SMAPに引き続き、イギリスの人気バンド「ワン・ダイレクション」も解散か

Category : 芸能 ,

先日、新聞、ネット、TVと様々なメディアで取り上げられ話題を呼んでいた国民的人気グループSMAPの解散騒動。
日本人としてはショッキングな出来事ではあるが、なんと今度はイギリスの人気バンド「ワン・ダイレクション(One Direction)」が解散すると、米USウィークリー誌最新号が明かした。

以下日刊スポーツより引用

 昨年11月にも解散の噂が報じられたが、ナイル・ホーラン(22)が米情報番組エンターテインメント・トゥナイトのインタビューで否定し、「解散はしない。友人や家族に会ったり、過去数年間でやって来たことを振り返る時間を作っているだけ」と語っていた。

 情報筋によると、昨年3月にゼイン・マリクが脱退している同バンドは、昨年10月にツアーを終了した後、レコード契約を更新しないことを決めたという。「1Dの解散は単なる自然な流れ。メンバー同士は友人同士のままだが、彼らは疲れ切っていて、ソロ活動したがっている」と話している。

 さらに、ある関係者によると、リアム・ペイン(22)はソングライティングや制作に関心を持っているという。ハリー・スタイルズ(21)はソロ歌手としてのキャリアだけでなく、俳優デビューに向けて動き出している。ルイ・トムリンソン(24)は今年、ブリアナ・ジャングワースさんとの間に赤ちゃんが誕生予定であることが明らかになっており、しばらくは子育てで忙しいようだ。ファンへの最後の贈り物は、昨年11月発売されたアルバム「Made in the A.M」からリリースする新曲のミュージックビデオになりそうだ。

 2011年にデビューした同バンドは2014年に4枚目のアルバム「Four」をリリース後、米国の音楽チャート「ビルボード200」史上、デビュー後に発表した4枚のアルバムが連続で1位になった初のバンドとなるなど、世界的に爆発的な人気を誇っていた。(ニューヨーク=鹿目直子)