バレエダンサー柄本弾のプロフィールを紹介!経歴やダンス動画も

メディアなどにも出演し、注目を集めているバレエダンサー柄本弾のプロフィールをご紹介します!華麗なる経歴から、彼の魅力がわかるダンス動画までまとめておりますのでぜひご覧ください!

ダンサーには二種類のタイプがいるといわれています。
自分を輝かせて踊るタイプと、自分が作品の中の1ピースとして輝くタイプ。
どちらが悪いというわけではありません。どちらも観るものを魅了し、惹きつける強い光を放つことに変わりはないのです。
自分を輝かせて踊るタイプのダンサーが、作品全体を引っ張り上げていくこともあれば、作品の中のピースとして輝くダンサーがおそろしく光り輝き、もはや自分自身だけを輝やかせているように見えてしまうことだってあるのです。
そして柄本弾さんは後者だと私は思います。

作品の中で自分がどうあるかを正確に把握し、輝き方を変えられる稀有なダンサー。
美しい容貌から聡明さや知性、そして物腰の柔らかさが感じられるのは、彼のそういった特質に起因しているのかもしれませんね。

柄本弾さんのプロフィール

名前:柄本弾(柄本 弾)
生年月日:1989年9月26日(30歳)
出身地:京都府京都市
身長:184cm
憧れのダンサー:スティーブン・マックレー氏(英国ロイヤル・バレエ団)
尊敬するダンサー:高岸直樹氏(元東京バレエ団)

柄本弾さんの経歴

兄弟の影響を受け、5歳より京都の八田マサコバレエ研究所でバレエを始める。

こちらはきっとバレエをはじめるよりもっと前の弾さんですね!この頃から目鼻立ちがくっきりしてとても愛らしいです。

三人兄弟の末っ子である弾さん。お兄様はバレエダンサーでデザイナー、お姉様は元タカラジェンヌです。様々なバレエ雑誌などのインタビューで、お兄様やお姉様への憧れがあったと話されることの多い弾さん。プロフェッショナルなご兄弟の背中を追い続けてきたからこそ、今の弾さんの輝きがあるのかもしれませんね。

2008年東京バレエ団に入団。
2010年『ラ・シルフィード』『ザ・カブキ』で主役を射止める。
2012年『ザ・カブキ』パリ・オペラ座公演で主役の由良之助を演じた。
2013年にプリンシパルとなる
2015年 世界的振付家 故モーリス・ベジャールの代表作『ボレロ』を踊る。

2016年より芸能プロダクションnadeshicopro(ナデシコプロ)に所属

バレエ雑誌以外のファッション誌に登場したり、テレビ番組に出演したりと、活躍の場を広げていらっしゃいますね!そして・・・

2019年10月より『旅するフランス語』(NHK Eテレ)がスタート!

フランス・トゥールーズとバスク地方を舞台にフランス語に挑戦されています。そのPRのためにNHK『あさイチ』にご出演されて、その美しさと物腰の柔らかさに一気に注目が集まりました。

ダンサーとしての柄本弾さんがわかる動画

ダンサーとしての柄本弾さんを知る上で、欠かすことができないのが、全世界を興奮と熱狂の渦に巻き込んできたモーリス・ベジャールの最高傑作「ボレロ」です。赤い円卓の上で舞う一人の「メロディ」と、それを囲む「リズム」による衝撃的な舞台は、観る者にとって人生を変えるほどの圧倒的な体験となります。
そして、そのたった一人の「メロディ」を踊ることができるのは実力とカリスマ性を兼ね備えた選ばれしダンサーだけ。柄本弾さんはその選ばれしダンサーに、振付家であるモーリス・ベジャールに指名されたたった一人の日本人男性なのです。短いこちらの映像を見るだけでも引き込まれてしまうし、テレビ出演の時とは全く違う姿に驚かれる方もいらっしゃるかもしれません。

こちらも柄本弾さんを語る上では欠かせない、東京バレエ団にしかないモーリス・ベジャールの「ザ・カブキ」。京都出身の弾さんの「和」の雰囲気が存分に生かされているだけでなく「目撃者」としての立場を踊る姿は、先ほど述べた自分自身ではなく周りを輝かせながら踊るという在り方を感じさせますね。そして、意図せずして物語の中心へと翻弄されていく姿からは目が離せなくなるはず。

もちろんクラシカルな王子様姿だって素敵です。こちらは「白鳥の湖」で王子を踊る柄本弾さん。こちらもやはり翻弄されていく姿が似合いますね。そして足先や指先までしなやかで美しいこと!練習姿のしたたる汗まで美しいですね。

柄本弾さんの舞台情報

柄本弾さんに魅了された方々には、テレビや動画を見るだけではなく、ぜひ生で踊る柄本弾さんをご覧になってほしい!
生で観る柄本弾さんは、気品にあふれたオーラを放ちつま先まであますことなく美しいだけでなく、演目にあわせてその存在感や笑顔をコントロールされているように見受けられます。音一つない彼のジャンプを、ぜひ間近で体感してください。

東京バレエ団に所属してらっしゃるから、東京まで行かないと弾さんのバレエは観られない…とお嘆きだった関西の皆さんに朗報です!きたる12月22日に、京都に柄本弾さんが、そして東京バレエ団のみなさんがいらっしゃいます。この機会にぜひ!バレエ観劇にいらしてください。

2019.12.22『くるみ割り人形』(京都ロームシアター)に出演
2019.12.13『くるみ割り人形』(東京文化会館)に出演

練習も楽しそうですね!ちなみにこちらの女性ダンサーは、弾さんの奥様の川島麻実子さん。美しすぎるご夫婦ですね。

記事をSNSでシェアする