうの?」と声をかけていただきました。その時は「わからない」と答えました(笑)。興味があったら次の公演に出て欲しいと言われて、それが会社を辞めてはじめての仕事になりました。

GRINDER-MANに所属されていたのですか?

いえ、所属はせずに作品ごとに呼んでもらっていました。時にパフォーマーとして、時にアシスタントとして活動に参加する形です。 その内の1つにWORLD ORDERのライブ演出があり、そこで野口量と今井悠と出会い、1年後に3人でHIDALIを結成しました。

HIDALIは振付業界で新しい角度から突然頭角を現した印象があります。アーティストはもちろんのこと、教育番組からCMやイベントまで幅広く手掛けられてきましたよね

そうですね。HIDALIのメンバーは全員ダンサーですが、音楽の鳴らない場所にも「振付」を提供する姿勢が最初からあったので、それが幅広い活動に繋がっていったのだと思います。

話題の振付作品を次々に世に出されているイメージが強いです。具体的な事例をお聞きしたいのですが、例えば嵐の振付はどのように作っていくのですか?

これは嵐に限らずですが、ダンスの振付を作ること自体は一瞬で、それよりも振付に着手する前に完成の絵を決める時間が一番カロリーが高いです。
振付師は、誰がいつどこでどんな衣装で踊るのか、それを誰がいつどこから観るのか、その条件でどんなファンタジーが作れるのかを考えます。
それを考えないで作ると、かかっている音楽のまんまな振付になってしまいます。僕たちの仕事は「音楽」に合っているだけの振付じゃなくて、ファンクが流れているのになんか『海行きたい』って思わせるにはどういう動きがいいのかっていうことを作る事だと思っています。だから振付の時には、何も考えずに音に対してアプローチはしないようにしています。
余談ですが、例えばJUDY AND MARYの”そばかす”を振付すると振付師の技能ってわかるなーって思います。バンドでもう絵が完成している中で、そこにダンサーを付けて良い絵を作れたら、その振付師は魔法使いだって思います。僕なら、YUKI 1人の絵を選んじゃいます(笑)。

なるほど。振付師ならではの視点ですよね。HIDALIを結成されてすぐに公開した“グリーティング”というシリーズも面白い試みですよね。1番初めの作品である「残暑お見舞い」を見た時は衝撃的でした(笑)。それと“THANK YOU VIDEO”。企画のきっかけを教えてください

きっかけはシンプルで、例えばお中元とか残暑見舞いの便りとか、夏の挨拶をビデオにしようっていうのが始まりでした。それで、これをシリーズ化してグリーティングカードの変わりに送れる(&贈れる)ビデオにしたら楽しいよねってスタートしたんです。

残暑お見舞い>

観た人が、そのテーマの日を楽しい気分で迎えられたらいいなという純粋な思いで作っていました。
HIDALIのミカコと一緒に作った自主制作”THANK YOU VIDEO”もきっかけは同じで、ブランドのKENZOからキャップをプレゼントしてもらったので、じゃあお礼に手紙のかわりにビデオを作ろうってスタートしました。

Thank you video : KENZO>

動画公開にあたっては、再生回数とかシェア数とかは全然重視していなくて、それよりも業界で面白いコトを作っているクリエイター、またはクリエイターを探している方々にピンポイントで届けることが重要だという戦略的な思いも持っていました。
HIDALIの「振付」と「振付の使い所」で、より積極的にあなたのクリエイティブに関われますっていう意思を示そう!と、強気な姿勢は当初からみんなありましたね(笑)。

制作秘話があれば教えてください

Thank you video : KENZOは、本当はもっときれいに字が描けているものもあったのですが、それより動きがクリアな方にしようってHIDALIのミカコが言ったので賛成しました。
クリスマスの時にも同様のコトがありましたが、上手に出来ているものがあっても、少し甘い出来だけれども観ている人に伝わりやすい方を採用します。

そうしたなか、HIDALIで様々なご活躍をされている印象でしたが、先月突然独立宣言をされましたよね

はい。 僕は、チームとして活動するのはHIDALIが初めてだったんですよ。チームメイトからは本当にたくさん教わりました。 活動していくうちに、自分1人では作れないこともHIDALIのみんなとやれば作れるのがここ3年間で分かり自信につながりました。ここからの3年間は、自分自身のクリエーションを、きちんと見定めたいと思い、修行するなら今だとメンバーに独立の相談をしました。もう1度ひとりになり言い訳もできない環境で自分の力量を試し、まだまだ学ぶ必要があると強く感じています。

なるほど。自分を良い意味で追い込むための決断だったのですね。突然ですが尊敬する人はいますか?

