Category : その他 , キッズ ,

【ダンサーあるある】正しい「踊れ!コール」への対処のススメ(KIDS編)

line@友達登録

この記事を全てのダンサー諸君に捧ぐ。

「ねえねえ君、ダンスやってるんでしょ?ちょっと踊ってよ」

「おっどっれ!おっどっれ!(あ、そーれ)おっどっれ!おっどっれ!」

こんなシチュエーションで困ったこと、あるのではないですか?
お相撲さんで言ったら「四股を踏め!」、マラソンランナーで言ったら「ここで走ってみてよ!」、エジソンで言ったら「今何か発明してよ!」と言われている様なものですよね。
場合によってはバカにされているとすら感じることもあるでしょう。

でも安心して下さい。彼らに敵意は無いのです。

そんな時にこの記事を読んでいれば至極スマートな対処が出来ることでしょう。
今日はKIDS編でのエピソードをお届け。尚、シチュエーションは筆者的にロールプレイングしたシナリオというだけで、あくまでフィクションです。
実在の人物、団体、事件などにはいっさい関係ありません。

登場人物
・A君(お調子者の友達。決して悪い奴ではない)
・Bちゃん(所謂ミーハーな、クラスで5番目位に可愛い女の子)
・あなた(ダンサーを目指す小学6年生)

エピソード1(KIDS編)
ある昼下がりの教室、同級生は校庭でサッカーを楽しむ中、君は次のバトルに向けて音楽プレイヤー片手にイメージトレーニング。
(次こそ…次こそは勝つんだ。そうか。こういうビートの場合はこんな音の取り方をすると面白いかもしれないぞ。よしよし…)

すると不意に肩を叩かれイヤホンを外す君…
見上げるとそこにはクラスの中ボス的な存在、A君の姿が。

A君「おいお前、ダンスやってるんだってな?ちょっと踊ってみろよ!」

Bちゃん「どんなのやってるのー?えー踊ってよー!」

皆「おっどっれ!おっどっれ!」

いやー、絵に描いた様なシチュエーションですね。気まずい!気まず過ぎます!

正しい対処のススメ
ではここでこんな時の対処の仕方を4段階に分けて説明しましょう。ハードルの高い難しい物が正解とは限らないという、人生に於いて考えてもとても良い例だと言えます。

①難易度★☆☆☆☆「やんわり断る」
踊れコール
*「ごめん、ボク…そんなに大したことないから見てもつまらないよ。」

A君「ちぇ、なんだつまんねーのー」
Bちゃん「えーケチー!」

意外と断ることは簡単ですが、クラスメートからノリが悪い奴というレッテルを貼られる場合があります。普段の自分のキャラと照らし合わせ、一番簡単な選択をして良い物か熟孝しましょう。シチュエーションによっては、乾いた笑いを数秒〜10秒程行なうだけでも同様の効果が得られる場合があります。
※いってるいみがわからないよいこのみんなは、おかあさんによんでもらってね。

②難易度★★★☆☆「踊ってあげる」
踊れコール

*「えーっ?そんな大げさに人に見せるものでもないんだけど…」
と言いながら半笑いで得意ジャンルの象徴的な技を披露。

A君「お前、すげえじゃん!今度俺にも教えてくれよ!」
Bちゃん「かっこいー!今度見に行きたいー。」

おや、どうしたことでしょう?クラスメートの反応が良いですね。ここでポイントとなるのは「半笑い」と「象徴的な技」という所です。決して過度にドープにやり過ぎない様、普段の自分のキャラと照らし合わせ熟孝しましょう。特に二重アゴ、目の見開き等は「ガチ」と受け取られて相手がひるむ場合があります。
※いってるいみがわからないよいこのみんなは、おかあさんによんでもらってね。

③難易度★★★★☆「ガチンコ」
踊れコール
ここに言葉は最早必要ありません。まずは立ち上がり、歯を食いしばり片方の唇だけ釣り上げます。曲が流れていないのに「あーこの曲やべえ」の動作から入ります。
そしてクラスメートをダンスバトル全国大会の決勝の相手だと思ってただひたすらに踊るのです。ムーブの最後には意味も無く「来いや!」のポーズでキメます。

A君「ちょ…おま…えっ?」
Bちゃん「びええええええええええんん(泣)」

あらら。A君はドン引き、Bちゃんは泣いてしまいました。決してあなたのアツ過ぎるハートが伝わって涙しているのではありません。ある種パニックになっているのです。このように、ガチンコだと自分の表現が出来る代わりに色々な物を失う可能性があります。よほどハートの強いお子さんじゃ無ければオススメ出来ません。
※いってるいみがわからないよいこのみんなは、おかあさんによんでもらってね。

④難易度★★★★★「ダンス界をわかってもらう」
踊れコール
*「ダンスの世界ってさ、踊ることでご飯食べていく世界だし、それぞれ背負う物があったりして、人生かけて本気でやってる人が沢山居るからそんなに気軽に踊れって言って欲しくないんだ。え、有名に?…そりゃなりたいさ。ただ、目立つ為にはプレイヤーとしての経験とか知識とかも凄く必要な要素で、先輩達が何をして来たかもちゃんと学ばないといけないんだよ。好きなアーティストのバックダンサーという道もあれば、ファンビジネスの側面もある。ダンサーはすぐ会いに行けちゃうから熱狂的なファンが付き辛いってよくいうけど、そんなやり方で成功しているチームだって居るんだよ。資格の無いものだからプロっていう線引きが凄く難しいんだけど、人と違うアイデアやプレイスタイルを持っていればのし上がれる可能性がある素晴らしい世界なんだ。だからこそ僕らはダンスの価値をもっと上げて行かなければならないんだよ。わかってくれるよね?ほら、段々僕に踊らせるのが申し訳なくなって来たでしょ?」

A君「そ、そうだな。あ、ああ…わかったよ。」
Bちゃん「あ、私友達と約束あったから行かなきゃ…またね。」

…難儀な渡世にござんす。事実を語ることが常に正解とは言えない、東京砂漠の縮図と言えます。あなたが個人的に憂いていることを決して人に強要してはいけません。相手が何を考えて何をしたいのか?色々な事が先読み出来る大人になりたいものですね。
※いってるいみがわからないよいこのみんなは、おかあさんによんでもらってね。

いかがでしたでしょうか?第一弾は「KIDS編」でお送り致しました。
このような出来事に覚えがある人も無い人も、ここにこんな記事があったなと頭の隅にでも置いておくと、そのうち良い事があるかも知れません。

こちらは続編と致しまして「カラオケ編」「某有名ダンサー編」と続く予定です。そちらの方も是非楽しみにお待ち下さい。

《かなり・えずき》