ブラジル生まれ、新宿育ち!ラストラップサムライACEのご紹介!

ブラジル生まれ新宿育ちの異色ラッパーACE。これまでに数多くのMCバトルの大会で優勝実績を積み重ねてきた実力派として知られています。渋谷サイファーの中心人物としても活動している彼について、おすすめの音源も交えてご紹介します!


ブラジル生まれ新宿育ちの異色ラッパー『ACE』。これまでに『BBOY PARK』、『UMB』、『罵倒』、『戦極 MC BATTLE』といった、数々のMCバトルの大会で優勝実績を積み重ねてきた実力派として知られています。また、渋谷スクランブル交差点付近で活動を行なう、フリースタイルラップやドラムとギターによる即興の音楽を披露する集団『渋谷サイファー』の中心人物としても知られており、さまざまなメディアにも取り上げられるなど、各方面から注目を集めています。

プロフィール

ラッパーACEは、ブラジルで生まれ3歳の時に日本に移住してきました。その後は東京都新宿区で育ち、高校生の時に現在の『Sound Luck』のメンバー『HIDE』と出会い、ラップにのめり込むようになりました。
MCバトルにおいては、数多くの大会で優勝を果たしており、2015年には、年間11大会優勝という快挙を成し遂げています。フリースタイルダンジョンやラップスクール開講など、多数のメディアにも出演し、活動域を広げています。

経歴

BBOY PARK MC BATTLE U-20 優勝
UMB2013 REVENGE 優勝
戦極 MC BATTLE 優勝
2015年 1stアルバム『STRAIGHT』発売
2016年 2ndアルバム『LIGHT DOWN』発売
2016年 EP『#カワイイ子』発売
2016年 DVD『ACEのフリースタイルMAP! Vol.1 東京イベント潜入編!』発売

ACEとは

渋谷サイファーの主催者

渋谷サイファーの原点について、ACEはこのように振り返っています。

もともとは、高田馬場でやってたんです。当時、フリースタイルバトルで勝ちまくるというのを目標にしていたこともあって、練習の場としてもそうだし、単純にサイファーは楽しい。でも、サイファーやってるやつは少ないから、“じゃあ、ゲリラでやろう”と思って、たまに渋谷のハチ公前とかでもやってたんです。それで、ひょんなことからスピーカーとマイクを入手して。ある時、「高校生ラップ選手権」の前夜祭サイファーをやっていたんですけど、遅い時間だったんで一回解散して、TSUTAYA前に移動して大人の部をやることにしたんです。そこに偶然、ドラムのユージ・レルレ・カワグチさんがいて、その音を聞いていたらビートが合いそうだなと思ったんで、なんなら一緒にやっちゃおうと(笑)。スピーカー置いて、ドーンってやったら、化学反応が起きたんです。路上ライブスタイルのサイファーってこれまでなかったから、新しいなって。
https://www.excite.co.jp/news/article/Cyzo_201610_ace/

渋谷サイファーの原点とも言える路上でのサイファー動画です。次から次へと言葉が出てくるのは本当にすごいですね。サイファーが盛り上がるに連れてギャラリーも増えてきていますね。

ラップを始めた理由

ACEがラップを始めるにあたって、影響を受けたものは『ASIAN KUNG-FU GENERATION』と『アニメ』だそうです。特に『ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー』のオープニング曲にはかなり影響を受けたそうです。

『ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー』のオープニング「WAR WAR! STOP IT」のラップがくそかっこよくて、この曲の影響は相当デカかったですね。
https://kai-you.net/article/7824

メディアに多数出演!

TV番組 仰天ハプニング100連発

実際このような場面に出くわしたらちょっとびっくりしてしまいますね。有名人とのコラボも多いです。

日本マクドナルド「第一回マクドナルド総選挙」開会式

実はマクドナルドが大好きなACE。ラップを聞いたことがない人にも聞き取りやすいリリックになっていますね。

フリースタイルダンジョン2代目モンスター

人気番組『フリースタイルダンジョン』では、2代目モンスターを務めていました。過去にも1度、隠れモンスターとして出場した経験もあります。当時出場したことをきっかけにACEを知った人も多いのではないでしょうか。やはりバトルとなると気迫が違いますね。

記事をSNSでシェアする