卒論にRAPのミックステープ! 名門ハーバード大学が学位論文として認めたことが話題に。

Category : その他 ,

DUP BANNER

世界的に名門とされるハーバード大学にて、学生によるRAPのミックステープ作品を学位論文として認めたことが話題になっている。今回RAPのミックステープを提出し話題となっているのは20歳の学生オバシ・ショウ(Obasi Shaw)。『Liminal Minds』というミックステープを1年以上かけて制作。母親に「ラップの卒論を書いてみたら」という助言が今回のきっかけになったという。

海外メディアThe Telegraphによると、テーマとして掲げられているのは「現在のアメリカが抱える人種問題」。それに対し10人の異なるキャラクターの視点をラップで表現し迫っていくが、論文は英文学の古典「カンタベリー物語」にもインスパイアされものになっているという。

卒業後はグーグルに入社し、ソフトウエアのエンジニアとして働く予定だが、音楽への取り組み方は今後も趣味として続けるとのこと。彼が卒業論文として公開した作品はsoundcloudで彼のsoundcloudで無料ダウンロードできる。

COMMENT
みんなの声
  1. Dews (@Dews365) より:

    卒論にRAPのミックステープ! 名門ハーバード大学が学位論文として認めたことが話題に。 | ダンスの情報サイト Dews(デュース)
    https://t.co/C6wpAZCAA5