奇抜で理解不能!一度は見て欲しいコンテポラリーダンス動画10選

様々な分野で注目されているコンテンポラリーダンス。ミュージックビデオなどでもよく見かけますね!今回は「奇抜」なコンテンポラリーダンス 動画10選をご紹介します!

“E/G – EGO GEOMETRIA” 『東野祥子』

機械的な音とアーティスティックな照明で少しダークな雰囲気です。
顔が布に覆われている衣装なので表情が見えない状態なのですが、マネキンが踊っているような?人間とは思えない動きに注目です。
さらに床にはうっすらと砂のようなものが敷いてあり、躍動感ありますね!

『Noism1』_ASU [digest]

新潟のコンテンポラリーダンスカンパニーである「noism」のパフォーマンス動画です。
作品はもちろんですが、衣装や舞台、大道具、小道具などの舞台芸術のクオリティが凄い!
ダイジェスト動画ですが様々なシーンがあり、1:44から真っ白な空間からガラリと変化するのですが、よく見てみると舞台の端に小さな白い箱が。その中にダンサーは脱いだ衣装を入れています。そして一気にピリッとした世界観へ…斬新!

『Noism1』_ZAZA [digest]

 

こちらもダンスカンパニー『noism』の公演ダイジェスト動画です。床にはふわっとした白い「何か」が積もっています。
明かりの当て方などでまた見え方も全く違うので面白いですね。なんと途中からこの「何か」が降ってくるんです!
そして後半はパキッとした色味の世界へ。noismの作品はダンスは勿論、様々な工夫でお客さんを色々な世界へ連れていってくれますね。

AKIYOジェネレーション/『深見章代』

大量の脚!に囲まれながら優雅に食事をする女性。まずここから始まるのですが、凄い絵面ですよね。笑
不気味ではありますがクラシックの音楽が合わさると不思議と幻想的な…雰囲気出ていますよね。
「女子感」溢れるこちらの作品、途中までなのが残念です。関連動画も見応えあるので是非チェックしてみて下さいね♪

終わりに

以上、奇抜なコンテンポラリーダンス動画12選でした!
如何でしたでしょうか?
昨今のコンテンポラリーダンスブームではお洒落なものやスタイリッシュ、アートなものが流行している印象ですが「奇抜さ」で作品を見てみると、本当に様々な方向性の作品がありましたね。
ミュージックビデオなどコンテンポラリーダンスが身近に感じられる世の中になったからこそ、是非劇場やアートフェスに足を運んでみて下さいね。
また今後のコンテンポラリーダンス界にも注目です!!

関連記事