スティーヴィー・ワンダーと菅原小春が大ヒット曲「ハイアー・グラウンド」コラボ!

米歌手のスティーヴィー・ワンダーと世界的に活躍するダンサー&コレオグラファーの菅原小春が、TDKのテレビCM「なにかと出会う。なにかが生まれる。」篇でコラボ


米歌手のスティーヴィー・ワンダーと世界的に活躍するダンサー&コレオグラファーの菅原小春が、TDKのテレビCM「なにかと出会う。なにかが生まれる。」篇でコラボ

今回のCMでは、スティーヴィーが1973年の大ヒット曲「ハイアー・グラウンド」をキーボードで演奏しながら歌い、菅原がダイナミックなダンスパフォーマンスで魅せている。

「ハイアー・グラウンド」は、スティーヴィーが1973年8月に交通事故で瀕死の重傷を負い、4日間も生死の間を彷徨った経験から、第二の人生(輪廻転生)について歌った意味深い楽曲。そんな楽曲を使用した今回のCMでは、「なにかと出会う。なにかが生まれる。」をテーマに、「ジャンルの異なるふたつの才能が引き寄せ合って生まれるもの」と歌とダンスのコラボが楽しめる。

公式サイトがこちら

http://www.attractingtomorrow.tdk.co.jp/jp/

CM動画はもちろん、インタビューやCMメイキングも公開されているので是非チェックしてほしい。

この記事をシェアする