菅原小春がセンターに立てないダンサーへのアドバイス。ラジオ「SUGAR WATER」5月6日のオンエアをチェック

Category : 初心者向け , 芸能 ,

DUP BANNER

出典:j-WAVE

J-WAVE金曜23時30分からの放送ナビゲーターを菅原小春が務める番組「SUGAR WATER」。5月6日のオンエアでは、菅原が開催したチャリティーワークショップの報告とリスナーからの相談のメールを紹介。

去る4月23日、24日の2日間、菅原小春の地元である千葉県山武市にてチャリティーワークショップを開催。急な呼びかけにも関わらず、400人以上の人が集まったという。

「地元のフルサポートに心から感謝でいっぱいです。またみんなの気持ちを集めて、困っている人に発信できるワークショップができたらと思います。今回集まった募金は、熊本を回って支援活動をしている、ダンサーのエリツィンさんの団体宛に振り込ませていただきました」とコメントした。

番組の後半ではリスナーからの相談に回答。

あるオーディションに合格してショーに出演することになったものの、合格した人の中で自分が一番下手。毎週練習を重ねているものの、良いパフォーマンスができず、立ち位置も一番後ろの隅っこで、悲しくて泣きそうです。プレッシャーに押しつぶされそうになります。何か一言でもいただけたら

という内容に。

「私も真ん中が良いと思うタイプなんですけど…でも端の位置は一番大切なのではないかと思います。舞台やショーは主役が全てではないし、一人の小さな役がそのショーの鍵を握るので、自分の受け取り方次第で、そのショーの作り上げ方も全然変わってきます。主役だから『今回は良い役を勝ち取った』ということではないのかも。端にいて支える人がいなかったら真ん中の人を引き立たせることができないし、支え合いだと思います。

真ん中が良かったという悔しい気持ちも大事な経験だと思うし、もしも今回、真ん中に選ばれて次のショーでもまた主役に選ばれたら、一生真ん中で、気持ちの変化のないまま、人生を過ごしていってしまうことになると思います。それよりも、いろんな人のポジションを知る方が大事かなと思います」

とアドバイスを送りました。

毎度心に響くリスナーからの回答に放送を重ねるたびに注目が集まっている。

「SUGAR WATER」オフィシャルサイトはこちら
http://www.j-wave.co.jp/original/sugarwater/

関連記事

引用:J-WAVE