ダンスの新たな可能性へ、OBA(Rhythmalism)がドラムとのセッションを披露。その想いとは

Category :

DUP BANNER

独特な発想力とそれを表現する間違いないスキルでコンテストやバトルで活躍をみせるRhythmalism。昨年行なわれたダンスコンテストTOKYO DANCE DELIGHTでも三位に入賞し、久しぶりにみせた本気パフォーマンスは話題となっていた。
そんなRhythmalismのメンバーであるOBAが、BoAのツアードラマーでもある神田りょうとのセッションを披露し、その動画が公開された。

これまで紹介してきたダンス動画とは極めて異質なものとなるこのパフォーマンスには、一体どのような想いが秘められているのだろうか?OBAのダンサーとしてのその先とは?今回、DewsではOBA本人にインタビューすることに成功した。

・このような試みをしようと思ったきっかけ
父がドラマーということもあり、ダンスを始めた当時から生演奏での踊りは身近にありました。そこから本格的にダンスを始めてから既存の音楽でのダンスが当たり前になっていきましたが、そこには根源にあるライブ感、即興感の空気はありませんでした。ストリートダンスを踊る上で、音楽は欠かせません。更には音楽の醍醐味の1つにライブがあります。即ち生演奏です。そしてダンスはライブによる体感が全てと言っても過言ではありません。しかし最近では動画の普及により様々なダンスの可能性が広がりをみせています。そのなか、僕は改めてダンスの根源にある[体感]の必要性を感じ、既存の音楽ではなく生演奏による極めて体感性が強い試みとしての“ガチセッション”を再始動しました。

・このセッションから何を伝えていきたいか
10年前からTAPとのセッションやビートボックスとのセッションをしてきたため往来の即席セッションの域を超えて、セッションでしか成し得ない境地を感じ初めています。もちろんセッションとは今すぐに出来るものなのですが、ジャズトリオを例にすると分かりやすいように互いの表現の出会いを深めれば深める程、ただの即席セッションから徐々に見せ物としてクオリティが上がっていき、新たな分野としての境地に到達すると感じています。
僕自身のダンスの可能性をどこまで追求できるか、その事を深く考えていた中でダンスの本質の1つにコラボレーションがあると再認識しました。
それは、ストリートダンスですと音楽がないと踊れない、そして身体表現においてもその場その空間に影響を受けています。絵画や音楽等の表現全般にも言えてるのかもしれませんが、ダンスは形に残りません。ダンスというのは表現分野のなかでも唯一、作者と作品が同じです。即ち、ここにある身体1つで成り立つ芸術表現であるが故に、身体表現というのは必ず音楽や更には空間そのものと、何かしらの環境に依存しています。
なので、僕自身のダンスの可能性を追求する上で自身の身体性を追求するのと同時に、様々な分野とのコラボレーションによる可能性開拓が必須だと感じています。
今回はダンサーにとって身近であるミュージシャンとのコラボですが、これからは最早これとコラボするの?!みたい次元での新たなコラボレーション(舞台映像とか3Dとかじゃありません)に挑戦してダンスの可能性を発信し追求していきたいと思っています。

・今後の活動内容について
今後においては、ドラマー神田りょうとは引き続きダンスとドラムの可能性を追求していき、さらにビートボクサーTATSUYAとも長年セッションしてきたので今年は更なるセッションへと昇華させたいと思っています。そしてミュージシャンとのコラボレーションはもちろん、例えば工事中ランプの回っている光をリズムとして例てガチでセッションするとか、画家とのコラボレーションなど、その場、その瞬間でしか生まれないコラボレーションに挑戦していきたいと思います。
それこそライブで見て頂くのが一番なのですが、その挑戦の様子は、最近作った僕のYoutubeチャンネルと僕のオフィシャルサイト (1/18リニューアル予定)でも配信していきたいと思います。
今年もダンスとバッチシ手をとって荒れ地にあるハウルの城レベルに突き進みたいと思います。めちゃ楽しみです。


l1010511OBA / 小畑 大輔 (Rhythmalism)
1986年4月1日生。鎌倉市腰越出身。NewYork BroadwayDanceCenterに2年半留学。
留学時にPOP DANCEのパイオニアJazzy Jに出会いPOP DANCEを始める。Jazzy Jのダンスチームメンバーとして認められアポロシアターにも出演。
TokyoDanceDelight優勝、GenevaUniqueBattle総合優勝など国内はじめ海外でのダンスバトル・コンテストにて数々の優勝を果たす。

POP Danceに裏付けされた空間を切りとるような瞬息な踊りに加え、型に捉われず予測不可能な展開により好評を得る。
2010年に渡豪。ストリートパフォーマンスにて旅費を貯め世界を旅する。
旅から帰国した後、自身の身体でしか成しえないダンスを追求し始める。
近年では、高原伸子・東海林 靖志・KUMAらとの共同作品を発表し好評を得る。
2014年8月にはベトナム ハノイにて開催されたダンスバトルに日本代表審査員として参加し、TV出演やワークショップを開催するなど国内外で活躍する。
2014年10月〜11月に円覚寺 佛日庵にて開催されたKAMAKURA DANCE FESTIVALを主催。鎌倉ダンスフェスではソロダンス公演[ SoulFire〜貴方の魂に飛び火する〜]を発表、超満員御礼大盛況のうちに終演する。

オフィシャルサイト
(http://obadance.com/

YouTubeアカウント
(https://www.youtube.com/channel/UCKG_bMrvg-pHkl20gUYVJdg/feed)