高岸直樹バレエアトリエ

バレエダンサー高岸直樹のプロフィールから現在の活動までを紹介!

東京バレエ団において、一世を風靡したバレエダンサー高岸直樹さんのプロフィールや現在の活動についてご紹介します。

上野水香さんのお相手ということで取り上げられることの多い高岸直樹さんですが、バレエの実力やスタイルは抜群です。
身長が187センチもあり、とにかく手足が長い長ので迫力満点の踊りがみせてくれます。

高岸直樹のプロフィール

名前:高岸 直樹(たかぎし なおき)
生年月日:1966年4月20日(50歳)
出身地:京都府宇治市
血液型:AB型
身長:187cm

ちなみに、写真に一緒に写っていらっしゃるのは小林十市さん。彼もまた、東京バレエ団出身のスーパーダンサーですね!

高岸直樹の経歴

1986年:チャイコフスキー記念「東京バレエ団」に入団。
1987年:ベジャールの「ザ・カブキ」にて、弱冠21歳で由良之助に抜擢され一躍話題となり「東京バレエ団」のあらゆるレパートリーで主役を演じるように
1988年:ミラノ・スカラ座、パリ・オペラ座、ベルリン国立歌劇場、ボリショイ劇場、マリインスキー劇場など海外でも活躍
1989年:ジョルジュ・ドンの代わりに踊った「ボレロ」ではカーテンコールが25分という大成功を収める
1991年:シルヴィ・ギエムの相手役として「白鳥の湖」を踊り、オーストラリア・バレエ団に3カ月間客演
1992年以降、「マラーホフ&フレンズ」「オーストラリア・バレエ団50周年記念ガラ」「月に寄せる七つの俳句」などで客演
2010年:上野水香さんと結婚
2011年:フィレンツェ歌劇場での東日本大震災復興支援公演で客演
2015年:「東京バレエ団」を退団し「高岸直樹ダンスアトリエ」を設立。

高岸直樹の現在の活動

2015年に東京バレエ団を退団なさった後も、高岸さんは積極的にバレエに関わっていらっしゃいます。今年に入ってからももうすでに、『一柳 慧×白井 晃 神奈川芸術文化財団芸術監督プロジェクト メモリー・オブ・ゼロ』で踊られたようですよ!ご自身で立ち上げられた『高岸直樹ダンスアトリエ』では指導を行っておられて、まだまだ現役で踊っていらっしゃいます!洗足学園音楽大学やアーキタンツなどでも指導を行っておられるので、機会があれば高岸先生のレッスンを受けてみたいですよね!

高岸直樹ダンスアトリエ

住所:東京都世田谷区松原2-42-7第2松岡ビル2F (Territory M)
アクセス:京王井の頭線  明大前駅 徒歩2
電話:03-3322-8410
Eメール:nt.danceatelier@gmail.com
HP:http://ameblo.jp/naoki-takagishi

高岸直樹の魅力を動画とともに解説

ご覧ください!この方が50歳を超えているなんて、信じられますか?!手足の長さからダイナミックさばかりが注目されがちですが、このしなやかさこそが、高岸直樹さんの魅力です!こんなにもやわらかで流れるような動きができるなんて素晴らしいですね!

大柄な高岸さんにはもってこいのロッドバルトは、悪役なのに華やかで、うっかり心惹かれてしまいますね!衣装なしでも魅せてしまうのが、高岸直樹という人の実力なのです!

まとめ

魅力的な人ほど噂をたてられやすいもので、高岸さんのインスタやブログなどを拝見すると優しく情熱的で、みんなに慕われるお人柄だということがよくわかりますね!そして今なお、回転の迫力としなやかさを保っておられることに、脱帽せずにはいられません!

関連記事