名古屋の人気クラブ「イビザ」の魅力や楽しみ方を解説!料金や場所も

名古屋で深夜5時まで空いている人気クラブ「イビザ」を紹介します。 「イビザ」の場所や料金をはじめ、その魅力や雰囲気を画像でお届けしますのでぜひチェックしてください!

名古屋に仕事や旅行で訪れた時に、夜遊びをお考えではありませんか?
せっかくならクラブでの夜遊びを選ぶならイビザというクラブがおすすめです!
ここではそんなイビザについて、その魅力や楽しみ方などをお伝えします!

  1. 名古屋のクラブ「イビザ」って?
    1. どんなイベントをやってる?
    2. クラブの雰囲気
  2. ナンパ目的はあり?
  3. 名古屋のクラブ「イビザ」の楽しみ方
  4. 名古屋のクラブ「イビザ」は夜遊びにぴったり!

名古屋のクラブ「イビザ」って?

スペインにあるイビザ島を由来に誕生したクラブが「CLUB IBiza」です。
名城線・東山線「栄」駅から徒歩10分のところにあるピボット住吉の4階に位置しています。
名古屋のクラブは夜中の1時に閉店することが多いのですが、イビザはなんと5時まで営業しています!
この近くには「iD」や「W」など様々なクラブがあるのですが、1時まで他のクラブで遊んで、そこからイビザにクラブをはしごする人も多いようです。
そのため夜中の2時ごろがピークタイムになります。

住所:愛知県名古屋市中区栄3-11-14 ピボット住吉4F
TEL:052-684-4444
音楽ジャンル;HIPHOP、ALLMIX、HOUSE、EDM、POPS、etc.
平均エントランス料金:男性:1,000円~2,000円
           女性:500円~1,000円
平均利用金額:男性:3,000円
       女性:2,000円
収容人数:200人ほど
ドレスコード:クロックス、ジャージ、マスク、作業服など店の雰囲気にそぐわない服装はNGの可能性あり(男性)、刺青露出NG
HP:http://cafeibiza.jp/ibiza/

どんなイベントをやってる?

イビザでは曜日ごとにレギュラーパーティーが開かれており、月曜から順にMonday Party、SPARKING!、SO FRESH、Milky、HAPPY FRIDAY、CENTER NAGOYA、DELUXE SUNDAYが開かれています!
基本的にはかかる音楽はALLMIXやEDMなどのヒットチャートが流れることが多く、若者がとにかく騒ぐのにはぴったりです。
また、特別音質が良いわけでもないので、純粋に音楽を楽しみたいという人にはあまり向かないかもしれません。

クラブの雰囲気


ビザはとにかく若い人が中心で、20代前半と思われる人も多くいます。
ノリも若く、歳の上下に関係なくドリンクを奢ってもらえたりすることもあるようです。
かかる曲はオールジャンルだったりヒットチャート系が多く、そのことも相まって常に盛り上がりを見せています。

これは今年のハロウィンの日の様子で、写真のように仮装を楽しむ若者もたくさんいたようです。
本当に若者が多いですね!

ナンパ目的はあり?

上記のように2時ごろからはしご客が増え始め、そこからはナンパも多く行われるようになります。
(逆にそれまでは比較的固定客が多く、ナンパは控えめなようです)
イビザは若い人が多く集まるので、その場のノリで楽しくすれば成功しやすいのではないでしょうか。
ダンスフロアは混雑していることが多いですが、バーカウンター付近なら人も少なく椅子もあるので声をかけやすいかと思います。
もちろん強引なナンパは厳禁ですので、守るべきマナーは守るようにしましょう。

名古屋のクラブ「イビザ」の楽しみ方

名古屋では珍しく1時以降も営業しており、1時以降に別のクラブから流れてくる「からのイビザ」が多くいるので、始めからイビザにいるといきなりテンションの違う人が増え始めるということにもなりかねません。
ですので、(もちろん先にイビザで楽しむのもアリですが)他のクラブで1時までテンションを上げて楽しんで、そのノリを持ったままイビザにはしごするのが5時まで楽しむコツになります。
それでも若い人が中心で人も多いのでアウェイ感を感じるかもしれませんが、流れる音楽はヒットチャート系も多いので、そこで自然と盛り上がっていけるのではないかと思います。

名古屋のクラブ「イビザ」は夜遊びにぴったり!

名古屋のクラブ「イビザ」についてご紹介してきました。
イビザは名古屋で最も知られたクラブのひとつで、いつも非常に盛り上がっています。
旅行や仕事の出張などで訪れた際にはぜひ夜遊びの一候補としてイビザを入れてみてはいかがでしょうか?

関連記事