世界バレリーナ図鑑!日本人含む全70名のプロフィールを紹介!

世界で活躍しているバレリーナ70名のプロフィールをまとめて紹介します。主役級のプリンシパル、準主役級のソリストを中心に、個性豊かなバレリーナを写真付きでご紹介します。

ソリスト 石原古都

生年月日:1990年
所属:サンフランシスコバレエ団

金澤志保バレエスタジオで学んだ石原さんは、2010年にサンフランシスコバレエ団に入団しました。そして、2014年にソリストに選ばれています。

森志乃

真ん中の女性が森さんです。

生年月日:1989年8月18日

群馬県太田市出身。8歳のとき山本禮子バレエ団附属研究所でバレエを習い始め、常盤高等学校に1年生として在学中の2006年1月16歳のときにローザンヌ国際バレエコンクールでスカラシップ賞を受賞。これにより奨学金を得て、同年9月からカナダのナショナル・バレエ学校に留学。同校には2008年7月まで2年間在籍。
2008年9月、カナダ国立バレエ団に研修生として入団。翌2009年9月からコール・ド・バレエの階級を付与されて正団員となり、2011年3月には同僚の江部直哉と組んでコンテンポラリー作品『パッサカリア』の世界初演を踊ります。カナダ国立には2017年夏まで9年間所属し、最終階級はコール・ド・バレエでした。
2016年12月には、アルバータ・バレエ団に所属していた新潟市出身のバレエダンサー桜井芳哉と結婚し、2017年秋に森さん自身もアルバータ・バレエ団へ移籍し、2018年に退団されました。

佐々部佳代

生年月日:1989年
Instagram:https://www.instagram.com/kayo.ssb/

愛知県出身。6歳よりバレエを始め、1998年に塚本洋子バレエ団に入団。2006年に松岡怜子バレエ団付属研究所に所属し、高校卒業後に同バレエ団の団員に。2009年こうべ全国洋舞コンクールシニア部門1位に輝き、2010年には全国舞踊コンクールのパ・ド・ドゥ部門2位を獲得しています。
2012年にKバレエカンパニーに入団し、2013年にはKバレエカンパニーファースト・ソリストに選ばれましたが、2017年には退団され、今は名古屋で指導したり、様々な発表会にゲストとして出演されているようです。大人可愛いレオタードブランド、stinaのモデルもつとめていらっしゃいますね!

ファースト・ソリスト/プリンシパル/タレント 落合リザ

右側の女性が落合さんです。

生年月日:1988年11月30日
身長:163cm
所属:トルコ国立オペラバレエ団
Instagram:https://www.instagram.com/liza.ochiai/
Twitter:https://twitter.com/lizaballet
blog:https://ameblo.jp/lizaochiai/

バレリーナでタレントの落合リザさんは、4歳でバレエを始めます。2004年にモナコ王立プリンセスグレースバレエアカデミー留学。同年、ヴァルナ国際バレエコンクールJr.代表となります。2005年にアメリカNYジョフリーバレエスクール留学。同年、「オーランド州世界バレエコンクール」で最年少ファイナリストとなります。
2006年には、エジプト・カイロ国立オペラバレエ団に入団。同年、自らが主宰する「リザバレエスクール」を開設します。2009年には、同バレエ団にてファースト・ソリストに昇格。
2010年には、モスクワ・シティバレエとプリンシパル契約。2012年に9月18日、国家戦略担当大臣より「世界で活躍し『日本』を発信する日本人」感謝状を授与する。2014年に上野隆博主宰「トップフィールドダンスセンター」渋谷校のバレエ講師を務め、2017年にトルコ国立オペラバレエ団に入団。同年3月外務省認定日タイ修好記念公演でバンコクシティバレーにゲスト出演。2018年現在は、トルコ在住。