身近な存在として、HIDALIのメンバーは尊敬してますね。量さんに誘われなければ、チームで活動するってのは考えなかったと思います。
あとは振付師のダニエル・エズラロウ。 作るもの全部好みです。
ミカ・ロッテンバーグという現代アートの作家も惹かれます。作品を観た時に「めっちゃわかる、けど俺はここまで届いてない」と嫉妬しました(笑)。
映画監督のエミール・クストリッツァも大ファンです。好きすぎるので、なにかを作ってる最中は影響受けちゃうので観ないようにしてます。

左,hidali,ジャニーズ,インタビュー,振付師,梨本威温
参考に見に行く舞台やイベントなどありますか?

面白そうだと思ったら観に行きます。 今年でいうと・・元旦に十条の篠原演芸場で大衆演劇の一見劇団を観ました。とても良かったです。あとは小岩のスーパー銭湯の宴会場で観た劇団荒城。荒城蘭太郎という20歳の役者さんが作った初音ミクの作品はぶったまげました。会場の雰囲気含めで 非日常 を感じれる空間が好きです。

今のダンスシーンについて感じることはありますか?

ダンス人口が増えているので、面白いダンサーが沢山出てくるんだろうなとワクワクしています。

例えばそんなダンサーに会っていますか?

素晴らしいダンサーは上の世代にも下の世代にも本当にたくさんいます。下の世代だと、BOO、YULI、NAOTO、No:Z、つとむ、ジェネス、イトくん(京都 Beat StronG)、他にもたくさんいますが、ユニークだなぁーって思います。

POPとかアニメーションダンサーが多いですね

そうですね(笑)。BOOって言ったら しりとり的にみんなの顔が出てきました(笑)。

それでは最後に振付師として必要なことは?

愛嬌ですね!!!

それってどの仕事でも必要ですよね!(笑)

ですね!ただ作品に愛嬌は必要です。攻撃的でも難解でも暗い作品でもいいのですが、どこかで観ている人に笑いかける優しさは持っていたいですね。

まだまだお聞きしたいことは沢山ありますが、果てしなく続きそうなのでこのへんでやめておきます(笑)。振付師として人生を決めるまでの経歴がとても面白かったです。そして今後益々ご活躍されることを期待しています!本日はお話しいただきありがとうございました。

ありがとうございました!楽しかったです。今後も頑張ります!!

左,hidali,ジャニーズ,インタビュー,振付師,梨本威温

【プロフィール・経歴】 1982年埼玉生まれ。ファッションと現代アートを主軸にしたPRエージェント 「HiRAO INC(※1)」の創設メンバーとして7年間ブランディングに従事し、 2011年にフリーの振付師としてキャリアをスタート。 WORLD ORDERのライブ演出チームに参加し、その後野口量、今井悠と共に左HIDALIをスタートさせる。 嵐をはじめとするアイドルや、国内外有名ブランドなど第一線で活躍するアーティスト及び企業らとの経験を元に、多くのMVや映像作品、ドームやスタジアム規模のライブイベントを成功させる。また振付作品には物や場所を巻き込む手法にも定評がある。 「動きの芸術」とも云えるファッションと動きの融合や、観客に驚きと 喜びを与える「目に楽しい」アイデアの引き出しに長けており、商業 /文化/性別を超えた複合的な視点を持っての作品作りが得意。
(※1)HiRAO INC: KENZOやMARNI, AUDIなど世界的ブランドのPRやイベント、 コンセプトブランディングを行う日本のPRエージェント。
Twitter> https://twitter.com/nashitake?lang=ja
公式サイト> http://takeatsunashimoto.com/

この記事をシェアする