新たなダンサーの相棒、コンパクト過ぎる高性能カメラ「パナソニックウェアラブルカメラ」を語る

Category : その他 ,

DUP BANNER

2015年6月13日に行われた「Street Games」のオフィシャルカメラであるパナソニックウェアラブルカメラA1Hが展示され、撮影用のカメラとしても使用された。パナソニックウェアラブルカメラA1Hは従来のアクション用カメラとは明確にコンセプトが違い、「ウェラブル(身につける)」というところにこだわりがある。実際に映像を編集したクリエイターと、パナソニック社の販売促進という立場の2名によるストリートカルチャーと映像というところを実際に制作をした映像を見ながら語ってもらった。

(1)ダブルダッチについて
青木:演者に最も近い位置にいる人って誰だろう?と考えたときにロープを回しているターナーが一番近いってことに気がつきターナー(ロープを回す役割)にウェアラブルカメラを装着させてみました。

木綿:そうですね、自分もたぶん面白い映像になるんだろうなと思いターナーに装着させてみたいなと。このカメラ(A1H)は徹底的に体に装着することにこだわったカメラなので、ターナーに着けて撮影をするというのは前例無いので面白いですよね。

青木:うん。演者(ジャンパー)もターナーが装着していることに気がつけば、やはり気になるでしょうね。ターナーは側面にいてかなり近いですし、どのように映っているのか?…というのはある意味新しい視点です。ジャンパーもあとで自分がどうなってるか気になるみたいですね。ジャンパーにつけたら映像的には酔ってしまいそうですよね。

木綿:まぁ見てみたい気もしますね(笑)僕はプレイヤーの皆さんに聞いてみたいなと思うのは、こういう映像が練習に役立てられるかな?というのがぜひ聞きたくて。

青木:確かにそういう需要はありそうですね。

木綿:観客目線で撮影したものはプロモーション目的にありがちですが、ウェアラブルは一人者目線なので練習にぜひ役立てて欲しいですね。
また、青木さんもおっしゃるよう、クリエイター目線では新しいと思うので、ダブルダッチの映像を作るユーザーやクリエイターの方がいらっしゃるのであればこういう撮影も面白いですよね。

青木:イベントのなかではハウジングいらずなので、撮影はいたってシームレスですし。できれば次は対戦相手に着けてみたいですね。

(2)BMX
木綿:今回は大会の進行の都合もあり、フラットランドでの使用シーンではなく、ランプを走るシーンに焦点を当てて撮らせて頂きました。成果は上々と感じています。また、タイトなスケジュールの中、430の上原さん、光太郎さんにライダーを紹介頂き、快く対応頂き、本当にありがたかったです。

青木:まさに偶然ですよね。これはかなりエクストリームな映像になると思い、やっぱり迫力は一番ありますよね。

木綿:実際、フラットランドのライダーに装着しても装着しているカメラが外れることはほぼ無いんですが、自身が回転しているので、できあがりはすごい事になりそうですよね。次の機会にフラットランドの臨場感をつたえられる素材も撮影してみたいですね。

青木:自転車に固定して撮影するのと、頭に装着して撮影するのでは画的にはおおきくは変わらないと思われがちですが、頭に装着した方がライダーはが覗き込んだりするリアルな動きが分かり、プレイヤーのクセなんかが反映されていて面白いですよね。これ一本でフッテージとしては完結してしまいそうです。

木綿:当日の撮影では撮影後にライダーにもウェアラブルカメラの映像をその場で見せたのですが、非常に気に入っていただき「自分じゃないみたい」と言ってたのが印象に残りました。

青木:引きで撮影をしていてもこういう画は撮れないですからね。しかし撮影した映像もプレイ中に自分が見ている風景も同じ視点なのに「自分じゃないみたい」って、ポジティブに感じるのは面白いです。

木綿:自分もこの映像は素材からもっと見ていたいですね。

ウェアラブルカメラ

(3)スケートボード
青木:今回のオーガナイザーの一人でもある立本さんに装着してもらいました。
この映像はスケートボードをやっている人には興味がある素材だと思います。セクションにアタックするときに何を見ているのか?のおおよそが想像できるので興味深いのではないかと思います。

木綿:フッテージとしては一番難しいカテゴリーかなと思ったんですね。なぜって目線とスケートボードの向きって必ずしも一緒じゃないですからね。個人的にはスケートボードが自分が思っていた目線映像と最も異なっていました。うまく言え無いのですが、思ったより会場全体を俯瞰していると言うか。

青木:やはり目線っていうのはたとえ俯瞰だとしても説得力がありますよね。おそらくなんですが一般の人も街中で滑ってる人をよく見かけると思うので「どういう感覚なんだろう?」っていうのは気になると思うので。

木綿:あと自分は感じたのは思ったよりもスピード感があるなって思いました。俯瞰で見るより目線の方がスピード感ありましたね。ここらへんのギャップは今回スケートボードが最も大きかったように思います。スケートの映像って掘り下げたらどんどん掘り下げれそうな気がします。

