バレエ経験者がオススメするレオタード10選!選び方も解説

バレエをはじめたばかりの方は、レッスンでどんなレオタードを着たらいいか悩みますよね。 こちらでは初心者向けに、レッスン用のレオタード選び方やおすすめ商品を紹介します。

バレエをはじめたいけど、なかなか踏み出せないという方の悩みの1つに、レッスンウェアがあります。ピンクのタイツに身体のラインがはっきりわかるレオタードなんて、日常生活からあまりにもかけ離れすぎていて恥ずかしくて着られない!なんて話をよく聞きます。でも、非日常だからこそ、バレエを習わなければ絶対に着ないレオタードやピンクタイツの着こなしを存分に楽しんでしまえばよいのです!世の中には、夢のように美しいレオタードやバレエスカートがたくさんあるんですよ!
…それでもやっぱり身体を出したくない…と思う方もといらっしゃいますよね。そこで今回は、初心者でもトライしやすいような露出すくなめで体型をカバーしてくれるレオタードや、ブラックレオタードをたくさん紹介します!

バレエ用レオタードの選び方

バレエレオタードは、レッスン中の身体の動きやラインがわかりやすいものでなければいけません。
先生が指導しやすく、自分自身でも自分の身体がどうなっているかがわかることは、レッスン着を選ぶ上で一番大切なポイント。
後は着心地が良いことと、これは私個人の意見ですが、着ていてテンションが上がること!少しでも自分の身体を美しく見せてくれるレオタードを着ると、テンションも上がるし、レッスンにも熱が入ります。
サイズ感もかなり重要なので、本当は一度試着してみることをお勧めしますが、ネットなので購入する場合は、服と同じ感覚でサイズ選びをせずに、各メーカーがどれくらいの身長やヒップ、ウェストの人をSと定めているのか?というようなことを、サイズ表などで必ず確認してください。大きめも小さめも、身体に違和感を感じながら踊ることになるのでジャストサイズがベスト!!これこそは…というサイズ感のものを見つけたら、同じようなものを探すという手もありますね。

オススメのバレエ用レオタード10選

黒の長袖レオタード

身体を出すことに抵抗があるし、スタイルには全然自信がない!という方には、断然、黒の長袖レオタードがおススメです。黒はやはり、身体を細く見せてくれるし、長袖につつまれている二の腕も締まっているかのように見せてくれます。背中が開いているものにして、背中から出すことに慣れていくという方法がおススメですよ。

シースルーレオタード

長袖でも、透け感があるとかなり感じが変わりますね。女性らしさが増すし、気分もかわります。

ハイネックスカート付きレオタード

ハイネックはちょっとクール。スカートが付いているので、下半身が気になる方も、これ一着で安心ですね。足が透けて気になる方は、この下にスパッツやレギンスを履きましょう。レオタードが黒いで、ピンクのタイツが見える方が、個人的には、かわいらしくておススメです。

背中レースレオタード

背中にレースがあるのも可愛いですね!袖は短くなりますが、一番気になる部分は隠してくれますよ!

キャップスリーブ袖のレオタード

記事をSNSでシェアする