野々村吏美

こちらは、野々村さんをモデルに描かれた絵。10年以上、絵画モデルもなさっているのだとか。

生年月日:1988年8月25日
身長160cm
体重:44kg
所属:サンクトペテルブルククラシックバレエシアター

宮崎県出身。 6歳でクラシックバレエを始め、16歳まで、宮崎のバレエ教室に所属。2004年には16歳でロシアボリショイバレエ学校に留学。4年半の留学を経て、2008年卒業。のち一時帰国。
ロシアサンクトペテルブルククラシックバレエシアターオーディションに合格し、団員としてロシア公演、アメリカツアー、フィンランド公演に参加。 現在、唯一の日本人ダンサー・講師として地元宮崎、東京で講習会等を開催。2011年4月1日には宮崎市霧島に野々村吏美バレエスクールを開講。

プリンシパル 米沢唯

生年月日:1987年3月31日
所属:新国立劇場バレエ団

東京生まれ、名古屋育ち。演出家である竹内敏晴の娘。3歳のころ名古屋市に移り住み、まもなく塚本洋子バレエスタジオでバレエを習い始めます。 2003年2月、愛知淑徳高校1年生のときローザンヌ国際バレエコンクールの決勝に進出。入賞は逃したものの、このとき『ジゼル』のヴァリエーションを指導したモニク・ルディエールは、米沢さんの踊りについて「日本人には難しい箇所を自由な表現で、演目に忠実にジゼルを解釈している」と評しています。 翌2004年3月、第61回東京新聞全国舞踊コンクールジュニア1部1位に輝きます。 同年7月、ヴァルナ国際バレエコンクールのジュニア部門で女性第1位となり、帰国後は地元名古屋で愛知芸術文化センター企画のダンス公演に出演。
2006年6月末、4年に1度開催されるUSA国際バレエコンクールのシニア部門で女性銅メダルを受賞。これをきっかけに、米国のサンノゼ・バレエ団と契約。サンノゼには2010年夏まで4年間在籍し、『くるみ割り人形』やコンテンポラリー作品の『September』などで主役を踊りました。
2010年秋、デヴィッド・ビントレー監督下の新国立劇場バレエ団に移籍し、ソリストとして入団。その理由について、米沢さんは「一挙手一頭足の表現を研ぎすませる厳しさに身を置きた」かったためと述べています。 2011年11月、ビントレーによる新制作『パゴダの王子』で主役さくら姫に抜擢され、翌2012年5月には『白鳥の湖』で初役オデット・オディールを踊ります。2012年秋からファースト・ソリストになり、2013年2月に『ジゼル』、同年6月に『ドン・キホーテ』で主役を踊り、シーズン終了後にプリンシパルに昇格しました。
2017年3月には『ロメオとジュリエット』等での成果が評価され、第67回芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。 米沢さんの踊りは、しばしば「伸びやか」と形容されます。

プリンシパル 倉永美沙

生年月日:1987年
所属:ボストンバレエ団
Instagram:https://www.instagram.com/misakuranaga/

1990年に地主薫エコール・ド・バレエに入学。2001年に第29回ローザンヌ国際バレエコンクールでプロ研修賞を受賞し、第9回モスクワ国際バレエコンクール(女性ジュニア部門日本初)金賞を受賞。
2003年に、ボストンバレエ団へ入団。2006年には、ジャクソン国際バレエコンクールゴールドメダル受賞(女性シニア部門日本初)。2009年にアジア人初となる米国ボストンバレエ団のプリンシパルに昇格。

槙美晴

生年月日:1986年
所属:ノルウェー国立バレエ団

福岡県出身。2006年にノルウェー国立バレエ団に入団。

プリンシパル 小野絢子

生年月日:1986年4月6日
所属:新国立劇場バレエ団

東京都、米国ニューヨーク州出身。小林紀子バレエアカデミー、新国立劇場バレエ研修所第3期修了生。
2007年に新国立劇場バレエ団ソリストとして入団。2011年には、新国立劇場バレエ団プリンシパルに昇格。

