キッズダンサー、その両親には是非とも読んでいただきたい。TAKANORI (HOMEBOY )が語る「挨拶の大切さ」にシェアが止まらない。

Category :

EXPG 春キャンペーン


14歳の時にブラックミュージックと出会いダンスを始め、若きころから数々のバトル、コンテストで功績を残してきたHOMEBOYのメンバーTAKANORI。
スーパーキッズダンサーという言葉が世の中に広まる前に今で言うキッズダンサーを経験してきた彼が若きダンサーに向けて、熱い記事を投稿した。

現在は、ダンススタジオの代表として多くのキッズと関わっている彼が感じる「挨拶の大切さ」。
人ととして何より大事なことを伝えている投稿に数々のダンサーからのシェアが止まらない。
キッズダンサー、そしてその両親、インストラクターはもちろん、ダンサー以外にも子供と関わる全ての方々にこの投稿を読んで頂きたい。

こんにちわ。突然ですがたまに登場する真面目な話。長くなってしまいましたが、良かったら最後まで読んでもらいたいです。僕自身、中学生の時から踊ってるので今でいうところのキッズダンサーと呼ばれる枠に居ましたが、その頃はまだダンスが今ほ…

Takanoly Toyofukuさんの投稿 2016年3月14日


TAKANORI (HOMEBOY)
14歳の時にBLACK MUSICと出会いSTREET DANCEを始める。
同時にDANCE TEAM[HOMEBOY]を結成。
数々のCLUBでのSHOW、アーティストとの共演、CONTESTやBATTLEで優勝を果たす。

唯一無二のLOCK DANCE STYLEとFOOT TRICKを中心としたトリッキーに音楽と融合する独自のダンススタイルには定評がある。

2009年。ダンサーとして日本縦断を単身決行。
全47都道府県でのSHOWやワークショップをしながら、各地のBATTLEで優勝を重ね、多種多様な日本のクラブシーンや日本の文化に触れながら、9ヶ月かけて日本一周を成功させる。

帰阪後はDANCERとしての活動はもちろん、独特のセンスを生かして、DJ、舞台脚本、音源制作、EVENTプロデュースetc…
DANCEの枠にとらわれずに彼なりのマイペースで幅広く活躍している。

BLOG : http://ameblo.jp/takanooori/