若くしてこの世を去った名プロデューサー「アヴィーチー」を紹介

スウェーデンのDJ/プロデューサーAvicii(アヴィーチー)をご紹介いたします。プロフィール、リリースアルバム、名曲紹介、彼の死について、彼のドキュメンタリー映画についてなど、幅広くアヴィーチーというアーティストについてお送りしていきます。

スウェーデンを代表し、若くして天国へと旅立ってしまった鬼才・アヴィーチーをご紹介いたします!

アヴィーチーのプロフィール

アヴィーチーは本名ティム・バークリング(Tim Bergling)、1989年生まれのスウェーデン出身のDJ/プロデューサーです。若くして才能を開花させ、ダンスミュージック界では知らない人がいない程の逸材で、これまでにはグラミー賞の2度のノミネートもされています。

18歳より本格的な音楽キャリアを開始し、2010年にスウェーデンのDJジョン・ダールバックとともにリリースした楽曲「Don’t Hold Back」をリリース。その後リリースした楽曲「Seek Bromance」は、各国のシングルチャートで上位を獲得し、話題に。

2012年には、デヴィッド・ゲッタとコラボレーションした楽曲「Sunshine」が第54回グラミー賞最優秀ダンス・レコーティングにノミネート。2013年には、楽曲「Levels」が第55回グラミー賞最優秀ダンス・レコーティングにノミネート。

その後の活躍も目覚ましく、Youtubeでの楽曲MV再生回数は「億」を超えることが珍しくなく、2013年に多くの国でプラチナディスクを獲得したアルバム『True』を始めとするオリジナルも大ヒットを飛ばしています。

2018年に友人を訪問するために訪れていたとされるオマーンでの訃報が流れ、28歳という若さで亡くなったことが報じられています。現在でも彼を尊ぶ声は止まず、残された楽曲たちは多くの人に愛されています。

アヴィーチーの経歴

アルバム

2013年9月 『True』
2015年10月 『Stories』
2019年6月 『TIM』

アヴィーチーの名曲

Wake Me Up

2013年リリース。とてつもない量のプラチナディスクを獲得した名曲で、MVの再生回数はなんと19億回と驚異的すぎる数字を叩き出している一曲でもあります。

Waiting For Love

2015年リリース。本曲はオランダのプロデューサーMartin Garrixとのコラボ曲で、アヴィーチーの2ndアルバム『Stories』のリード曲としても活躍した一曲です。

The Days

2014年リリース。『The Days / Nights EP』に収録。ダブルA面としてリリースされた曲で、リリックがスプレーアートで描かれるMVの結末も秀逸となっている一曲です。

The Nights

2014年リリース。『The Days / Nights EP』に収録された一曲で、2ndアルバム『Stories』にも収録されています。本曲は父と子の絆を綴った一曲なんだそうです。

Hey Brother

2013年リリース。アメリカのブルースシンガーDan Tyminskiがヴォーカルとしてフィーチャーされた曲で、2014年には自身でリミックスも行っています。

Levels

2011年リリース。この曲はスウェーデンのチャートで1位を獲得したヒット曲で、Etta Jamesの楽曲「Something’s Got a Hold on Me」がサンプリングされているそうです。

Addicted To You

2013年リリース。アヴィーチーのデビューアルバム『True』に収録されています。アメリカのフォークロックシンガー、Audra Maeのボーカルフィーチャーされた一曲。

Lonely Together ft. Rita Ora

2017年リリース。イギリスのシンガーRita Oraをフィーチャーした曲で、Aviciiが亡くなる前にリリースされた最後のシングルという考え深い一曲です。

You Make Me

2013年リリース。アヴィーチーのデビューアルバム『True』にも収録されている一曲で、ミュージックビデオの如く、ダンサブルな曲になっています。

Without You ft. Sandro Cavazza

2017年リリース。スウェーデンのシンガーSandro Cavazzaのボーカルをフィーチャーした本曲は、ワーナーアニメーショングループの映画「SCOOB」の予告でも使用された曲です。

関連記事