振付師 MIKIKOとは?経歴やダンス動画をまとめて紹介

星野源の「恋」や「ドラえもん」のMVで踊る女性ダンスグループELEVENPLAYの生みの親であり、振付師として様々な作品を世に打ち出すMIKIKO。彼女のプロフィールや経歴など、詳しく紹介していきます。

アメリカの超有名オーディション番組でドローンと共演したり、リオ五輪で開会式に登場したり何かと話題の女性ダンスグループELEVEN PLAY。そんな彼女たちを牽引するMIKIKOのプロフィールや経歴、ダンスをまとめて紹介します。

  1. プロフィールについて
  2. MIKIKOの経歴
  3. MIKIKOのダンス動画一覧

プロフィールについて

名前 MIKIKO (水野幹子)
生年月日 1977年8月11日
出身 広島県
出身校 安田女子中学校・高等学校

ダンスカンパニ

ーELEVEN PLAYの代表取締役やPerfume等人気アーティストの振付師として知られ、世界を股にかけて活躍するMIKIKO。振付師という肩書きでこれほど有名になるというのも、珍しいことです。彼女の目指す振り付けは、既にあるジャンルをそのまま取り込むのでもなく、外見的なものでもない、繊細な内面部分を重視して表現しています。尊敬する振付家は、映画「キャバレー」などの監督を務めたアメリカのボブ・フォッシーであるそう。
ちなみにMIKIKOが結婚しているかどうかについて、見た目も美人でカワイイことから多くの人が気になっているようですが、公の情報は無く、明らかではありません。

MIKIKOの経歴

東京都生まれ。三人姉妹の末っ子であったMIKIKOは、2歳のときに父親の仕事の関係で広島へ転居しました。父親が広告代理店に務めていたため、幼い頃よりライブや舞台の裏側を見る機会が多かったようです。

小さい頃米米CLUBのライブをバックステージで見せてもらったことがきっかけで、振付師という職業に興味を持ち、中学時代はバトン部に所属。様々な舞台やパレードを通し人前で踊ることに喜びを感じていました。高校入学後にヒップホップダンスを始め、19歳からダンスを教え始めました。大学時代には、アクターズスクール広島のダンスとなり、年間約50曲もの作品の振り付けを行っていました。
2000年に女性ダンスボーカルグループMAXのバックダンサーとなり、同年にダンスグループVAXを結成しました。
2005年、28歳のときに大手芸能事務所アミューズとマネジメント契約を結び、本格的に演出家としての活動を始め、同時に東京へ転居。そしてMIKIKOが振り付け、舞台演出を行った「DRESS CODE」をアミューズの会長、大里洋吉が見てMIKIKOの才能を見出し、アメリカのニューヨークに渡って演出家や振り付けの完成を磨くように勧めた。MIKIKOは2006年から2008年までアメリカへ留学。
アメリカ滞在中にビデオレターを用いて振り付けしたPafumeが大ブレイクし、2008年に帰国しそれを知りました。

日本へ帰国後はアミューズ所属のアーティスト中心に、様々CMやコンサートの振り付けを手がけるようになり、2009年に、ELEVENPLAYを立ち上げました。

2012年、「Canコレ!」の振り付けを担当。蛯原友里、押切もえ、安座間美優、山本美月など17人がファッションショーで踊りを披露しました。
2014年、伊勢丹の宣伝動画をMIKIKOが振り付け、演出をしグッドデザイン賞を受けました。同年には
ELEVENPLAYが初音ミクと共にレディー・ガガのコンサート前座を務めました。
2015年、技術と芸術の祭典「SXSW」においてMIKIKOが絵コンテ作り、カメラワークを指示したPerfumeの公演が「ACC CM FESTIVAL」インタラクティブ部門の総理大臣賞/ACCグランプリを受賞しました。
2016年、リオ五輪閉会式における五輪旗引き継ぎにおいては、芸術パートを担当し、ELEVEN PLAYが出演しました。
同年、テレビドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』のエンディングテーマ「恋」の振り付けを担当し、「恋ダンス」として社会現象を巻き起こしました。

その後ミュージックビデオ「Cold Stares」がオーストリアの芸術賞を受賞、 2017年には、デジタルメディア協会AMD Award ’16の 審査員特別賞受賞、そして『VOGUE JAPAN Women of the year 2017』受賞など、華々しい活躍を見せ、来る東京2020年五輪では開会式、閉会式等4式典の総合プランニングチームに就任しています。

MIKIKOのダンス動画一覧

超レア!MIKIKO本人のダンス動画

振付師として世界で活躍するMIKIKO自身がソロで踊った動画はあまりなく、とてもレアです。体の先端まで意識が行き届いた、隙のないダンスに思わず引き込まれてしまいます。

レクチャー動画

MIKIKOによる振付レクチャー動画。さすが振付師、解説が分かりやすいです。

Googleです!

おもしろい振付と、キュートでシンプルな解説が魅力的です。

55ダンス

MIKIKO振付けの55ダンス。こんなキャッチーな振り付けを見たら、思わずやってみたくなりますよね!

恋ダンス

ご存じ、MIKIKOが振付けした「恋ダンス」は社会現象ともいえるほどの大ブームになりましたね。

ELEVENPLAY

テクノロジーとダンスを掛け合わせたELEVENPLAYのダンスは、新しいアートの可能性を生み出しました。

Perfume

知らない人はいないと言えるくらい有名なこのアーティストの振付も、MIKIKOが行っています。

最後に

今話題の女性ダンスグループELEVEN PLAYの生みの親、MIKIKOのプロフィールについて、詳しく知ることができましたか?唯一無二の才能で数々の仕事を行ってきた彼女の活躍は、日本にとどまらず世界でもどんどん認められています。これからも独特のアイディアと創造性に溢れたダンスで、私たちを楽しませてくれること間違いありません。

関連記事