FlowBack(フロウバック)全メンバーのプロフィールを紹介!

高いダンス&歌唱力を持ち、メンバー自身がセルフプロデュースを行っていることで話題のグループ、Flow Back。ここでは個性豊かなメンバーのプロフィールを一人ずつ紹介!

今注目の日本人男性5人グループ「FlowBack(フロウバック)」の詳細をまとめました。

  1. FlowBack(フロウバック)とは?
  2. FlowBack(フロウバック)メンバーを人気順に紹介
    1. TATSUKI
    2. MARK
    3. MASAHARU
    4. JUDAI
    5. REIJI

FlowBack(フロウバック)とは?

FlowBack(フロウバック)は、2013年11月に結成された日本のダンス&ボーカルユニットです。2014年に開催された国内最大規模オーディション「LINE オーディション」で応募者125,094 組の中からファイナリスト8組に選出されました。2016年9月7日にシングルCD『Come A Long Way』でデビュー。ダンス&ボーカルユニットとしては珍しいセルフ・プロデュースできるグループとして注目を集めていて、作詞作曲からライブの構成、グッズの制作までをメンバーが自身で行っています。メンバーはMASAHARU、TATSUKI、MARK、REIJI、JUDAIの5人。メンバー全員が歌って踊ることができます。プロフェッショナルな歌とダンスと共にメンバーそれぞれがプロデュースに関する役割を担い、活動の幅を広げています。

FlowBack(フロウバック)メンバーを人気順に紹介

それでは、FlowBack(フロウバック)のメンバーを一人づつ、人気の高い順に紹介していきます!

TATSUKI

名前:TATSUKI
生年月日:1994年2月21日
出身地:愛知県
身長:170㎝
担当:振付、構成、リーダー

FlowBackのリーダー。振付や構成を担当しています。小学3年生からダンスをはじめ、高校卒業後にプロダンサーを目指し上京。性格は人見知りで一人で買い物したり出かけたりするのは得意ではないそうです。明るくて温和で、話しやすい性格なのでグループメンバーからも慕われています。優しいハスキーボイスが魅力的です。

MARK

名前:MARK
生年月日:1994年5月15日
出身地:東京
身長:165㎝
担当:作詞、衣装スタイリング

フィリピンと日本のハーフで美しく中性的な顔立ち。作詞と衣装スタイリングを担当しています。小・中・高校生の頃は勉強を好きになれず学校に通うことを億劫に感じていたそうですが、私服の学校に通っていたこともあり、それが毎日の楽しみとなりファッションへの興味につながったそうです。ライブや楽曲の歌唱では力強い歌声を披露してくれます。

MASAHARU

名前:MASAHARU
生年月日:1991年5月20日
出身地:東京都
身長:175㎝
担当:作詞作曲

作詞作曲を担当していて、歌唱力も高い実力派。グループ最年長と言うこともあり、メンバーからの信頼も厚いそうです。音楽に対するしっかりとした考えを持っています。数々のオーディションを受ける中で今のメンバーと出会い、グループを結成しました。FlowBackをまとめ上げる重要な存在です。

JUDAI

名前:JUDAI
生年月日:1996年1月4日
出身地:神奈川県
担当:ラップ
身長:171㎝

グループ最年少メンバーのJUDAIはラップ担当。自分に厳しいストイックな性格。ステージでは圧倒的なカリスマ性で見る者を魅了します。JUDAIという名前は本名で、「樹大」と書くそうです。母が勝手にオーディションの申し込みを送ったことがきっかけで、この世界に入ることになったそうです。また趣味で乗馬もしているとのこと。

REIJI

名前:REIJI
生年月日:1994年4月28日
出身地:東京都
担当:グッズデザイン考案
身長:161㎝

グッズデザイン考案を担当しています。フィリピンと日本のハーフでエキゾチックな顔立ち。1度見たら忘れられない強い個性の持ち主で、MCでもよく場を沸かせています。小柄だけどがっちりした体格。デザインが得意で、LINEの手書きスタンプも配信しています。その他Tシャツやトートバッグなどの公式グッズもREIJIのデザインです。

最後に

注目のダンス&ボーカルユニット「FlowBack」メンバーについて詳しく知ることができましたか?メンバー5人がそれぞれ全く違った個性を持ち輝いている「FlowBack」。名の知られていないところから努力と実力で這い上がっただけあり歌唱力、ダンス力には説得力があり、見るものを圧倒させています。今後もそのパフォーマンス力とセルフプロデュース力で、様々な場面での活躍を見せてくれるでしょう!

記事をSNSでシェアする