川島麻実子

生年月日:1985年12月1日
所属:東京バレエ団

静岡県出身。2006年、東京バレエ団に入団。現在は、東京バレエ学校にて講師をつとめています。

浅見紘子

生年月日:1985年2月19日
所属:マインツ州立劇場バレエ団

東京都武蔵野市吉祥寺出身。1991年、6歳より大塚礼子バレエスタジオにてバレエを始めます。 1999年にパリ・オペラ座バレエ学校へ留学した後、2001年から2003年まで下村由理恵バレエアンサンブルに所属します。 2004年から2005年までの間、クラシックのみならずコンテンポラリーを踊るなどフリーのダンサーとして活動しました。
2006年より、ドレスデン国立歌劇場バレエ団(ゼンパー・オーパー)に入団し、ウィリアム・フォーサイス、イリ・キリアン、ジョージ・バランシン、ジョン・ノイマイヤー作品等ソリストとて活躍。
2011年にキール州立劇場バレエ団にソリストとして移籍。 その後、2013年にマインツ州立劇場バレエ団に移籍し、主役を務めます。 2016年10月にはIYCケンハラクマアシュタンガヨガ指導者資格取得後、ヨガインストラクターとして活躍。2017年4月にはASAMI INTERNATIONAL STUDIOを設立。

プリンシパル 加治屋百合子

生年月日:1984年6月25日
所属:ヒューストン・バレエ
Instagram:https://www.instagram.com/yuriko_kajiya/

名古屋出身。8歳から松本道子バレエ団でレッスンを積み、10歳で上海バレエ学校に留学。2000年、ローザンヌ国際バレエコンクールで「ローザンヌ賞」を受賞、カナダ国立バレエ学校に入学。
2001年にアメリカン・バレエ・シアター(ABT)の研修生になり、翌年コール・ド・バレエの一員として入団。2007年7月5日、ソリストに昇格する。2011年のアメリカン・バレエ・シアター来日公演では『ドン・キホーテ』で主演を務めました。
2014年7月アメリカン・バレエ・シアターを退団し、ヒューストン・バレエにファーストソリストとして移籍。同年11月プリンシパルに昇格。

木田真理子

生年月日:1984年
所属:フリー

大阪府出身。4歳からクラシックバレエを始め、1999年「第56回全国舞踊コンクール」(東京新聞主催)のバレエジュニア部で四位入賞。同年より宗田バレエスクールに所属し、宗田静子・原田高博・夏山周久に師事。 日本では不遇の時を過ごしますが、千里国際学園1年生の時、2000年のローザンヌ国際バレエコンクールで入賞。一躍注目を浴び、次世代のエースとなります。
その後、サンフランシスコバレエスクールを経て、カナダのアルバータバレエ団やレ・グランバレエ・カナディアンで活躍。欧州の優れた振付家たちと出会って「現代舞踊をもっと頑張りたい」と思い立ち、2009年にスウェーデンのヨーテボリ・バレエ団にトレード移籍。その後、ヨーテボリの監督とともにスウェーデン王立バレエ団に移籍。
2014年、バレエ界の「アカデミー賞」とも呼ばれ、最も権威的な賞のうちの一つである「ブノワ賞(Benois de la Danse)」を日本人として初めて受賞。 現在はスウェーデン王立バレエ団を退団し、フリーで活動中。 元プロ野球選手の木田勇とは遠い親戚。

太田垣悠

目隠しされているのが太田さんです。オシャレな写真ですね。

生年月日:1982年
所属:Ballet du Grand Theatre de Geneve

神奈川県出身。9歳からバレエをはじめ、16歳で単身渡仏。コンセルヴァトワールを首席で卒業した後、コンテンポラリーバレエの最高峰であるフランス国立リヨンオペラ座バレエ団(BALLET DE L’OPERA DE LYON)に入団。ヨーロッパを中心に活動。2006年には、振付家ラシド・ウーラムダンやテール・オコナーによる新作に出演。 リヨンオペラ座の来日公演にも度々出演している。
2008年秋にスイスのBallet du Grand Theatre de Geneveへ移籍。コンテンポラリーダンスを得意とする。

ソリスト 本島美和

生年月日:1981年11月21日
身長:164cm
所属:新国立劇場バレエ団

東京都出身。6歳よりバレエを始め、豊川美恵子バレエ教室を経て1993年に日本ジュニアバレエに選抜。1994年にAMスチューデンツに選抜される。
2001年より、新国立劇場バレエ研修所第一期生となります。同年、研究所卒業生としては第一号の新国立劇場バレエ団契約ソリストとなりました。

プリンシパル 中村祥子

生年月日:1980年1月20日
所属:Kバレエカンパニー
Instagram:https://www.instagram.com/shoko_officialpage/