青木:当日は、もうちょっと長めに撮影したかったですね。コースが今回コの字だったんで。

木綿:真ん中も開放したらみんな自由にライディングをするだろうから、すれ違う映像とかも面白いのが撮れそうですよね。実際の競技の最中にオンボードカメラとして選手全員に着けれたら面白いですよね。視点は人それぞれですから。

青木:うん、自分たちがやっていることを自分目線で伝えることってカルチャーにとっては大事ですよね。

(4)ブレイクダンス
青木:対峙するブレイクダンサーそれぞれに装着してみました。コンセプトはダブルダッチに似ていますね。いかに一番近くに寄れるか?といったらブレイクダンスなら間違いなく対戦相手ですし、対戦相手はこちらに気持ちのベクトルが行っているわけですから迫力ありますよね。

木綿:僕はダンスバトルって気になりだしたのは本当ここ数年で、一般的にもだいぶ定着してきたからこそ撮影をしてみたいなと思いました。有り様が変わったと言うのでしょうか。

青木:ダンスの映像は他にも撮影をしたことがあるんですが、基本的には1 ON 1の状態で横から撮影をするのが基本ですよね。ただブレイクダンスの場合ってあからさまに相手を挑発していたりするので、ここってもっと映像として拾いたいなーって思っていたので対戦相手に着けるというのは良いアイデアでした。

木綿:ぜひこういう使い方をして欲しいなって思います。

青木:実際対戦相手の間にカメラを入れることは、ドローンじゃないと出来ないし、ドローンはいったら邪魔くさいだろうからこれって最適ですよね。
踊ってる本人の映像になってしまいますとぐるぐるジェットコースター状態なので酔ってしまうのですが、「相手に近づく」という考えは新しいですよね。

木綿:なるほど。たしかに真剣に踊っている(バトルしている)両者の間って普通入れないですよね。

青木:この映像は撮影用に九州男児のISSEIくんとRYOくんに模擬バトルをしてもらってますが、実際の本番で撮れたらすごく迫力あるんだろうなって思います。臨場感とかもっと追求したいですよね。

(5)撮影とカルチャーについて
木綿:今回、広角レンズのウェアラブルカメラの使い方を追求する例としてこういう映像を作ってみたんですが、僕自身はいろんなカルチャーや競技のあり方が絶えず変化をしているのが現在だと思うんですよね。ストリートダンスが学校教育に取り入れられたり、スケートボードがオリンピックの競技にあがったりと、明らかに2000年以前に比べると革新的なことはおきてるなって思うんですね。それに伴って映像のあり方、カメラのあり方も変化していく気がしています。

青木:僕は映像を編集するのが自分の仕事ですが、趣味でサーフィンもやっているせいか、カルチャーの匂いっていうのはわかるんですよね。
ただ、明らかにネットで自分のやっていることが映像としてセルフプロデュースで発信できる時代になってしまったので、一工夫が必要というかなんというか…。

木綿:実際に撮影した映像をそのまま会場にあるモニターに展示したのですがBMXライダーで映像に参加してくれた方を含め、「あ、こういう画が撮れるんだ。」って気づいてもらったんですね。中には「ヤバイ」を連呼してくれた人もいて(笑)これって大事なポイントだなって思いました。

青木:他にもアクションスポーツ向けのカメラってあるんですが、このA1Hは身につけるっていうところが明らかに差別化になっているんですよね。いわば目線にこだわるってところが。これはフッテージを撮影するという意味では深く追求できるポイントだと思います。

木綿:そういう意味で「自分の目線」というのをいろいろ発信できるデバイスの一つとしてストリートカルチャーに関わるプレイヤーに受け入れられてほしいなと、この商品に携わる者として真剣に考えています。ぜひこのウェアラブルカメラを実際に自分のアクテビティーのなかで活用してみていただければと思いますね。
ウェアラブルカメラ


Profile

青木 肇
映像クリエイター/ディレクター
ウェアラブルカメラ
15年以上湘南を中心にSURFERとして活動してきたネットワークを糧にSURF、SKATE、SNOWを中心にアウトドアブランドやアパレル等の映像からTVCMのディレクターまで幅広く活動中。また紙面の広告等のデザインも手がける。ストリートダンス関連の映像では、DANCE@LIVE 2014 Japan Finalのダイジェストムービーびディレクションを務める。
http://201.point-zero.jp

木綿 秀行
ウェアラブルカメラ
2002年に松下電器産業(現パナソニック)入社以降、2009年パナソニック直販サイト「パナソニックストア」の運営に参画。この年に自身が企画したマーケティングの企画を通してストリートダンス、BMXなどのストリートカルチャーと関わる。担当はカメラ、ムービー等デジタル家電をメインで取り扱う。近年ではフォトグラファーとしての活動もしており、モデル、アスリート等の撮影を手がける。なお2015年にはDANCE@LIVE 2015 Japan Finalにオフィシャルカメラマンとして参加。