授業で使える!カッコいい創作ダンスの作り方や音楽の選び方を解説

中学生・高校生の体育の授業で行われる創作ダンス。 いきなりダンスを作れと言われても、ダンス未経験者はどうやってダンスを作ればいいのかわからないですよね。 そこで今回は、音楽の決め方から振付の作り方まで、手順をおって解説いたします。

オススメの振り付けを教えて!〜応用編〜

・10代は流行に敏感な時期。創作ダンスの授業に物足りなさを感じる人もいるのでは?!
自由な発想のダンスなので、流行りのステップや振り付けも取り入れてみよう!

流行りのダンスまとめ

巷で話題のシャッフルダンス 足をクロスしたり前後したり、小刻みにステップする巷で話題のダンス!

DA PUMPでお馴染みのシュートダンス<

NYで生まれたニュースタイルハッスル

CMで話題のSoftBank学割ってるダンス

まとめ

創作ダンスは既成のステップや振り付けをそのままコピーするのではなく、動きの要素として取り入れて自己流にアレンジすることが大切です!
先日NHK教育番組(奇跡のレッスン「ダンスで“個性”を解き放て! ストリートダンス(前編)」)で、世界的ダンサーのジャッキー・ロペスさんが「ダンスが美しい時は個性が滲み出た時」とおっしゃっていました。どんなジャンルのダンスにも共通することだと思います!
ダンスが大好きな子も原点に立ち返って「創作ダンス」に取り組んでみるのも良いのでは?ダンスの無限の可能性を感じてみてください!

関連記事