royalopera house

日本人ダンサーも多数在籍!煌めく英国ロイヤル バレエ団を紹介!

お家時間に非日常を味わうなら、バレエがおススメ! バレエなんて見たことないなあなんて方も、これを機にバレエ鑑賞をはじめてみてはどうでしょうか。詳しい動きの名前や、ダンサーの名前なんて知らなくても、そのきらびやかで夢のような世界を楽しむことができますよ!

バレエにはあまり詳しくないという方も、2016年に、「平野亮一さんと高田茜さんが日本人で数年ぶりに、同時にプリンシパルに昇格した」というニュースで、「英国ロイヤルバレエ団」という名前を耳にされたのではないでしょうか。

こちらが、平野亮一さんと高田茜さんです。
日本人ダンサーも多く在籍するこのバレエ団は、動画を多く配信しており、シネマスタイルで日本にいてもその作品を楽しむことができます。とても魅力的なバレエ団なので、お家で過ごすことの多い今、こちらのバレエ団の動画をご覧になって心をキラキラさせてください。

英国ロイヤルバレエ団(The Royal Ballet)とは

こんなにも美しい劇場で鑑賞できる英国ロイヤルバレエ団は、イギリスの王立バレエ団です。
名誉総裁はチャールズ皇太子!
フランスのパリ・オペラ座やロシアのマリインスキー・バレエの2大バレエ団とならび、世界三大バレエ団の一つと称されることもあります。
もともとは、アイルランド出身のバレリーナであるニネット・ド・ヴァロアが、私立で立ち上げたバレエ団。そのせいか、王立になった今も、「観客を楽しませるバレエ作品」をたくさん生み出しています。

上の動画は、世界中を驚かせ、そして喜ばせた「ピーターラビット」という作品。着ぐるみがあまりにもよくできていることに驚くとともに、しっかりバレエが成立していることに感動すら覚えます。バレエに興味がない人も、あまりの愛くるしさに、すっかり虜になってしまったとか。
また、ウィリアム・シェイクスピアの国のバレエ団だけあって、演劇性が高いことも、こちらのバレエ団の大きな特徴です。

リハーサル映像ではありますが、何をしているところで、どんな気持ちなのかがわかりやすい踊りですね。二階にいて本を読んでいる女の子に、「こっちへ降りてきて一緒に遊びましょうよ」と呼び掛けているのが、バレエをしていない人だってわかります。でも、滑らかでやわらかな動きはバレエそのもの。

演技に重きを置く「プリンシパル・キャラクター・アーティスト」という階級があり、それがバレエダンサーの最高位であるプリンシパルと並んでいるというのも、他のバレエ団にはない特徴なんです。上の動画は「赤ずきんと狼」というキャラクターを踊る英国ロイヤルバレエ団のダンサーたち。狼に狙われておびえる赤ずきんが何ともキュートですね。

こちらは、二匹の猫。衣装と動き、そして音楽が「猫らしさ」を醸し出していますね。ややユーモラスな動きも魅力的。こちらの猫と、赤ずきんは「眠りの森の美女」という作品に登場します。

英国ロイヤルバレエ団の注目ポイント☆

舞台装置が楽しい!

「眠りの森の美女」で、100年の眠りにつくオーロラ姫が眠るベッドは女子が憧れる天蓋つきベッド!細部まで作りこまれていて四か所に天使があしらわれています。

こちらは、「不思議の国のアリス」という作品のお茶会のシーン。とてもリアルで大きいケーキが楽しいですね。

こちらも「不思議の国のアリス」から。カラフルなお衣装やコミカルなダンス、音楽も含め、見ているだけで楽しいですね!そしてなんといっても人が中に入ってしまえるティーポット!アップで写ってもその作りが精巧で美しいものだということがわかります。

先ほどご紹介した「ピーターラビット」の頭部です!舞台装置としていいのか、衣装としていいのか・・・ですが、机上にあると舞台装置っぽいですね。とにかく、この毛並み!!撫でてみたい!!!

衣装や、ダンサーたちのレッスンウェアがオシャレ

衣装

袖のない腕をすべて出すことの多い「チュチュ」というお衣装ですが、英国ロイヤルバレエ団の「眠りの森の美女」オーロラ姫のお衣装には薄くふわふわした素材のお袖が付いています。胸飾りの花や頭につけるティアラにもこだわりが感じられます。

一般的な「眠りの森の美女」の主人公オーロラは、このような衣装です。見比べてみると、英国ロイヤルバレエ団のお衣装が特別に可愛いことがわかりますね!

こちらは、最新作「The Chellist」のお衣装。ブルーグレーのワンピースは丈感も含め、かなり今の流行りに近いです。

レッスンウェア

バレエダンサーのレッスンといえば、前髪もあげてしまったお団子頭で、身体にぴったりそうレオタードとピンクのタイツというイメージの方も多いでしょう。でも、ロイヤルのダンサーたちは、ヘッドアクセやスカート、ピアスやネックレスで自分たちのスタイルを確立しています。演じる役柄の内容に合わせて、レッスン着のカラーや雰囲気を変えているダンサーたちもいるので、レッスン動画やリハーサル動画を見ているだけでも楽しい気持ちになれます。

みんなそれぞれの組み合わせ方で、センスを感じますね!

ヘッドアクセサリーがオシャレ!

バレエシューズやチュールスカートが流行しているので、彼らの着こなしを、普段着に取り入れるのもいいかもしれませんね。

スポーツルックだって素敵です。

もちろん正統派のバレエとしての美しさも抜群

「白鳥の湖」

「眠れる森の美女」

「ロミオとジュリエット」
一部分だけ見ても、思わず心を奪われるような、美しくエモーショナルな動きをするダンサーばかり!ぜひインスタグラムやYouTubeなどの「Royal Opera House」公式ページを検索して、煌めく英国ロイヤルバレエ団に触れてみてください。

まとめ

「バレエなんてみたことがない」という人すら魅了する力を持つ英国ロイヤルバレエ団。お家で見るものがないなーなんて時に、ぜひご覧になって心を躍らせてください。

記事をSNSでシェアする