[ EXILE ÜSA 日本に、ダンスの日を作りたい ] DANCE EARTH PARTYがシングル3枚目をリリース。今後の目標は。

Category : 芸能 ,

DUP BANNER

EXILE ÜSA、EXILE TETSUYA、Dream ShizukaからなるユニットDANCE EARTH PARTYが、3枚目のシングル「NEO ZIPANG ~UTAGE~」をリリース。和楽器と最新ダンスミュージックが融合した斬新な作品になっている。

EXILE ÜSAが今回の作品への思いを語る。

――「NEO ZIPANG ~UTAGE~」はどんな想いから制作にとりかかっていったのでしょうか?

「日本の踊りはいつから始まったのか調べていくうちに、古事記に書かれている天岩戸(あまのいわと)神話に惹かれたんです。その神話に書かれていたのは、太陽の神様がすねて岩戸に隠れてしまった時に、八百万の神々が集まって会議をしたという話。そこで神々が出した答えが『踊ろう』だったんですよ! もうテンションが上がっちゃって(笑)。神様も踊りが好きなんじゃん! って。その時の踊りの様子や雰囲気を現代版にして、古事記を今時期(こんじき)にしたいなって裏テーマを持って制作に入りました。」

――ダンス、振りつけで表現したかったことは?

「今回、日本の旅がベースとなっていて、そこで気に入った動きを取り入れています。例えば阿波おどりの手と足の運び方だったり、サビではねぶた祭のハネトの動きが反映されていたり。それをHIP HOPと混ぜてアレンジして取り入れてました。」

――ÜSAさんが今作を通して実感した、日本の心とは?

「多様性ですかね。地域それぞれの誇りを持っていて、そこに音楽や踊りやお祭りがあって、みんな違うんだけどみんな同じっていうところに和の心を感じました。同時に、その和の心を世界に広げていきたいと思いました。僕らができることは踊ることやエンターテインメントを作ることですけど、それで人々の心が開放されたり楽しい気持ちになったり、そういう瞬間に関わっていけたら幸せですね」

――ÜSAさん個人の今後の目標や夢についても聞かせてください。

「夢としては、日本にダンスの日を作りたいと思っています。その日は祝日で、日本中でいろんな踊りが踊られていて、踊ったことがない人も踊っちゃう気分になれる楽しい祝日を作りたいです。4月22日がアースデイなので、その日をダンスの日にしたらDANCE EARTHの日になるので、日本発信で浸透していったら素敵ですよね」

――最後に今作やインタビューを通して初めてDEPを知っていただく方へメッセージを!

「DANCE EARTH PARTYのテーマは、ダンスでアースをハッピーにすること。なので、世界の音楽を取り入れながら、みなさんの心が踊るような曲を作っていきたいと思っています。僕らの曲を聴いてくださった方々とも、いつか一緒に踊りたいと思っているので、ぜひチェックしてみてください」

引用:http://news.walkerplus.com/article/83360/