https://www.tv-tokyo.co.jp/melodix/backnumber/profile/101127_04.html

「童子-T」の名曲20選!日本のヒップホップ黎明期からの立役者

有名アーティストとのコラボが多い、神奈川県相模原市出身のラッパー『童子-T』。そんな彼のプロフィールや経歴から名曲20選をご紹介します!


神奈川県相模原市出身のヒップホップミュージシャン『童子-T』。2008年に『BENI』を迎えたシングル『もう1度 feat.BENI』をきっかけにその名を世間に轟かせました。有名アーティストとのコラボはもちろんのこと、多くの作品を手掛けてきた彼のおすすめ音源20選を紹介します!

プロフィール

神奈川県相模原市出身の童子-Tは、1990年にラップグループ『ZINGI』を結成し、2000年にソロデビューをしています。映画『凶気の桜』のサントラやEXILEのリミックスなどにも参加し、さらには『ZEEBRA』や『RHYMESTER』、『JUJU』、『加藤ミリヤ』など、ジャンルを超えたアーティストとのフィーチャリングも数多く行っています。『Kダブシャイン』率いるアトミックボム・プロダクションに参加していた時期もあり、ハードコアかつ、クールなカッコよさが支持を得ていました。アトミックボム・プロダクション脱退後は、ラップスタイルをラブソング中心に変え、メジャー進出へ大きく名乗りを上げました。

経歴

1990年 ヒップホップユニット『ZINGI』結成。
1997年 ユニット『DOHZI-T&DJ BASS』結成。
2000年 『Kダブシャイン』率いるアトミックボム・プロダクションに参加。ソロデビュー。
2005年 アトミックボム・プロダクションを脱退。シングル『MARK YOURSELF』をユニバーサルミュージックから発売。
2008年 ケータイ小説『チェンジ・ザ・ゲーム』がミヤオビパブリッシングから発売。

音源20選

  1. 少年A
  2. 世界はお前の手に
  3. Don’t Stop
  4. 会いにいこう
  5. ファーストソング
  6. あの頃…feat.CHEMISTRY
  7. 約束の日 feat.青山テルマ
  8. クリスマス イブ feat.AISHA
  9. ONE LOVE feat.清水翔太
  10. 雨上がり feat.竹本健一
  11. 誰よりも feat.中島美嘉
  12. ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)feat.北乃きい
  13. どこまでも… feat.BENI
  14. もう一度…feat.BENI
  15. 願い feat.YU-A(Foxxi MisQ)
  16. 想い feat.YU-A
  17. 誓い feat.YU-A
  18. 勝利の女神 feat.加藤ミリヤ
  19. better days feat.加藤ミリヤ、田中ロウマ
  20. Z魂 / ZINGI

少年A

1stシングル『少年A』。心地よいリズムや音階が非常にクセになります。リリックもかなりやんちゃな様子が描かれています。HIPHOPと出会った少年Aが変わっていく姿を歌っています。

世界はお前の手に

聴いていて、思わず体が動いてしまうような1曲です。リリックは、困難があっても自分自身の力を信じて踏み出そうと、迷っている人の背中を押してくれる内容になっています。

Don’t Stop

作詞・作曲はなんと『KREVA』。タイトル通り、止まってたら何も変わらないよ、と前向きなリリックになっています。

会いにいこう

童子-Tらしいバラードな1曲。声調がメロディとマッチしていて聴き入ってしまいますね。

ファーストソング

2009年にリリースされた、幸せが溢れるウエディングソング『ファーストソング』。MVでは、童子-Tの白いタキシード姿を見ることができます。女性のコーラスが美しいメロディを奏でていますね。

あの頃…feat.CHEMISTRY

大人気ボーカルユニットの『CHEMISTRY』を客演に迎えた1曲です。優しいストーリーが魅力的な楽曲でもあり、ラップとハーモニーの両方をバランスよく楽しめます。

約束の日 feat.青山テルマ

歌手の『青山テルマ』を客演に迎えた楽曲。スローテンポで、少し切ない歌詞が印象的です。

クリスマス イブ feat.AISHA

ハスキーで芯のある歌声が特徴的な女性シンガー『AISHA』を客演に迎えた楽曲。離れてしまった相手のことを思い出している、切ないリリックです。

ONE LOVE feat.清水翔太

『清水翔太』を客演に迎え1曲。2人の良さが存分に発揮されていて、まるで包み込まれたような感覚になりますね。

雨上がり feat.竹本健一

しっとりした曲が多い中、童子-Tには珍しいさわやかな曲になっています。ライブでお客さんからもらったテーマで即興で歌ったり、歌唱力や歌声に惚れて『竹本健一』とのコラボが実現しました。

記事をSNSでシェアする