佐賀県佐賀市出身。1986年、6歳のとき猫背を直すために佐賀市の野村理子にバレエを習い始めます。しかし、父親の転勤のため1年足らずで福岡市へ移り住み、以後は田中千賀子に習うことになりました。1996年、ローザンヌ国際バレエコンクールでスカラシップ賞を受賞。同年秋から1998年までシュトゥットガルトにあるジョン・クランコ・バレエ学校に留学。
1998年、シュトゥットガルト・バレエ団に入団するも、練習中に靱帯断裂の大怪我にみまわれ、日本へ帰国。同バレエ団の退団とリハビリ生活を余儀なくされます。
2000年、ウィーン国立歌劇場バレエ団に入団。2001年にはルクセンブルク国際バレエコンクールで1位を受賞する。2002年、同バレエ団ソリストに昇格する。翌2003年、ヌレエフ版 『白鳥の湖』 で主役デビューした。
2006年にはヴラジーミル・マラーホフが芸術監督を務めるベルリン国立バレエ団へソリストとして移籍。2007年9月にプリンシパルに昇格。
2013年11月、7年間所属したベルリンを去ってハンガリー国立バレエ団へプリンシパルとして移籍。2015年春頃まで在籍。2015年7月にはミハイロフスキー・バレエに客演し、L・サラファーノフを相方に『白鳥の湖』の主役を踊りました。
2015年秋からは熊川哲也が主宰するKバレエカンパニーを活動の拠点としています。同団には、2005年以降たびたび客演していました。 なお、中村さんの3歳年下の妹である陽子さんもバレエダンサーであり、2000年代初頭に祥子とともにウィーン国立歌劇場バレエ団に所属していました。

ファーストソリスト 西野麻衣子

生年月日:1980年
所属:ノルウェー国立バレエ団

大阪府出身。6歳から橋本バレエスクールで学び、1995年にイギリス・ロイヤルバレエスクールに留学。1998年にロイヤルバレエスクール卒業。
1999年には、ノルウェー国立バレエ団に入団します。2005年に同バレエ団ファーストソリスト(プリマ)に昇格。2006年にニコライさん(芸術監督)と結婚し、2013年に長男誕生。

齋藤愛見

生年月日:1979年
Twitter:https://twitter.com/Manami_SAITO

東京都出身。1982年、3歳の時にクラシックバレエを始め、睦恭子に師事。その後、ロシアバレエインスティテュートにて、ゲンリフAマイヨ-ロフ(ボリショイバレエ学校芸術監督)、東京バレエ団付属バレエ学校にて友田弘子(東京バレエ団ミストレス)友田優子らに師事。1998年、Ecole Supérieure de Danse de Cannes Rosella Hightower(フランス)留学。リリーステクニック、解剖学、ダンス史等を学びます。
2000年にポワントヴェールバレエクラス開設。2002年には、23歳の時に大人のためのクラシックバレエスクール「バレエアーツ(東京都中野区)」を開設。2012年、日本体育大学大学院博士課程(トレーニング科学系)においてクラシックバレエの動作学研究に従事。国際ダンス教育センター(旧バレエアーツメディカルアカデミー)を創設。
2014年より大学教員に従事し、2017年には一般社団法人日本ダンスサイエンスアカデミー設立、代表理事を務めています。

プリンシパル 上野水香

生年月日:1977年12月23日
身長:170cm
所属:東京バレエ団
Instagram:https://www.instagram.com/mizukaueno/

