ダンス初心者必見!「あのステップどうやるの?」を解説します!

ダンスを踊る上で欠かせない有名ステップを厳選して、紹介します! 実際のやり方も紹介しているので、ステップのやり方を詳しく知りたい方もぜひ当記事を見て学んでください!

ダンスには、決まったステップがいくつも存在します。基本的には、それらのステップを組み合わせて振り付けを編み出し、ひとつの作品に仕上げています。
一口にステップと言っても、ダンスのジャンルによって全く違う表情を見せるステップたち。今回は、その中でも有名かつ比較的簡単なステップをご紹介します!
家でこっそり練習して、出来たらみんなに自慢しちゃいましょう!

ランニングマン

”三代目J Soul Brothers”の『R.Y.U.S.E.I.』で一躍有名になった「ランニングマン」。あなたも1度は真似をしてみた経験があるのではないでしょうか?

実際の映像がコチラ↓

まるで走っているかのように見えるランニングマンは、ヒップホップの基本的なステップのひとつです。この曲の振り付けでは、スピード感溢れるランニングマンが印象的ですよね。しかし、ランニングマンは素早くステップを踏むことに意義があるのではないのです。

そのため、まずはゆっくり、確実にステップを踏む練習をしましょう。

ランニングマンのやり方

ランニングマンのやり方1
①ももを上げるようにして、右足を上げる。
ランニングマンのやり方2
②上げた右足をそのまま下に下げて、左足を後ろにスライドさせる。
ランニングマンのやり方3
③一度跳ねて、右足を戻しながら地面に着きなおし、ももを上げるようにして左足を上げる。
ランニングマンのやり方4
④上げた左足をそのまま下に下げて、右足を後ろにスライドさせる。
ランニングマンのやり方5
①~④を繰り返します。

ランニングマンのコツ

ランニングマンは、基本的に上げる動作下げる動作の二つが組み合わさっていて、それが交互に繰り返されます。
上げる動作のときは、片足立ちでもう片方の足を上げた状態。
下げる動作のときは、上げた足を下ろしながら、もう片方の足を後ろにスライドさせます。
この2つを交互に繰り返せるように意識して練習しましょう。

パドブレ

ハウスダンス、ジャズダンス、バレエなど、多くのジャンルで共通して使われる「パドブレ」をご紹介します。まずは、パドブレを動画でどうぞ。

パドブレ映像はコチラ↓

滑らかなステップでカッコイイですね!ジャンル問わず活躍するパドブレをマスターして、軽やかに踊れるダンサーになろう!

パドブレのやり方

パドブレは巧みな足さばきを必要とするステップに見えますが、実は左右の移動を行っているだけのシンプルなステップなのです。右左右、左右左…をひたすら繰り返し練習してみましょう。

①まずは、右足を右に出します。このとき、体も右向きです。
②次に、左を向きながら、左足を右足の後ろに入れます。
③右足を左足に揃えるように踏みます。
④左足を左に出します。

パドブレのコツ

パドブレのコツは、
・頭の高さを変えない
・体の向きをこまめに変える
・膝のクッションを利用する
です。

パドブレの練習動画

パドブレはステップとして頭で考えてしまうと、足さばきが難しく見えてしまうかも…。単純な左右の移動と捉えて、実際に動きながら修正していきましょう。

パドブレの練習動画はコチラ↓

クラブ

最後にご紹介するのは、ちょっぴり難易度が高く思える「クラブ」ステップです。クラブはヒップホップダンスの基本ステップで、カニ(crab)を意味しています。

クラブの映像はコチラ↓

このステップに憧れている方も多いのではないでしょうか?難しく見えますが、練習を重ねることで必ず出来るようになります!諦めないで!

クラブのやり方

クラブのやり方はシンプルなようで以外と複雑です。
手順は以下のとおりです。

①右足のかかと、左足のつま先を使って内股になる。

②内股の状態から左にハの字(がに股)で足を開く。

③元の状態(内股)に戻し、左足のかかと、右足のつま先に切り替える。

②内股の状態から左にハの字(がに股)で足を開く。

※①②③④を繰り返して左右に移動する。

下記のようにつま先とカカトを切り替えるのがコツです。

クラブステップのコツ

クラブのコツは、
・体重を地面に残さないこと
・体重移動をすること

です。

文章力、語彙力ともに限界を感じつつあるので練習動画に移ります(笑)

クラブの練習動画

クラブステップを頭で理解しようとすると、とんでもない結果を招く恐れがあるので、実際に動いて練習することをおすすめします。想像以上に軽やかに動く必要があるので、重心を低く取っても体重は地面に残さないようにしましょう。

クラブの練習動画はコチラ↓

ダンスの基本ステップを解説してみました!

ダンスの基本ステップである「ランニングマン」「パドブレ」「クラブ」の3種類を解説しました。いかがでしたか?

難しそうに見えるダンスのステップは、実は単純な動作の繰り返しで成り立っているのです。それをいかにカッコよく、軽やかに見せられるかがダンサーの腕の見せ所なのです!

今回ご紹介した3つのステップは、踊る人によって全く違う表情を見せてくれるものばかりです。ダンスのジャンル、体重移動の仕方、リズムの取り方…。あなたはどんな風にステップを踏みますか?

定番のステップが出来たなら、あなたはすでに立派なダンサーなのです!

記事をSNSでシェアする