ホイットニー・ヒューストン初のドキュメンタリー映画制作

Category : その他 ,

DUP BANNER

ホイットニー・ヒューストンの人生を描いた長編映画が制作することを発表された。ホイットニーの遺産管理団体が承認した初のドキュメンタリーとなる。

ボブ・マーリーやミュンヘン・テロ事件のドキュメンタリー映画を作成したたケヴィン・マクドナルドが監督を務め、「彼女の人生のダークな部分を避けて通るつもりはないが、観客が、ホイットニーや彼女の音楽に対してポジティブな気持ちを抱き、映画館を後にするような作品にしたい」とコメントしている。

ホイットニーといえば、1992年の映画『ボディガード』が有名であり、日本での洋楽史上最高となる250万枚超えを果たした。2012年に、カリフォルニア州のにあるビバリーヒルトン・ホテル4階客室の浴槽の中に倒れていたところを発見され死亡が確認された。

彼女の波乱万丈な生涯とタグいい稀なる歌声を是非映画館での公開に期待したい。