5歳からバレエを始め、1989年埼玉全国舞踊コンクール、ジュニアの部第1位。1993年に15歳でローザンヌ国際バレエコンクールでスカラシップ賞を受賞したのを機に、モナコのプリンセス・グレース・クラシック・ダンス・アカデミーに2年間留学。同学校を首席で卒業した1995年、牧阿佐美バレヱ団に所属。
1996年、世界バレエ・モダンダンス・コンクールで金賞を受賞。 1997年12月『くるみ割り人形』金平糖の精で主役デビューを果たします。 1998年「ダンス・ヴァンテアンVI」でローラン・プティ振付の『ア・リタリエンヌ』に主演。 1999年2月、メキシコでのガーラ公演「ローラン・プティとスターたち」に出演。5月にはプティ振付『シャブリエ・ダンス』を踊り、一躍注目を集めます。7月『白鳥の湖』に初主演(オデット/オディール)。
2000年にはプティ振付『ノートルダム・ド・パリ』でエスメラルダを踊り、 2001年7月プティ振付『デューク・エリントン・バレエ』に出演。 2002年3月、『ドン・キホーテ』でキトリを踊った後、ミラノ・スカラ座バレエ団『ノートル・ダム・ド・パリ』にエスメラルダ役でゲスト出演、4月にもナポリ・サン・カルロ劇場バレエで『デューク・エリントン・バレエ』に客演。2003年2月『ロミオとジュリエット』のジュリエット、8月『ノートル・ダム・ド・パリ』のエスメラルダで主演。10月には『眠れる森の美女』主役・オーロラ姫を初めて踊りました。
2004年2月16日付で牧阿佐美バレヱ団を退団し、同年3月から東京バレエ団にプリンシパルとして所属。5月フィレンツェにてワシーリエフ版『ドン・キホーテ』に主演して東京バレエ団デビューを飾ります。また、ドイツにて『ボレロ』を踊り、いずれも現地にて評判を呼びました。8月〈東京バレエ団40周年記念ガーラ〉では『バクチ』のシャクティと『エチュード』のエトワールを踊り、9月『ドン・キホーテ』ではキトリを踊った。11月『白鳥の湖』でヴラジーミル・マラーホフと共演を果たし、12月『くるみ割り人形』にクララ役で主演。
2005年1月の“東京文化会館ニューイヤーガラ・コンサート”では、東京都交響楽団の演奏で、『ボレロ』の日本デビューを果たし、2月『ラ・シルフィード』でパ・ド・ドゥ、5月『真夏の夜の夢』東京バレエ団初演でタイターニアを踊ります。8月には『パ・ド・カトル』のグラーンを踊るとともに、パリ・オペラ座バレエ団のマチュー・ガニオを相手に『眠れる森の美女』に主演。10月『M』ではローズを、11月~12月全国縦断公演では『テーマとヴァリエーション』エトワール、『ドン・ジョヴァンニ』ヴァリエーション6、『ギリシャの踊り』ハサピコを踊りました。
2006年2月、マラーホフ新演出『眠れる森の美女』ではリラの精を踊り、4月には<ベジャール・プロ>で『ボレロ』を踊り客席を熱狂させます。5月の第22次東京バレエ団海外公演では、ベルリンで『ドン・キホーテ』のキトリを、コペンハーゲンでは『ボレロ』を踊り、各地で大きな喝采を浴びました。8月には世界バレエフェスティバル全幕特別プロ『白鳥の湖』で、パリ・オペラ座バレエ団エトワールのジョゼ・マルティネスを相手にオデット/オディールを踊り、また、10月東京バレエ団公演『白鳥の湖』でも主演しています。
2007年は1月に<ペジャールのアジア>で『バクチIII』を再演、4月には『ドン・キホーテ』に再び主演。6月にはミラノ・スカラ座日本公演『ドン・キホーテ』に客演し、主役キトリを踊りました。

ファーストソリスト 小林ひかる

右側が小林さんです。神田うのさんと、10代の頃に一緒にバレエのレッスンをしていたんですって!

生年月日:1976年9月19日
所属:英国ロイヤル・バレエ団

東京都出身。3歳からバレエを始め、大塚礼子、深川秀夫に師事。その後、スターダンサーズバレエスクールで新井咲子、厚木凡人に師事。1992年からパリ・オペラ座バレエ学校で学びます。
1995年 フランスのJeuneバレエに参加し、1996年にチューリッヒ・バレエ団、1999年にはオランダ国立バレエ団へ移籍。 2003年に 英国ロイヤル・バレエ団にファースト・アーティストとして入団し、2006年にソリスト、2009年 ファースト・ソリストに昇格。ロイヤル・バレエ団以外では、日本の新国立劇場バレエ団(2010/2011シーズン)『ラ・バヤデール』に主役「ニキヤ」役で出演。
1998年には、Vignale Danza国際コンクールでグランプリを受賞。

関連記事