Rの法則にて晋平太が思いが伝わるRAPの作り方を伝授!JKが普段言えないことをラップで伝える。

Category : JK , その他 ,

line@友達登録

クラスに一人はラップをやってる人がいるという最近の高校生。
街頭インタビューでも「普段言えないこともラップならいえるかも」との回答が続出。

ゲストに晋平太が登場!RAPの極意とは「思っていることをリズムに乗せて」つたえることだという。

rap
出典:http://www.nhk.or.jp/

番組のゲストとして登場した光浦靖子もRAPにチャレンジ!「最近出会った気になる男性に言いたい」こととは

もっとも本音が言えない相手は親だという高校生。番組の最後には街角で偶然出会った女子高校生が母親に感謝の歌を届ける。そこで晋平太が「思いが伝わるRAPの作り方」を伝授!!

rap
出典:http://www.nhk.or.jp/

その1 自分の気持ちをまとめる
まずはRAPなど意識せずに素直な文章を紙に書いてみる。

その2 作文を4つのパートに分割
先ほど作成した作文を4つのパートに分割。4行ずつの歌詞をにすれば合計16行のRAPに。

その3 キメどころで韻をふむ
「パワフル」「カラフル」などキメ所で韻を踏むと歌詞が印象に残りやすい。

その4 「例え」を入れる
例えを歌詞に入れると、表現が豊かになり、RAPらしい歌詞になる。

思いをRAPに乗せて伝えた結果は!!

rap
出典:http://www.nhk.or.jp/

番組詳細は「Rの法則」公式サイトをチェック!!
http://www.nhk.or.jp/rhousoku/

関連記事