「現実(リアル)を反映した音楽だ」伝説のHIPHOPグループの真実が明らかになる

Category : 音楽 ,

DUP BANNER

ここ数年、「ボブ・マーリー/ルーツ・オブ・レジェンド」(ボブ・マーリー)や「Beats Rhymes & Life」(A Tribe Called Quest)、「TIME IS illMATIC」(Nas)など、ダンサーなら誰もが知るアーティストを取りあげた映画が続々と公開され、多くの反響を得ている。

すでに試写会で本作を鑑賞したアーティストやダンサーも多く、ラッパーのSIMONはオフィシャルブログで「内容が濃くかなり見応えがあった!」と本作を紹介。またパーティーピーポーとして大人気のイルマニアのメンバーは「Hip Hopが好きじゃなくても、俺らみたいなパリピでも楽しめる映画だから絶対に皆さん観るべし\(^o^)/」と大絶賛している。

先日、MCMAと日本で上映決定されてた時から観たくて仕方なかった映画、STRAIGHT OUTTA COMPTON の試写会に行ってきました! 内容に心揺さぶられました! Hip Hopが好きじゃなくても、俺らみたいなパリピでも楽しめる映画だから絶対に皆さん観るべし\(^o^)/ 映画館で上映されたらまた俺は観に行きます! #nwa #straightouttacompton #ストレイトアウタコンプトン #試写会 #イルマニア#アーイ#リチェス#金髪#ハーフ#番号教えて#パリピ#パーティーピーポー#月曜から夜ふかし#マツコデラックス#由比ヶ浜#tバック#入間#南魚沼#新潟#なやちゃん#MCMA#DJSHIMASE#partypeople#japan#ghana

Richesさん(@richestherich)が投稿した写真 –

本作は、西海岸が生んだHIPHOPグループN.W.Aの結成から解散、その後を描いた伝記映画となっている。舞台は1986年のカリフォルニア州コンプトン。アメリカ屈指の危険な街を変えようと立ち上がった若者たちがいた。Eazy Eがヒップホップ・カルチャーに未来を見出し、音楽ビジネスを目指していた時、Dr.DreとIce Cubeに出会う。さらにDJ Yella、MC Renが加わり、N.W.A(Niggaz Wit Attitudes=主張する黒人たち)を結成する。彼らの才能に目をつけたレコード業界のベテラン・ビジネスマンのジェリー・ヘラーとともにルートレス・レコードを設立。真実を突くラップで大ブレイクし、黒人差別をする警察暴動への反対運動を加速させて社会現象にまで発展、警察やFBIに目をつけられるほどの存在となる。しかし、その裏では亀裂が生じてメンバーが脱退。再結成を目指し奮闘するEazy Eだったが、彼は病魔に冒されていたのだった。

今年8月に全米で公開されると、興行収入3週連続No.1を記録し、トム・クルーズ主演映画「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」のオープニング興行収入を抜き去る偉業を成し遂げた。ドキュメンタリーではないため本人は出演していないが、N.W.AのメンバーだったDr.Dre、Ice Cube、亡くなったEazy Eの妻トミカ・ライトが製作陣に名を連ね、Ice Cube役を実の息子であるオシェア・ジャクソン・Jrが演じるなど、当時の様子を忠実に再現している。このリアルさもまた、本作が高評価を得ている理由のひとつだ。

グループ結成から成功への道のり、権力や偏見との闘いや裏切り、仲間との別れなど、これまで知らされることのなかったことまで、N.W.Aの全てを描きだした本作は、彼らのことを知っている人はもちろんのこと、知らなくても充分に楽しめる内容となっているので、ぜひチェックしてほしい。

また、本作の影響を受けて新曲を発表したDr.Dreの16年ぶりとなる3作目のアルバム「Compton
は、映画のサントラという位置づけではないがチェックしておいて損はなし!

上映予定の映画館はこちら!

n.w.a hiphop 映画 公開

n.w.a hiphop 映画 公開

 
「Straight Outta Compton 公式サイト:http://soc-movie.jp/
※R-15指定のため、15歳未満の鑑賞は禁止されています。


N.W.A
DR.DRE NWA 再結成
西海岸ヒップホップでは伝説的グループと言われ、いくつものヒット曲を出し、人気を集めていたが、売上金の着服疑惑などメンバー同士の確執が生まれ、1989年に主力メンバーのアイス・キューブが離脱、1991年には、メイン・プロデューサのドクター・ドレーが離脱し、解散に至った。

メンバー
イージー・E(Eazy-E)
MC・レン(MC Ren)
DJ・イェラ(DJ Yella)
アラビアン・プリンス(Arabian Prince)(1988年脱退)
アイス・キューブ(1989年脱退)
ドクター・ドレー(1991年脱退)